ニュース
» 2005年05月22日 13時21分 公開

「とにかくインパクトのあるゲームを作りたい」――シェーン・キム氏インタビュー(1/2 ページ)

Microsoft Game Studiosでゲームの開発を行っているシェーン・キム氏。Microsoft Game Studiosが開発中のXbox 360向けタイトルの詳細や、今後の開発姿勢などについて聞いた。

[聞き手:平澤寿康,ITmedia]

 Microsoftブランドのゲームを開発している、Microsoft Game Studiosのジェネラルマネージャ、シェーン・キム氏にインタビューする機会を得た。Microsoft Game Studiosでは、既に発表されているとおり7種類のXbox 360向けタイトルを開発しており、それ以外にもPCむけなど様々なゲームの開発を行っている。そのシェーン・キム氏に、Microsoft Game Studiosが開発中のXbox 360向けタイトルの詳細や、今後の開発姿勢などについて聞いた。

画像 icrosoft Game Studiosのジェネラルマネージャであるシェーン・キム氏。北米や日本など、Microsoft Game Studiosで開発中の全タイトルを統括している

ITmedia 2004年のE3では、KameoはXbox版としてプレイアブル展示され、7月に北米で発売されるとしていましたが、どの段階でXbox 360に持って行こうと思われたんですか?

キム 昨年のE3直後です。Xboxは、北米やヨーロッパではコアゲーマーを中心に浸透しました。しかし、日本ではまだ成功したとは言えません。そして、ワールドワイドでも、コアゲーマー以外の層にも浸透していく必要があります。Xbox 360で成功するには、そういった部分に力を入れる必要があります。

 そういう意味もあって、KameoをXboxからXbox 360へと変更したのです。Kameoは、全年齢層を対象としていますので、ぴったりだったというわけです。

画像 Kameo: Elements of Power

ITmedia 現状でのMicrosoft Game Studiosの開発部隊は、全てXboxからXbox 360へと移行しているのでしょうか?

キム そうですね、大多数がXbox 360向けとして開発しています。現時点では、「NINTY-NINE NIGHTS」、「ブルードラゴン」、「ロストオデッセイ」、「Kameo: Elemental of Power」、「Project Gotham Racing 3」、「Perfect Dark Zero」、「Gears of War」の7本のタイトルを発表しています。現時点ではこれで十分であると考えています。

ITmedia Xbox 360向けタイトルの開発に当たって、なにかポリシーのようなものはありますか?

キム Xbox 360では、全タイトルHDクオリティでの表示というのが基本となりますので、それに対応した絵作りが必要となります。しかし、ある特定のジャンルのゲームに力を入れるなどといったことは、Microsoft Game Studiosではありません。とにかく、インパクトのあるゲームを作りたいということです。

 Xboxでは、サードパーティのサポートが非常にすばらしく、様々なジャンルのゲームが登場しました。しかし、RPGが少ないという問題もありました。日本市場で苦戦したのも、その点が大きかったはずです。ですので、坂口さんに参加していただいて、RPGを作ってもらっているというのは非常に大きな意味があると考えています。

ITmedia スクウェア・エニックスがXbox 360に参入して、「ファイナルファンタジーXI」の発売を発表しました。これによって、Xbox 360とPC、プレイステーション 2という3つの異なるプラットフォームをまたぐマルチプラットフォームのオンラインゲームが楽しめるようになります。それと同じような、マルチプラットフォームで楽しめるオンラインゲームを、Microsoft Game Studiosでも開発する予定はありますか?

キム Xbox 360とWindowsプラットフォームとの間でプレイ可能なマルチプラットフォームのオンラインゲームは考えています。しかし、ここでは具体的なことは言えません。

人気タイトルのXbox 360での続編は?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる