レビュー
» 2005年06月22日 16時34分 公開

“美人”は3日で飽きる、というけれど……!? (2/3)

[板橋舟人,ITmedia]

会話の選択肢がとても膨大

 基本となるパラメータ以外にも、“柔軟性”、“直観力”、“威圧力”といった会話に関するパラメータがあるのが面白い。会話パラメーターが高いと、会話時に新たな選択肢が登場するようだ。

 たとえば悪漢が行く手をふさいでいる場面。通常では、戦闘するか、さらに援軍を呼ばれての戦闘になるかの2通りしかなく、どうあがいても戦闘を避けられない。だが、ここで“威圧力”のパラメータが高い場合、高圧的な内容の選択肢が増え、悪漢を脅して戦闘を行わず撃退できたりする。

 この、パラメータによって選択肢の数が上下するのは、非常に考えられたシステムだ。単にゲームを効率よく進める選択肢を探すのではなく、主人公の選択肢が増えることで、プレイヤーが最も行いたい行動が可能になり、感情移入度は大幅に増大する。ちょっとワル系のキャラクターが好きな場合、「お前にかまっている時間はない」なんて選択肢を即選んでしまうことだろう。

photo 会話に関するパラメータもある。身体や知性など基本パラメータの平均値から算出されるというルールは、テーブルトークRPGのシステムに近い
photo 会話パラメータがによって、会話の選択肢が増加。選択肢によっては、その結果も大きく異なることもある

 なお、この会話パラメータは、“身体”や“精神”などのパラメータから算出されるほか、装備アイテムによって増加させられることも可能。国産RPGでは、このような会話に関する多様性がほとんどないため、本作をプレイした人はかなりの衝撃を受けるのではなかろうか。

痴話喧嘩は、時として非常にヤバイ結果に

 クエストに関する会話は選択肢が非常に多く、選択によって結果が変わることも多々ある。では、どれくらい変わるのか、サブクエストをひとつ例にあげて紹介していこう。

 ある村で、2人の女性から求婚されている男がいる。片方の女性とは子供の頃結婚の約束をしたのだが、その男はすっかり忘れてもう1人の女性と付き合ってしまった、という一昔前のギャグマンガに出てきそうなシナリオだ。

photo メインとなるストーリーとは関係ないサブクエストも、膨大な数が登場する

 主人公はその仲介を行うのだが(ちなみに無視してもOK)、その後3人+主人公が一堂に会して会話をすることに。幼なじみの女性に「まあ子供の頃の話だし、スパッと諦めて新しい相手を探せば?」というのが最も無難な解決策だと思われるし、本作でもその選択肢がある。当然、修羅場は無難に終わり、さらにその後、幼なじみの女性の新しい伴侶を探すサブクエストまで登場する。

 だが、そんな普通の選択肢以外に「女性2人で決闘して、勝ったほうが男性と結婚しろ」なんて選択肢が普通に登場することが、本作の大きな魅力といえる。ちなみにこの選択肢を選ぶと、本当に決闘してしまう。

photo “力こそ正義!”といわんばかりの、漢気あふれる選択肢もチョイス可能。こんな選択肢、よく考えつくものである

 いや、決闘とはいえない、一方的なものだった。たった一撃によって、現婚約者は男性の幼なじみに殺されてしまった。大激怒した男性は、幼なじみの女性に猛烈に文句を言いまくる。幼馴染の女性は、さらに手が滑ってその男性をも手がけてしまう。

 今度はその幼なじみの女性が逆ギレ、「決闘とか言いだした主人公が悪い、どうするんだ!」と手下を率いて襲い掛かってくる。ああ、いったい誰がこのような惨劇を想像できたのであろうか! といいつつ、あまりの展開の激しさに笑いが止まらない筆者は、上手く戦うことができず、負けてしまった。この場合の結果は、読者諸君が実際にプレイして確かめていただきたい。

photo いきなり襲い掛かる幼なじみ。オタク世界で幼なじみといえば“萌え”要素満点なのだが、彼女は一味違った。怖ぇ〜
photo そして主人公に対して逆ギレ。問題は全て力で解決、強い者こそ正義。そんな生き方も全然アリなのだ

 もちろん、すべてのイベントがこのように両極端の結果が待ち受けているわけではない。だが、この「両極端な選択肢が登場し、さらに結果までもが変わる可能性がある」ことが重要なのだ。感情移入度は高まるし、ゲーマー的な視点から見れば、過程と結果が複数あれば全てを体験してみたくなるし、複数回プレイするモチベーションも上昇する。

簡単操作で楽しめる戦闘シーン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.