連載
» 2005年07月12日 15時36分 公開

裏技+ファンタジー「ドルアーガの塔」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ!」(2/2 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ファンタジーの世界をファミコンユーザーに披露

 王国の騎士・ギルの前に立ちはだかるのは、スライムやゴースト、ドラゴンなど、RPGでおなじみの怪物たち。

 ドルアーガの塔は、ファンタジー的な世界観が、日本で定着しつつあるさなかに、ファミコンに移植された。

 ファミコン版ドルアーガの塔が発売される半年前、映画「ネバーエンディング・ストーリー」が日本で公開され、大ヒットしていた。

 またTVゲームでは、「ウルティマ」、「ウィザードリィ」が作られてから4年。

 TVゲーム以外のゲームでは、テーブルトークRPGの元祖「ダンジョンズ&ドラゴンズ」(D&D)が、日本に入ってきた頃だった。

画像 主人公の「ギルガメス」という名前は、メソポタミア神話に由来するのだが、火を吐くドラゴンや魔法使いが出てきたり、アイテムに魔力を持った指輪や宝石があったりと、数々のフィーチャーはまさに“剣と魔法の世界”

 一般的なファンタジーRPGの世界観は、J・R・R・トールキンの小説「指輪物語」(映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作)の影響を強く受けている。

 「指輪物語」のような冒険を再現すべく生まれたのがD&Dであり、D&Dのプレイスタイルをコンピュータで再現すべく生まれたのがウルティマやウィザードリィである。

 その世界観は、後のコンピュータRPG、例えば「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などにも受け継がれていったわけだが、ドルアーガの塔はそれらよりも先に、“剣と魔法の世界”の魅力を、ファミコンユーザーに披露したのだった。

 最も弱いモンスターがスライムだったり、人間型のモンスター(ナイトやメイジ)が出てきたりするところに、ウィザードリィとの共通点が見られる。

 ただ、“動いているときには、剣で切りつけても倒せない”スライムは、剣で切れないD&Dのスライムの特徴も受け継いでいるような気がする。

画像 色とりどりのスライム大集合。それぞれに特徴があり、呪文を唱えるスライムも多い。

 当時のゲームは最終面を終えると、最初の面にループするのが普通だったが、「ドルアーガの塔」では60階をクリアすればエンディングとなって、ストーリーが完結するというのも新鮮だった。

オリジナルシナリオが展開するゲームブック

 ドルアーガの塔には、1986年の「イシターの復活」(アーケード)を始め、「カイの冒険」(ファミコン)、「ザ・ブルークリスタルロッド」(スーパーファミコン)などの、続編や関連作品が作られている。

 いずれもドルアーガの塔同様、斬新なシステムで賛否両論を巻き起こした作品ばかりだ。

 最後に、私が個人的に好きな「ドルアーガの塔」関連作品を紹介しよう。

 東京創元社から出版された、ゲームブック版「ドルアーガの塔」(鈴木直人著)。「悪魔に魅せられし者」「魔宮の勇者たち」「魔界の滅亡」の3冊で構成されている。

 ギルがスライムやナイトなどを倒しつつ、上の階を目指すというのは原作どおりだが、途中にいろんなパズルが出てきたり、塔に住んでいる人々がいたり、塔から外に出るシーンがあったりと、独自のアレンジが盛り込まれている。

 中盤から、ギルに2人の仲間、魔法使いのメスロンと盗賊のタウルスが加わる。

 特にメスロンは、ビジュアル系バンドをほうふつとさせるルックスで、ゲームブックファンの間で大人気となり、後に彼が主人公のオリジナル作品「パンタクル」が作られた(現在、創土社から復刻されている)。

 ゲームブック版「ドルアーガの塔」では、「ギルが経験値を得て成長する」「ギルが同じ通路を行ったり来たりできる」(双方向移動)など、ゲームブックには珍しく、コンピュータRPGに範をとったシステムを採用した。

 通路の長さも細かく指定されており、それに従って地図を描くと、ちゃんと8マス×8マスの迷路が完成するようになっている。

 初期の3D表示型RPG(ウィザードリィなど)に近い、マッピングの楽しさが、ゲームブックで味わえるのだ。

 ファミコンゲームを題材にしたゲームブックは、1980年代後半に数多く発売された。

 元のゲームのストーリーをただなぞっただけで、出来のよくないものも少なくなかったが、中にはドルアーガの塔ゲームブックのような、原作とは違う魅力を持つ作品もあったのだ。

(C)1984 1985 NAMCO LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」