小さいお友達も大きなお友達もみんな集合――「Kフェス2005」開催(1/3 ページ)

7月16日から17日の2日間、千葉県・幕張メッセで開催されている「講談社スーパーキャラクターフェスティバル2005」(Kフェス2005)では、大きいお友達も大注目。ゲーム関連も多く出展されている。

» 2005年07月16日 17時41分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 講談社が主催する「講談社スーパーキャラクターフェスティバル2005」(Kフェス2005)が7月16日〜17日まで幕張メッセで行われている。このKフェスは、講談社の雑誌や書籍を中心とした、キャラクターたちによるイベントで、ゲームメーカーも多く参加している。「コミックボンボン」や「少年マガジン」「なかよし」「ディズニー」と講談社関連のいわゆるKブースと呼ばれる4つのエリアと、その他19の出展ブース、そしてメインステージで構成されている会場は、初日の早い時間でも多くの来場者が溢れ、特にKフェス限定商品に並ぶ列は入場制限をされるほど盛況だった。

 また、一般のブースとは別に設けられているあくしゅ会ブースでは、テレビでおなじみの「魔法戦隊マジレンジャー」や「仮面ライダー響鬼」、「ふたりはプリキュア MaxHeart」の登場キャラクターと直接握手ができたり、同じくサイン会ブースでは「シュガシュガルーン」(なかよし)の著者である安野モヨコさんや、「RAVE」(週刊少年マガジン)の真島ヒロさんが登場し、直接サインをもらえるようになっていた。

 さらに、ステージイベントも多彩で「ふたりはプリキュア」やテレマガヒーローステージと称して「マジレンジャー」や「響鬼」が会場を沸かしていた。ゲーム関連では既報のとおり「Kフェススペシャル! スパロボスーパーステージ」が行われ、スパロボシリーズのプロデューサー寺田貴信氏と、我らのアニキ・水木一郎氏、そしてCMでも参加している加藤夏希さんがトークに歌にと盛り上がっていた。

寺田氏が丁寧に「第3次スーパーロボット大戦α」について説明する
残念ながら今回駆けつけることはできなかったが、主題歌「GONG」を歌うJAM Projectの映像コメントのあとは、お待ちかねの我らがアニキ・水木一郎氏が颯爽と現れ「マジンガーZ」や「グレードマジンガー」の2曲歌いあげる
続いてはスパロボ大戦感謝祭2005以来のトークショウが行われ、いよいよ発売になる第3次スパロボαの裏話などを暴露。攻略本を作るスタッフ並に鋭い質問をする水木氏の意見も広く反映された最新作では、水木氏はいち早くプレイ済みだとか。主役の名前をトーマス寺田に変更し、寺田氏のことを常に思い出しながらプレイしたとか
続いてCMにも出演しているスパロボイメージガールの加藤夏希さんが登場。最新作では声優としても参加し、そっくりのオリジナルキャラ・ルリアについて語った。スタッフに加藤さんのファンがいたようで、顔がそっくり! 敵側として出演するがご安心を。ゲームを進めると仲間になるそうだ
トークに水木氏も加わり、最新実写版CMのNGテークも含めてのメーキング映像が上演された
やっぱり最後は水木氏の「マジンカイザー」と「コン・バトラーV」の2曲で締める

 なお、明日17日もステージイベントやあくしゅ&サイン会が行われるので、興味のある方は足を運んでみるといいだろう。スケジュールや詳細についてはKフェス2005公式サイトで確認のこと。それでは、各社ブースの様子を簡単にレポートしよう。

ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン

 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン(以下、SCEJ)は、6月16日に発売されたプレイステーション2用ソフト「怪盗スライ・クーパー2」をメインコンセプトに、パリのオープンカフェをイメージしたブースを展開。会場では、カフェのような時間を過ごせるコンセプトどおり、ゆっくり座って「怪盗スライ・クーパー2」をプレイすることができるようになっていた。なお、試遊するとスライがスタンプされる特製「くるくるボールペン」がもらえる。

 ブース内には、「怪盗スライ・クーパー2」で、コイン10000枚の状態でスタートできるセーブデータをダウンロードできるサービスも。

 また、プレイアブルで出展している「アイトーイプレイ2」でも、体験した方に巨大なスポンジハンドをプレゼントしていた。

会場にはコミックボンボンに連載している、今井商事氏の描き下ろしパネルがお出迎え

任天堂

 任天堂は、7月21日発売予定のゲームキューブ用ソフト「スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール」と、7月28日発売予定のニンテンドーDS用ソフト「押忍!闘え!応援団」、そして6月30日に発売済みのニンテンドーDS用ソフト「やわらかあたま塾」の3タイトルの試遊台をそれぞれ6台ずつの出展となった。

 ブース内の小ステージでは、スーパーマリオスタジアムを使用しての「めざせ! ホームラン 白熱野球対決!!」では、参加者がホームランで競いあうなど、来場者が参加して楽しめるミニイベントが行われていた。

ブース情報はまだ続きます

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」