史上初! 公認ガンダムコメディゲームはオチゲー「機動劇団はろ一座 ハロのぷよぷよ」

バンダイがあのガンダムで、なんとも脱力ぎみな新機軸を打ち立てた。その名も「機動劇団はろ一座」! その第一弾は、不朽の名作「ぷよぷよ」をベースに、デフォルメされたガンダムの登場人物が爆笑対決する!

» 2005年07月12日 16時47分 公開
[ITmedia]

 「機動戦士ガンダム」の登場人物たちが、ハロを座長に劇団を旗揚げ――これがこの夏、ガンダムの歴史をある意味覆す、ガンダムネタ100%のソフト「機動劇団はろ一座 ハロのぷよぷよ」がゲームボーイアドバンス(ゲームボーイアドバンスSP対応)で発売される。オチゲーの名作「ぷよぷよ」をベースに、やりすぎ感たっぷりのガンダムワールドが展開する新シリーズになるとのこと。

「ぷよ」が「ハロ」に取って代わった!

 「ぷよぷよ」はぷよを4つ並べて消していき、時には連鎖させることで相手を押さえつけるオチものゲームの代表作だが、今作はぷよの座をハロが奪って、さまざまな色のハロが落ちてくるという仕様。あとはゲームシステムはそのままに、ガンダムに登場したアムロやシャア、セイラさんほか、ブライト、スレッガー、ララァ、ランバ・ラル、マ・クベら計9人のキャラクターが、名セリフや迷セリフと共に、思わず笑ってしまうアクションを見せつけてくれる。

 画面中央には自分のキャラと対戦相手が表示され、状況に応じて表情を変化させていく。連鎖に成功すると画面中央のキャラにもサイコハロが降ってくることも!

 連鎖時にはランバ・ラルの名セリフ「ザクとは違うのだよ……ザクとは!」やアムロの「親父にもぶたれた事ないのに!」など、250種類以上を聞くことができるなど、思わずニヤリとするリアルボイスも収録している。この豪華声優陣による録り下ろしリアルボイスは、ゲームを進めるごとにコレクションしていくことが可能となっている。「ボイスカスタム」画面で、自分の好みに合わせた順番で、最大7連鎖まで組み合わせができ、それをプレイに反映できるのだ。

 なお、デフォルトの7ワードだけでなく、「ひとりではろぷよ」を一度クリアする度に5つずつ新たに使えるボイスが追加されていくとのことなので、まずはボイスを増やすことに専念するというのもいいだろう。

シャアのあのセリフも聞ける!

 さて、本作が“劇団”と銘打っているのは伊達ではない。最大の見せ場とも言える、ゲーム中でのおもしろ漫才もコレクションされていくのだ。

 ステージとステージの間に用意されている「漫才」は、「機動劇団はろ一座」の最大の見せ場で、一度見た漫才は「漫才ライブラリー」で閲覧できるようになる。漫才総数は100種類以上を収録! 原作を知っている人はより楽しめるに違いない。

 ゲームモードは好きなキャラでCPUと対戦し勝ち抜いていく「ひとりではろぷよ」のほか、通信ケーブルを使って対戦する「ふたりではろぷよ」、お邪魔キャラの攻撃を受けつつひたすらハイレベルを目指す「とことんはろぷよ」など。また、「オプション」では、コレクションしたリアルボイスを変更できる「ボイスカスタム」や、「漫才ライブラリー」の閲覧など多彩となっている。

 「機動劇団はろ一座」作品はこれが第1弾となるが、すでに第2弾「機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀DS 親父にもアガられたことないのに!」を発表されている。タイトルどおりこちらもガンダムキャラクターが登場し、それぞれの名セリフをつぶやきながら卓麻雀を囲むコメディ色満載の内容になることが予想される。この新たなシリーズの今後に期待したい。次はどう来るのか……。なお、「機動劇団はろ一座 ガンダム麻雀DS 親父にもアガられたことないのに!」は発売日、価格とも未定となっている。

機動劇団はろ一座 ハロのぷよぷよ
対応機種ゲームボーイアドバンス/ゲームボーイアドバンスSP
メーカーバンダイ
ジャンルボイスパズルアクション
発売日2005年7月21日
価格5040円(税込)
プレイ人数1〜2人
(C)創通エージェンシー・サンライズ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」