E3 2005での海外メーカーブース回顧録海外ゲームメーカブース(2/2 ページ)

» 2005年05月27日 10時59分 公開
[岩井省吾,ITmedia]
前のページへ 1|2       

携帯タイトルが熱い!――Majesco

 日本では馴染みが薄いが、アメリカではギルティギアゼクスシリーズやファントムダストを発売しているMajesco社。携帯機タイトルを中心に紹介していこう。

 ギルティギアシリーズは携帯機に2作品をリリース。「Guilty Gear Dust Strikers」は2画面・4ラインで戦う格闘ゲーム。タイトルどおり、ニンテンドーDSタイトルだ。フロアに仕掛けられたトラップを有効に使ってライバルを倒す、GGイスカのようなゲーム設定になっているようだ。もう1つの「Guilty Gear Judgment」はPSP用。E3では横スクロールベルトタイプアクションのBoostモードだけの展示だったが、広報資料によれば「#Reloadモード」、つまり対戦モードも搭載されているようだ。アメリカでの発売日は両タイトルとも秋ごろを予定。日本での正式発表を待とう。

DS版はロボカイ育成モードあり。育てていくとサブゲームでビリヤードができるようになるらしい、ってなんじゃそりゃ
動きの質はアーケード版同等(に見えた)。ファンだったら両方即カイ決定?

 日本のタイトルでは「Bust-A-Move DS」が発売。これは旧エニックスのダンスゲームの移植……でわなく、バブルを3つつなげて落とすおなじみのゲームのDS版。DS版ということで、タッチスクリーンに対応した操作法も用意されている。

 もう1つ、チェックしておきたいタイトルは「Nanostray」。なんと、DSでレイストームスタイルの3Dシューティングゲームが登場するのだ! 4つの武装(通常ショット+エネルギーを消費して使う強力ショット)をタッチパネルで瞬時に選択し、敵を殲滅せよ! 公式サイト(http://www.nanostray.com/)ではネットランキングも開催予定。2人同時プレイ・対戦プレイも可能だ。

和名はもちろんパズルボブル。今となってはなぜこのタイトルになったかがまったく不明。対戦モードは最大5人まで対応
開発元は独逸のShin'en。いろんなところに国産ゲームの影響が見え隠れする……のはいいんだが、「藻屑」はMokuzuって書くんですよ。Mozukuだと違うものになっちゃうよ!

実は僕らは培養槽で人間発電……マトリックス新作を――ATARI

 今年のSouth Hallの垂れ幕はマトリックスコードで描かれたアタリロゴ。そう、今回の主役はなんと言っても「The Matrix: Path of Neo」だろう。

 開発は前作「Enter The Matrix」に引き続き、メガドラ版アラジンなどを手がけたShiny Entertainment。前作では「ネオが操作できない」という苦情が死ぬほど来たらしく、これでもかこれでもかというくらいネオ様の活躍を盛り込んだ1作になっている。マトリックス3部作に加え、ゲームオリジナルのフィーチャーを多分に盛り込んだ、まさにマトリックスを体感できる1作になりそうだ。

 アメリカではPS2・Xbox・PCで、11月15日発売される。国内発売は未定。

第1作でのビルの銃撃シーンなど、劇中のネオのアクションシーンはほとんど網羅されているだけでなく、袴姿に日本刀を持ったネオが侍相手に斬りまくるという謎のシーン(しかもなぜか白黒)まで収録されている。監修はもちろんウォシャウスキー兄弟

 アタリといえば、ミサイルコマンドやアステロイドといったアーケードゲームやアタリ2600などの家庭用ゲームを思い出す人も多いが、アタリ2600を復刻したゲームコンソールが登場する。その名も「ATARI FlashBack 2.0」。概観はATARI 2600そのままに、40以上のゲームが収められている。夏発売予定で価格は30ドル程度

 ちなみに、2.0というタイトルからすると当然1があったことは想像に難くないが、この1(ATARI 7800ベース)は年末に発売され、なんと50万台を越える大ヒットとなったとか。日本でも同様な企画をやってくれないものでしょうかねぇ。タカラとか、トミーとか。

コレクターに受けそうな外形と味わい深いシンプルなゲーム内容はアメリカのゲーマーにヒットしそう
去年話題になった「Marc Ecko's Getting Up」が今回はプレイアブルで出展。グラフィティを描く事で自分の存在を証明するため、警察や他のチームとの闘いを挑むアクション。ゲームの監修には服飾デザイナーのMarc Ecko氏が参加
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」