裏技+ファンタジー「ドルアーガの塔」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ!」(1/2 ページ)

今回取り上げるゲームは「ドルアーガの塔」(ナムコ)です。このゲームは、ファンタジー世界を舞台とし、エンディングが存在するというシナリオ、そして隠しアイテムを出さなければクリアできないというシステムを持つ、画期的なゲームでした。

» 2005年07月12日 15時36分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

 今とは別の時間、別の世界のお話。

 とある王国で悪魔「ドルアーガ」が復活し、巫女のカイが捕らえられてしまう。

 王国の騎士でカイの恋人のギルガメス(ギル)は、ドルアーガを倒し、カイを救うため、たった一人でドルアーガの塔へ挑むのだった。

 1984年、ゲームセンターに登場して話題を呼び、翌年ファミコンに移植された「ドルアーガの塔」。前年「ゼビウス」で大ヒットを飛ばした、遠藤雅伸氏の意欲作だ。

 当時のパンフレットには、ギルが遠くからドルアーガの塔を見つめるシーンが、ジオラマで表現されていた。

 円筒形の茶色い塔は、まるで周囲を威圧するかのごとくそびえ立っていた。

 とはいっても、塔が実際どのくらいの高さなのかピンとこなかったので、感覚をつかむため、ドルアーガの塔によく似た建物へ、路面電車に乗って行ってみた。

 ドルアーガの塔と同じ60階建ての、サンシャイン60である。

画像 ふもとのサンシャインシティには、ナムコのテーマパーク、ナンジャタウンがある。7月15日、新しいアトラクション「りらくの森」がオープン

 約300メートル離れた地点から撮ったのだが、それにしてもよく目立つ。高さは240メートルだ。

画像 展望台から見た池袋駅。ドルアーガの塔には窓がなかったはずだから、残念ながらギルは、このような景色を見ることはできなかったかもしれない

 サンシャイン60なら、最上階まではエレベーターに乗ってわずか30秒余りで着くのだが、ドルアーガの塔にはそういった文明の利器はない。ギルは1階から順番に、モンスターたちをかきわけかきわけ、律儀に1階ずつ進んでいくことになる。

裏技・攻略本ブームを作ったゲーム

 「ドルアーガの塔」は基本的には、剣と盾を使ってモンスターと戦い、落ちている鍵を取って扉に入り、次の階へ上がっていくゲームである。

 だが、各階に用意された宝箱の中にある隠しアイテムを取らないと、クリアできなくなるばかりか、途中でまともにプレーすらできなくなってしまうのだ。

画像 画面中央がギルで、そのすぐ左下に扉。左上には鍵がある。右下のほうにあるのが宝箱だ

 宝箱も、最初のうちは敵をある程度倒せば出現するのだが、上の階へ進むと、「鍵を取らずに扉を通り過ぎる」、「数秒静止する」、「特定の順番でモンスターを倒す」、「セレクトボタンを押す」など、どんどん出し方が複雑になっていく。

 アイテムの効果もゲーム中では説明されない。取ると損するアイテムまで存在する。

 一方、ドラゴンの動きを止めるアイテムや、炎を通過できるアイテムといった便利なものもあった。これらを取って、強くなったギルを操作できるのが快感だった。

画像 宝箱を出すために、あえて難しいことに挑戦せざるを得ない階もある。23階は、壁を突き抜ける呪文を出すウィザードを、全滅させなくてはならない難関だ

 現在なら、こういう説明不足なゲームは多分ヒットしないだろう。

 だが、当時は熱心なゲーマーが各地にいて、ドルアーガの塔に敢然と挑み、次々と宝箱の謎を解き明かしていったのだ。

 ドルアーガの塔は1985年、ファミコンに移植された。

 もともと縦画面のゲームを横画面で移植したため、ファミコン版では縦横比が若干変わっている(迷宮のマス目の数も少し違う)ものの、ゲームそのものは忠実に移植されている。

 ちょうどファミコンにおいては、ゼビウスで無敵モードが発見されたのをきっかけに、“裏技ブーム”が起こっていた。

 ドルアーガの塔はそんな時期に登場した“裏技を出さないと進めないゲーム”だったこともあって、ゲームがヒットしたばかりでなく、攻略本も爆発的に売れた。

 私が持っているのは、勁文社の「ファミリーコンピュータゲーム必勝法シリーズ7 ドルアーガの塔」だが、当時はほかにも数社から、このゲームの攻略本が発売されていた。

 ちなみに、1カ月後に発売された「スーパーマリオブラザーズ」でも、攻略本が大ヒットして、出版界を騒然とさせている。

 また、ゲーム専門誌もこの時期は、裏技がいちばんの人気コーナーで、どれだけの裏技を載せられるかが、雑誌の売り上げを左右したといわれている。

 ファミコン版には、いわゆる“裏ドルアーガ”(隠しコマンドを入力することで現れる、宝箱の出し方がまったく異なるモード)も用意されていて、裏技ブームを一層盛り上げた。

画像 裏ドルアーガのタイトル画面。「DRUAGA」の文字の色が、通常の灰色から緑色に変わっている。

ファンタジーの世界をファミコンユーザーに披露

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」