中国のブルジョワジーなコンシューマーゲーム事情(1/3 ページ)

中国のコンシューマーゲーム市場といえば「ファミコンもどき」「100in1カートリッジ」という印象を持っている読者も多いだろうが、現在の中国のゲーム事情は一言で言い表せない面白さもある。日本製ゲームの中国語版がリリースされない苦悩を努力に変えて、中国ヘビーゲーマーはきょうもゲームに明け暮れる。

» 2005年07月04日 12時41分 公開
[山谷剛史,ITmedia]

ファミコン“もどき”だけじゃない!中国テレビゲーム史

 時代は21世紀。中国のテレビゲーム界でもゲーム機の世代交代はちゃんとおきていた。中国本土では、ファミコン、メガドライブ、ゲームボーイ、プレイステーション 、同2、Xboxが市場に普及した。一応、8ビットマシン、16ビットマシン、32ビットマシンと世代交代が起きているのである。

 実をいうと、任天堂やソニーのプレイステーション 2を除き、ソニーの多くの機種、そしてマイクロソフトなどの機種は中国本土で正式に販売されてない。それにもかかわらず、小売店では香港向けの本体が輸入され、また、ソフトも“海賊版”が潤沢に店頭に並んでいる。つまりは、ファミコンからXboxまで、すべてソフトが安易にコピーでき、それがゆえに中国で本体が安価に普及したのである。

 このあたり、中国におけるPC普及の背景にある「ハードに投資さえすれば、ソフトへの投資は微々たるモノ」という状況とまったく同じだ。逆に、スーパーファミコン、ドリームキャストなどでは、海賊版ソフトが出回らなかったために中国のゲーム世代の若者は「本体を見てもそれがなんであるか分からない」ほど、まったく普及していない。「中国でゲーム機を普及させたいなら、コピーが容易なハードを提供せよ」ということか。

上海のとあるゲーム屋。入口正面から食玩やフィギュアだらけ

ファミコンやメガドライブは未だ現役。なぞのソフトも健在。「ラメネハヒ」その内容は不明

鉄騎を買う中国人もいるのか!

「正規版」のゲーム文化が中国でも開花する……か

 このように、これまで海賊品が流通の主役であった中国でも変化が起こり始めている。ここ数年、任天堂とソニーが中国本土で「正規版」を売り始めたのだ。任天堂はiQuePlayer(旧名 神遊機、Nintendo64)を皮切りに、ゲームボーイアドバンス(旧名 小神遊)、ゲームボーイアドバンス SP、ニンテンドーDSを、ソニーは去年よりPlayStaion2を、販売するソフトを絞り、全国数都市で販売を開始した。日中ビジネスのニュースが絶えない昨今、比較的所得の高いリッチ層が多いこれらの都市で売れば儲かる、という考えのもと、正規版の中国販売に踏み切ったのだろう。

 気になる中国での販売価格だが、プレイステーション 2を例にとると、本体が1488元。1元=13.5円換算するとちょうど2万円で日本と同じになる。ソフトは一律168元。日本円で2000円台前半となり、日本よりはだいぶ手ごろに思える。

 が、チャーハン何杯分にあたるか(以下「チャーハン指数」)といえば、1杯5元で食べれるとして、ゲーム1本はチャーハン約33杯分にもなる。日本人の感覚ではソフト1本1万5千円以上ということは、まだまだ一般人には届きそうにない。本体にいたってはチャーハン指数で約300杯、日本人の感覚で15万円といったところか。

 恐ろしくブルジョワジーなおもちゃだが、日本人がモノつくりをしていて、生産コストが「日本の給与体系」に密接に関連している以上、この価格設定はぎりぎりのラインかもしれない。日本のソフトメーカーのお財布どころが厳しいのもよく分かるが、中国においてソフトのリリースが少ないときで月1本。これでは、いくらソフトが優れていても15万円感覚の本体を買いたいと思うユーザーはそういないのではないだろうか?

それでもがんばるゲーム雑誌

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  2. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  3. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  4. /nl/articles/2407/12/news114.jpg 「これは吐きそうw」 マクドナルドが公開した“狂気のアイテム”にツッコミ殺到 「ギットギトになる」「笑った」
  5. /nl/articles/2407/11/news018.jpg そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  6. /nl/articles/2407/11/news102.jpg この本棚、本当に250冊入るの? LOWYAのスタッフが“忖度なし”で検証したら……まさかの結果が45万回再生の人気
  7. /nl/articles/2407/10/news199.jpg ヤマト運輸のコンテナを運ぶ列車をじっくり見ると……? 唐突な“夢の共演”に反響「動物同士仲良く」「これが本当の便乗」
  8. /nl/articles/2407/10/news082.jpg こういうのでいいんだよ! 外泊経験豊富な人ほど納得できるホテルの“ある工夫”に850万表示「これは助かりますねぇ」
  9. /nl/articles/2407/09/news116.jpg ユニクロ“夏の神ワンピ”を66歳主婦が着てみたら…… シニア世代必見の着こなし術に「待ってました!」「涼しそうでいいですね〜」
  10. /nl/articles/2407/12/news143.jpg フジ「ぽかぽか」の出演者、“生放送中に倒れ”スタジオ騒然の事態に「えっ大丈夫ですか!?」 共演者が当時の恐怖証言「頭が真っ白」「お願い戻ってきて……」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」