ニュース
2005/05/20 09:22 更新


「10億台売るのではなく10億人のユーザー獲得が目標」――ピーター・ムーア氏インタビュー (3/3)


前のページ | 1 2 3 |      

ITmedia そう考えると、Xbox 360が意識すべきなのは、任天堂の「Revolution」ではないでしょうか。Revolutionは、過去のハードのタイトルをダウンロードして楽しめるというサービスが発表されましたし、それ以外にもネットワーク関連機能をかなり重視した設計になっているようですが?

ムーア Revolutionにはハードディスクは入っていますか?512Mバイトのフラッシュメモリですか?それだけでどんなゲームが出来るんですか?ファミコンやスーパーファミコンのゲームですか?確かに、ファミコンやスーパーファミコンのゲームはすばらしいものが多いです。

 しかしXbox Liveには、「Xbox Live アーケード」というサービスが既に開始されていて、非常に多数のカジュアルゲームをダウンロードして楽しめるようになっています。Revolutionはまだゲーム機自体登場していませんが、Xbox Live アーケードはすでに始まっているのです。

ITmedia Xbox 360が発売され、約半年後にプレイステーション 3が発売されることになります。約半年は確かに大きなアドバンテージになるでしょうが、その間にプレイステーション 3対策といったようなマーケティング戦略を考えられていますか?

ムーア おそらくソニーは、2006年春に日本で、そして2006年秋にかけて北米とヨーロッパでプレイステーション 3を発売することになると考えています。つまり、北米やヨーロッパでは1年ほどのアドバンテージが得られることになるわけです。

 ですから、その間にかなり大きな弾みが作れると思っています。”弾み(モメンタム)”というのは、ビジネスにとって非常に重要です。おそらく、プレイステーション 3の発売時期には、多くのパブリッシャーが2世代目のXbox 360向けタイトルの開発を行っていることでしょう。少なくとも、既にXbox 360は”弾み”を得ています。これは非常に大きなことです。

前のページ | 1 2 3 |      

[聞き手:平澤寿康,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.