「イース」シリーズから考察する最新作「イースIV」は特別な存在(1/3 ページ)

タイトーからリリースされる「イースIV」は、従来発売されていたスーパーファミコン版・PC Engine版とも違ったゲーム内容となっている。以前に発売されていた両機種版共に、賛否両論が渦巻いていると言うこともあり、PS2版がどうなっているのか、気になる人も多いはず。そこで、その詳細をチェックしてみた。

» 2005年05月25日 14時19分 公開
[J.O.宍戸,ITmedia]

シリーズの中でも特別な存在だった「イースIV」

 今でも、数多くのファンを魅了し続けてやまない作品、イースシリーズ。1987年当時、ちまたに氾濫していた“あまりにも難しすぎるゲーム”へのアンチテーゼとして誕生したイースIは、今では日本のPCゲームを代表するシリーズへと成長を遂げたことは、間違いない。

 そんなイースシリーズは、大別するとI〜III、IV〜V、VI以降の3つに分けることができる。I〜IIIはパソコンで発売されたシリーズで、IVとVがスーパーファミコンとPC Engine。VI以降やリメイク作品はWindowsプラットフォームとなっている。IやII、IIIなどはコンシューマ機でも発売されているが、ここではこのように定義しよう。そう考えると、パソコン版しか知らないユーザーには、IIIの後はいきなりVIとなってしまう。つまり、その間の作品がどのようにして発売されたのかを、全く知らずに現在へと至ることになる。そこで、まずはIVがどのような経緯で世に出たのかを紐解いてみよう。

 IIIをパソコンで発売したファルコムはその後、コンシューマ機でIVを出すことを決めるのだが、当時は3機種が競い合っていた。任天堂のスーパーファミコン(SFC)、NECホームエレクトロニクスのPC Engine(PCE)、そしてセガのメガドライブだ。ファルコムは、これら3機種すべてでイースIVを発売することを考え、原案のみを制作。各社に打診した。それを元に開発、発売されたのが、SFC版とPCE版のイースIVとなる(なお、メガドライブ版のイースIVは、さまざまな事情により発売はされなかった)。

 以上の経緯で発売されたSFC版イースIVだが、これまでは開発をトンキンハウスが手がけたと言うこともあり、どちらかというとPCE版が正史と考えられてきた。しかし、イースVIに付属するイースIVがSFC版であることや、ファルコム自身がPCE版をアナザーストーリーと表現していることから、現在ではSFC版が正当なイースのIV作品目となっているようだ。

全てが新しくなったタイトー発の「イースIV」

 そのような背景をもつイースIVだが、今回タイトーからPS2用として発売される「イースIV」は、サブタイトルに“a new theory”とついていることからも分かるように、全く新しくなっている。

タイトル画面に追加されている“a new theory”の文字が、新作であることを示している。ちなみにMASK OF THE SUNとは“太陽の仮面”との意味で、本作のラストでその正体がわかる。

 ちなみに、theoryは理論や学説という意味の他に“説”という意味も持つことから、さしずめ“新説・イースIV”というところだろう。正史となっているSFC版は見た目やシステム、効果音など、パソコン版をプレイしていたユーザーからは“プレイするに耐えられない”との声も聞かれていたほど、あまり良い評判を聞かなかった。もっとも、それは一部のユーザーに限るかもしれないが……。

 ともあれ、そういった部分から、今回のイースIVにも心配しているパソコンユーザーは多いはず。だが、そんな心配は全く無用だ。新説というサブタイトルは伊達ではなく、本当に全てが新しくなっているのだ。

 全てというのは見た目だけでなく、ゲームシステムやストーリー、音楽までと、まさに何から何までもが新しい、完全なる新作として生まれ変わっている。中でも、すぐに分かるのが見た目とゲームシステムだろう。

 SFC版ではパソコン版と同じく、手前から見下ろした感じの視点でゲームが進み、敵への攻撃は主に、半キャラずらしでの体当たりだった。それがPS2版はフル3Dポリゴン表示になり、攻撃方法も剣を振って敵にアタックするシステムへとなっている。

3Dフィールドで、剣を使い敵を攻撃する。狙いを定めづらそうに見えるが、大体の位置さえ合っていれば、あとは自動的に敵に当たるようになっている親切設計

 ストーリーは、ベースとなる部分は他機種と同じものの、各所に違いが出ている。BGMもイースシリーズらしくなり、宝箱を開けたときの効果音もお馴染みのものになった。これならば、SFC版に落胆していた人でも納得できる出来栄えだろう。事実、SFC版でがっかりした筆者も、非常に満足できる内容となっていた。早速、その詳しい内容を見ていこう。もちろん、主役は赤毛の少年・アドル=クリスティンだ。

イースシリーズといえば、主人公は言わずとしれたアドル。IVはIIとIIIの中間の物語という位置づけになっているので、この時のアドルは18歳の設定だ

プレイしていて飽きないシステムに感心

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  2. /nl/articles/2407/12/news101.jpg アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  3. /nl/articles/2407/16/news052.jpg 「笑いむせた」 アイスを持ってオラオラしたら…… 「龍が如く3」の惨事に爆笑「麦茶飲みながら見るんじゃなかった」
  4. /nl/articles/2407/16/news153.jpg 山田裕貴、結婚後の近影が“別人級”に 「え? もはや誰っ??」「俳優のときとのギャップがすごいwwww」
  5. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  6. /nl/articles/2407/17/news049.jpg 「やばい」「予想の3倍は多い」 10キロ離れた山小屋に物資を調達…… 「歩荷さん」の“とんでもない荷物量”に思わず二度見
  7. /nl/articles/2407/17/news018.jpg 「リンゴは間引かないとこうなる」衝撃ショットが319万表示 「ビックリしたー!!!」「別の果物みたい!」驚きの声あがる
  8. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  9. /nl/articles/2407/16/news011.jpg 【今日の計算】「4900÷70」を計算せよ
  10. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」