連載
» 2005年07月12日 15時36分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ!」:裏技+ファンタジー「ドルアーガの塔」 (2/2)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ファンタジーの世界をファミコンユーザーに披露

 王国の騎士・ギルの前に立ちはだかるのは、スライムやゴースト、ドラゴンなど、RPGでおなじみの怪物たち。

 ドルアーガの塔は、ファンタジー的な世界観が、日本で定着しつつあるさなかに、ファミコンに移植された。

 ファミコン版ドルアーガの塔が発売される半年前、映画「ネバーエンディング・ストーリー」が日本で公開され、大ヒットしていた。

 またTVゲームでは、「ウルティマ」、「ウィザードリィ」が作られてから4年。

 TVゲーム以外のゲームでは、テーブルトークRPGの元祖「ダンジョンズ&ドラゴンズ」(D&D)が、日本に入ってきた頃だった。

画像 主人公の「ギルガメス」という名前は、メソポタミア神話に由来するのだが、火を吐くドラゴンや魔法使いが出てきたり、アイテムに魔力を持った指輪や宝石があったりと、数々のフィーチャーはまさに“剣と魔法の世界”

 一般的なファンタジーRPGの世界観は、J・R・R・トールキンの小説「指輪物語」(映画「ロード・オブ・ザ・リング」の原作)の影響を強く受けている。

 「指輪物語」のような冒険を再現すべく生まれたのがD&Dであり、D&Dのプレイスタイルをコンピュータで再現すべく生まれたのがウルティマやウィザードリィである。

 その世界観は、後のコンピュータRPG、例えば「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」などにも受け継がれていったわけだが、ドルアーガの塔はそれらよりも先に、“剣と魔法の世界”の魅力を、ファミコンユーザーに披露したのだった。

 最も弱いモンスターがスライムだったり、人間型のモンスター(ナイトやメイジ)が出てきたりするところに、ウィザードリィとの共通点が見られる。

 ただ、“動いているときには、剣で切りつけても倒せない”スライムは、剣で切れないD&Dのスライムの特徴も受け継いでいるような気がする。

画像 色とりどりのスライム大集合。それぞれに特徴があり、呪文を唱えるスライムも多い。

 当時のゲームは最終面を終えると、最初の面にループするのが普通だったが、「ドルアーガの塔」では60階をクリアすればエンディングとなって、ストーリーが完結するというのも新鮮だった。

オリジナルシナリオが展開するゲームブック

 ドルアーガの塔には、1986年の「イシターの復活」(アーケード)を始め、「カイの冒険」(ファミコン)、「ザ・ブルークリスタルロッド」(スーパーファミコン)などの、続編や関連作品が作られている。

 いずれもドルアーガの塔同様、斬新なシステムで賛否両論を巻き起こした作品ばかりだ。

 最後に、私が個人的に好きな「ドルアーガの塔」関連作品を紹介しよう。

 東京創元社から出版された、ゲームブック版「ドルアーガの塔」(鈴木直人著)。「悪魔に魅せられし者」「魔宮の勇者たち」「魔界の滅亡」の3冊で構成されている。

 ギルがスライムやナイトなどを倒しつつ、上の階を目指すというのは原作どおりだが、途中にいろんなパズルが出てきたり、塔に住んでいる人々がいたり、塔から外に出るシーンがあったりと、独自のアレンジが盛り込まれている。

 中盤から、ギルに2人の仲間、魔法使いのメスロンと盗賊のタウルスが加わる。

 特にメスロンは、ビジュアル系バンドをほうふつとさせるルックスで、ゲームブックファンの間で大人気となり、後に彼が主人公のオリジナル作品「パンタクル」が作られた(現在、創土社から復刻されている)。

 ゲームブック版「ドルアーガの塔」では、「ギルが経験値を得て成長する」「ギルが同じ通路を行ったり来たりできる」(双方向移動)など、ゲームブックには珍しく、コンピュータRPGに範をとったシステムを採用した。

 通路の長さも細かく指定されており、それに従って地図を描くと、ちゃんと8マス×8マスの迷路が完成するようになっている。

 初期の3D表示型RPG(ウィザードリィなど)に近い、マッピングの楽しさが、ゲームブックで味わえるのだ。

 ファミコンゲームを題材にしたゲームブックは、1980年代後半に数多く発売された。

 元のゲームのストーリーをただなぞっただけで、出来のよくないものも少なくなかったが、中にはドルアーガの塔ゲームブックのような、原作とは違う魅力を持つ作品もあったのだ。

(C)1984 1985 NAMCO LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.