ニュース
» 2005年05月19日 10時23分 公開

マイクロソフトブース:見て、触って分かったXbox 360の凄さ

6タイトルをプレイアブル出展するなど、次世代機への意気込みがひしひしと伝わってくるマイクロソフトブース。プレイしてみて分かる、その描画能力の高さに感服しきり。

[ITmedia]

 すでにお伝えしている通り、Xbox 360は6タイトルがプレイアブル出展されている。これは次世代機の中では群を抜いて多いものだ。発売日も唯一2005年内に予定しているなど、マイクロソフトの本気度が伺えると言えるだろう。

 そこで早速にも次世代機の風を感じるべく、マイクロソフトブースへと直行。発表時から注目し、Xbox 360に発売の場を移しても、その気持ちは変わらない「Kameo : Elemental of Power」を目的にブースへ赴く。が、人が多く集まり過ぎたためか、本作はスタッフプレイによるタイトル紹介となってしまっていた。

photo 元々は現行機、Xboxでの発売が予定されていた「Kameo : Elemental of Power」
photo 決してムービーではない。このままの状態でプレイすることが可能
photo Xbox 360タイトルの発表の際に良く聞くのが「1画面に○○人のキャラクターが」というセリフ。それは本作においても例外ではないことが伺える

 これ以上ブースが混乱すると、さらにプレイ禁止タイトルが増えるのでは?という恐れを抱いた記者は、すぐ隣に出展されていた「Need for Speed Most Wanted」のプレイを開始。

 正直に言うと記者はレースゲームにはかなり疎い。そんなこともあり、プレイを始めた当初はあまり乗り気ではなかった。が、プレイが始まるとすぐに心を奪われている自分がいた。というのも、グラフィックの性能が半端じゃないのだ。

 具体的には遠くの建物、ビルや煙突、さらにはトンネルの出口に見られる外の景色などが、はっきりと描きこまれている。

 言葉にしても伝わらない部分も多いと思うが、目に見える背景に気を取られるあまり、ゲーム中は何度かクラッシュしてしまった。まだ開発中ということで、処理能力の面などには問題が見られたが、1画面に数千のキャラクターをはっきりと表示させることができる、その描画能力の片鱗は垣間見えた。

photo 簡単に言うと“画面が迫ってくる”と言えばいいのだろうか。言葉で表現するのは難しいが、その場にいると確かにグラフィックの性能が上がっていることが実感できる
photo とは言え、周りの景色に気を取られるあまり、真っ直ぐ走ることもままならなかった

 なお、この後は2人プレイが可能であったテニスゲーム「TopSpin」をプレイ。こちらも人物の描写以上に背景の作りこみに驚かされたタイトルではあるが、一目見ただけで違いが分かるグラフィックはもちろん、今後開発が進められていく中で、さらなる驚きを我々に与えてくれることを期待したい。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」