レビュー
» 2005年05月25日 14時19分 公開

「イース」シリーズから考察する最新作「イースIV」は特別な存在(1/3 ページ)

タイトーからリリースされる「イースIV」は、従来発売されていたスーパーファミコン版・PC Engine版とも違ったゲーム内容となっている。以前に発売されていた両機種版共に、賛否両論が渦巻いていると言うこともあり、PS2版がどうなっているのか、気になる人も多いはず。そこで、その詳細をチェックしてみた。

[J.O.宍戸,ITmedia]

シリーズの中でも特別な存在だった「イースIV」

 今でも、数多くのファンを魅了し続けてやまない作品、イースシリーズ。1987年当時、ちまたに氾濫していた“あまりにも難しすぎるゲーム”へのアンチテーゼとして誕生したイースIは、今では日本のPCゲームを代表するシリーズへと成長を遂げたことは、間違いない。

 そんなイースシリーズは、大別するとI〜III、IV〜V、VI以降の3つに分けることができる。I〜IIIはパソコンで発売されたシリーズで、IVとVがスーパーファミコンとPC Engine。VI以降やリメイク作品はWindowsプラットフォームとなっている。IやII、IIIなどはコンシューマ機でも発売されているが、ここではこのように定義しよう。そう考えると、パソコン版しか知らないユーザーには、IIIの後はいきなりVIとなってしまう。つまり、その間の作品がどのようにして発売されたのかを、全く知らずに現在へと至ることになる。そこで、まずはIVがどのような経緯で世に出たのかを紐解いてみよう。

 IIIをパソコンで発売したファルコムはその後、コンシューマ機でIVを出すことを決めるのだが、当時は3機種が競い合っていた。任天堂のスーパーファミコン(SFC)、NECホームエレクトロニクスのPC Engine(PCE)、そしてセガのメガドライブだ。ファルコムは、これら3機種すべてでイースIVを発売することを考え、原案のみを制作。各社に打診した。それを元に開発、発売されたのが、SFC版とPCE版のイースIVとなる(なお、メガドライブ版のイースIVは、さまざまな事情により発売はされなかった)。

 以上の経緯で発売されたSFC版イースIVだが、これまでは開発をトンキンハウスが手がけたと言うこともあり、どちらかというとPCE版が正史と考えられてきた。しかし、イースVIに付属するイースIVがSFC版であることや、ファルコム自身がPCE版をアナザーストーリーと表現していることから、現在ではSFC版が正当なイースのIV作品目となっているようだ。

全てが新しくなったタイトー発の「イースIV」

 そのような背景をもつイースIVだが、今回タイトーからPS2用として発売される「イースIV」は、サブタイトルに“a new theory”とついていることからも分かるように、全く新しくなっている。

タイトル画面に追加されている“a new theory”の文字が、新作であることを示している。ちなみにMASK OF THE SUNとは“太陽の仮面”との意味で、本作のラストでその正体がわかる。

 ちなみに、theoryは理論や学説という意味の他に“説”という意味も持つことから、さしずめ“新説・イースIV”というところだろう。正史となっているSFC版は見た目やシステム、効果音など、パソコン版をプレイしていたユーザーからは“プレイするに耐えられない”との声も聞かれていたほど、あまり良い評判を聞かなかった。もっとも、それは一部のユーザーに限るかもしれないが……。

 ともあれ、そういった部分から、今回のイースIVにも心配しているパソコンユーザーは多いはず。だが、そんな心配は全く無用だ。新説というサブタイトルは伊達ではなく、本当に全てが新しくなっているのだ。

 全てというのは見た目だけでなく、ゲームシステムやストーリー、音楽までと、まさに何から何までもが新しい、完全なる新作として生まれ変わっている。中でも、すぐに分かるのが見た目とゲームシステムだろう。

 SFC版ではパソコン版と同じく、手前から見下ろした感じの視点でゲームが進み、敵への攻撃は主に、半キャラずらしでの体当たりだった。それがPS2版はフル3Dポリゴン表示になり、攻撃方法も剣を振って敵にアタックするシステムへとなっている。

3Dフィールドで、剣を使い敵を攻撃する。狙いを定めづらそうに見えるが、大体の位置さえ合っていれば、あとは自動的に敵に当たるようになっている親切設計

 ストーリーは、ベースとなる部分は他機種と同じものの、各所に違いが出ている。BGMもイースシリーズらしくなり、宝箱を開けたときの効果音もお馴染みのものになった。これならば、SFC版に落胆していた人でも納得できる出来栄えだろう。事実、SFC版でがっかりした筆者も、非常に満足できる内容となっていた。早速、その詳しい内容を見ていこう。もちろん、主役は赤毛の少年・アドル=クリスティンだ。

イースシリーズといえば、主人公は言わずとしれたアドル。IVはIIとIIIの中間の物語という位置づけになっているので、この時のアドルは18歳の設定だ

プレイしていて飽きないシステムに感心

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響