速報
» 2005年05月19日 05時55分 公開

E3 2005一部停電の中オープン――SCE、任天堂、Microsoftの3大ハードメーカーブースレポート(1/2 ページ)

5月18日〜20日、北米ロサンゼルス・コンベンションセンターにて、世界最大のゲームの祭典「Electronic Entertainment Expo 2005」(E3 2005)が開催している。まずは速報として3社ハードメーカーを軽く紹介する。

[加藤亘、平澤寿康,ITmedia]

 5月18日10時(北米時間)、次世代機ゲーム機を待ちに待ったファンと各国のメディアが詰め掛け、世界最大のゲームの祭典は幕を切った。しかし、会場となるコンベンションセンターの一部で電気トラブルが発生し停電になる事態に。前代未聞の波乱の幕開けとなった。

 停電は午後まで続き、ウエストホールに出展している一部のブースに影響が出た模様。広大な会場には人が溢れ、オープンから大盛況となっている。

 今年はなんといってもSCEの「プレイステーション 3」、任天堂「レボリューション」、Microsoftの「Xbox 360」と、3大ハードメーカーが発表している次世代ゲーム機関連に熱い注目が集まっている。すでに各社とも事前のプレスカンファレンス等で、次世代機を発表し3社3様の方向性を打ち出している。

SCEブースはやはり「プレイステーション 3」でWELCOME CHANG3

 SCEは16日(北米時間)に催されたSCEA主催のプレスカンファレンスにて、「プレイステーション 3」を発表。E3では、PS3を実際目の当たりにできる点と、その参入メーカーによるPS3用タイトルがどのようなラインナップになるかが注目となっていたが、PS3関連はブース内の特設シアターでの映像公開のみに留められているといった感じ。

 また、日本未発売のPS2、PSPタイトルがこれでもかと出展。大半がプレイアブルのため、手に取って遊ぶことができた。

会場ブース内の特設シアターにて、先日カンファレンスで流された「プレイステーション 3」の紹介映像がダイジェストで上演。ホワイト、シルバー、ブラックの3色とコントローラが展示されていた
日本未発表のPS2「24 THE GAME」。大人気テレビドラマがゲームとなった。もちろん主役はジャック・バウアー
「GENJI」もプレイアブルで出展
「ワンダと巨像」はこちらでは「SHADOW OF THE COLOSSUS」

任天堂ブースはDSとミクロを重点的に出展

 任天堂は翌17日(北米時間)に、「Nintendo Media Briefing」と称したプレスカンファレンスを開催。コミュニケーションを大事にするとした“任天堂イズム”をさらに押し出すと共に、その牽引力となる次世代機「レボリューション」が初お披露目した。 今回は遠目でしかその姿が見れなかった「レボリューション」が出展されているかと思われたが、残念ながら姿形もない。ただ、キラータイトルとなりえる「The Legend of Zelda:Twilight Princess」(以下、ゼルダ)には試遊できるとあって長蛇の列ができていた。

 さらに、プレスカンファレンスで明かされた「ニンテンドーミクロ」が、プレイアブルで出展。「三國無双」や「ドンキーコング Jr.」など実際に手に触れ遊ぶことができた。カンファレンスでは発売日や価格、ソフトタイトルなど詳細については伏せられたままだったが、すでに実用化までこぎつけているだけに、その正式リリースが期待される。

 会場にはニンテンドーDSのダウンロードステーションが設置され、「ゼルダの伝説」のE3用トレイラーやギャラリーがダウンロードできた。また、「Polarium」「Meteos」「Table Hockey」「Submarine」「Electroplankton」などのデモが遊べたほか、「動物の森」を使用したシアトルと会場、ニューヨークと会場を結んだインターネット接続のデモンストレーションも行われていた。「VoIP」で自分がマリオ、相手がワリオとなって会話をするコミュニケーションの提案も。

会場にはダウンロードサービスが。DSを持参して来た人は「ゼルダ」を遊ぶために並ぶ前に、まずここでダウンロードして暇つぶしに備える

 E3用としてトレイラーが製作された「ゼルダ」をはじめ、DS関連タイトルや日本未発表ものを含めて多数試遊OKで展示。

GCの「Odama」。音声識別によって大群を意のままに操る

Microsoftブースでは「Xbox 360」向けタイトルの一部がプレイアブル出展

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる