裏技+ファンタジー「ドルアーガの塔」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ!」(2/2 ページ)

» 2005年07月12日 15時36分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ファンタジーの世界をファミコンユーザーに披露

 王国の騎士・ギルの前に立ちはだかるのは、スライムやゴースト、ドラゴンなど、RPGでおなじみの怪物たち。

 ドルアーガの塔は、ファンタジー的な世界観が、日本で定着しつつあるさなかに、ファミコンに移植された。

 ファミコン版ドルアーガの塔が発売される半年前、映画「ネバーエンディング・ストーリー」が日本で公開され、大ヒットしていた。

 またTVゲームでは、「ウルティマ」、「ウィザードリィ」が作られてから4年。

 TVゲーム以外のゲームでは、テーブルトークRPGの元祖「ダンジョンズ&ドラゴンズ」(D&D)が、日本に入ってきた頃だった。

画像 主人公の「ギルガメス」という名前は、メソポタミア神話に由来するのだが、火を吐くドラゴンや魔法使いが出てきたり、アイテムに魔力を持った指輪や宝石があったりと、数々のフィーチャーはまさに“剣と魔法の世界”

 一般的なファンタジーRPGの世界観は、J・R・R・トールキンの小説「指輪物語」(映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作)の影響を強く受けている。

 「指輪物語」のような冒険を再現すべく生まれたのがD&Dであり、D&Dのプレイスタイルをコンピュータで再現すべく生まれたのがウルティマやウィザードリィである。

 その世界観は、後のコンピュータRPG、例えば「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などにも受け継がれていったわけだが、ドルアーガの塔はそれらよりも先に、“剣と魔法の世界”の魅力を、ファミコンユーザーに披露したのだった。

 最も弱いモンスターがスライムだったり、人間型のモンスター(ナイトやメイジ)が出てきたりするところに、ウィザードリィとの共通点が見られる。

 ただ、“動いているときには、剣で切りつけても倒せない”スライムは、剣で切れないD&Dのスライムの特徴も受け継いでいるような気がする。

画像 色とりどりのスライム大集合。それぞれに特徴があり、呪文を唱えるスライムも多い。

 当時のゲームは最終面を終えると、最初の面にループするのが普通だったが、「ドルアーガの塔」では60階をクリアすればエンディングとなって、ストーリーが完結するというのも新鮮だった。

オリジナルシナリオが展開するゲームブック

 ドルアーガの塔には、1986年の「イシターの復活」(アーケード)を始め、「カイの冒険」(ファミコン)、「ザ・ブルークリスタルロッド」(スーパーファミコン)などの、続編や関連作品が作られている。

 いずれもドルアーガの塔同様、斬新なシステムで賛否両論を巻き起こした作品ばかりだ。

 最後に、私が個人的に好きな「ドルアーガの塔」関連作品を紹介しよう。

 東京創元社から出版された、ゲームブック版「ドルアーガの塔」(鈴木直人著)。「悪魔に魅せられし者」「魔宮の勇者たち」「魔界の滅亡」の3冊で構成されている。

 ギルがスライムやナイトなどを倒しつつ、上の階を目指すというのは原作どおりだが、途中にいろんなパズルが出てきたり、塔に住んでいる人々がいたり、塔から外に出るシーンがあったりと、独自のアレンジが盛り込まれている。

 中盤から、ギルに2人の仲間、魔法使いのメスロンと盗賊のタウルスが加わる。

 特にメスロンは、ビジュアル系バンドをほうふつとさせるルックスで、ゲームブックファンの間で大人気となり、後に彼が主人公のオリジナル作品「パンタクル」が作られた(現在、創土社から復刻されている)。

 ゲームブック版「ドルアーガの塔」では、「ギルが経験値を得て成長する」「ギルが同じ通路を行ったり来たりできる」(双方向移動)など、ゲームブックには珍しく、コンピュータRPGに範をとったシステムを採用した。

 通路の長さも細かく指定されており、それに従って地図を描くと、ちゃんと8マス×8マスの迷路が完成するようになっている。

 初期の3D表示型RPG(ウィザードリィなど)に近い、マッピングの楽しさが、ゲームブックで味わえるのだ。

 ファミコンゲームを題材にしたゲームブックは、1980年代後半に数多く発売された。

 元のゲームのストーリーをただなぞっただけで、出来のよくないものも少なくなかったが、中にはドルアーガの塔ゲームブックのような、原作とは違う魅力を持つ作品もあったのだ。

(C)1984 1985 NAMCO LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」