速報
» 2005年05月19日 05時55分 公開

E3 2005一部停電の中オープン――SCE、任天堂、Microsoftの3大ハードメーカーブースレポート(1/2 ページ)

5月18日〜20日、北米ロサンゼルス・コンベンションセンターにて、世界最大のゲームの祭典「Electronic Entertainment Expo 2005」(E3 2005)が開催している。まずは速報として3社ハードメーカーを軽く紹介する。

[加藤亘、平澤寿康,ITmedia]

 5月18日10時(北米時間)、次世代機ゲーム機を待ちに待ったファンと各国のメディアが詰め掛け、世界最大のゲームの祭典は幕を切った。しかし、会場となるコンベンションセンターの一部で電気トラブルが発生し停電になる事態に。前代未聞の波乱の幕開けとなった。

 停電は午後まで続き、ウエストホールに出展している一部のブースに影響が出た模様。広大な会場には人が溢れ、オープンから大盛況となっている。

 今年はなんといってもSCEの「プレイステーション 3」、任天堂「レボリューション」、Microsoftの「Xbox 360」と、3大ハードメーカーが発表している次世代ゲーム機関連に熱い注目が集まっている。すでに各社とも事前のプレスカンファレンス等で、次世代機を発表し3社3様の方向性を打ち出している。

SCEブースはやはり「プレイステーション 3」でWELCOME CHANG3

 SCEは16日(北米時間)に催されたSCEA主催のプレスカンファレンスにて、「プレイステーション 3」を発表。E3では、PS3を実際目の当たりにできる点と、その参入メーカーによるPS3用タイトルがどのようなラインナップになるかが注目となっていたが、PS3関連はブース内の特設シアターでの映像公開のみに留められているといった感じ。

 また、日本未発売のPS2、PSPタイトルがこれでもかと出展。大半がプレイアブルのため、手に取って遊ぶことができた。

会場ブース内の特設シアターにて、先日カンファレンスで流された「プレイステーション 3」の紹介映像がダイジェストで上演。ホワイト、シルバー、ブラックの3色とコントローラが展示されていた
日本未発表のPS2「24 THE GAME」。大人気テレビドラマがゲームとなった。もちろん主役はジャック・バウアー
「GENJI」もプレイアブルで出展
「ワンダと巨像」はこちらでは「SHADOW OF THE COLOSSUS」

任天堂ブースはDSとミクロを重点的に出展

 任天堂は翌17日(北米時間)に、「Nintendo Media Briefing」と称したプレスカンファレンスを開催。コミュニケーションを大事にするとした“任天堂イズム”をさらに押し出すと共に、その牽引力となる次世代機「レボリューション」が初お披露目した。 今回は遠目でしかその姿が見れなかった「レボリューション」が出展されているかと思われたが、残念ながら姿形もない。ただ、キラータイトルとなりえる「The Legend of Zelda:Twilight Princess」(以下、ゼルダ)には試遊できるとあって長蛇の列ができていた。

 さらに、プレスカンファレンスで明かされた「ニンテンドーミクロ」が、プレイアブルで出展。「三國無双」や「ドンキーコング Jr.」など実際に手に触れ遊ぶことができた。カンファレンスでは発売日や価格、ソフトタイトルなど詳細については伏せられたままだったが、すでに実用化までこぎつけているだけに、その正式リリースが期待される。

 会場にはニンテンドーDSのダウンロードステーションが設置され、「ゼルダの伝説」のE3用トレイラーやギャラリーがダウンロードできた。また、「Polarium」「Meteos」「Table Hockey」「Submarine」「Electroplankton」などのデモが遊べたほか、「動物の森」を使用したシアトルと会場、ニューヨークと会場を結んだインターネット接続のデモンストレーションも行われていた。「VoIP」で自分がマリオ、相手がワリオとなって会話をするコミュニケーションの提案も。

会場にはダウンロードサービスが。DSを持参して来た人は「ゼルダ」を遊ぶために並ぶ前に、まずここでダウンロードして暇つぶしに備える

 E3用としてトレイラーが製作された「ゼルダ」をはじめ、DS関連タイトルや日本未発表ものを含めて多数試遊OKで展示。

GCの「Odama」。音声識別によって大群を意のままに操る

Microsoftブースでは「Xbox 360」向けタイトルの一部がプレイアブル出展

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい