ニュース
» 2005年07月22日 14時53分 公開

女の子だらけの「ハガレン」祭!? 劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」公開記念トークショー(1/2 ページ)

いよいよ7月23日より公開が始まる劇場版映画「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」に先駆けて、主役のエドワード・エルリックを演じる朴璐美さんと、監督の水島精二さんによる公開記念のトークショーが行われた。製作の裏話も飛び出すなど、驚きと笑いに満ちた会場の様子をお伝えしていこう。

[ひろいち,ITmedia]

劇場映画では、アニメシリーズ最終回後の物語が描かれる

 アニメシリーズの最終回で、エドは1923年のドイツ・ミュンヘン――つまり、我々の住む「現実世界」へと飛ばされてしまった。現実世界に来たことで錬金術が使えなくなってしまったエドは、元の世界に戻るため、弟の面影を持つ青年アルフォンス・ハイデリヒの力を借りてロケット工学を学び始める。

 しかし、なかなか手がかりはつかめず、焦燥を募らせるばかり。そんな中、彼らの住むドイツでは破滅的なインフレが起き、国に不満を抱く者たちが激増。さらに、それに乗じて暗躍する者たちが現れる。それはオカルトと科学の力を合わせて理想郷「シャンバラ」を手に入れようとする者たちだった。やがて彼らの暗躍が、意外な形でエドを元の世界へと導く道を開くことに――。

エドは元の世界に戻る方法をアルフォンス・ハイデリヒとともに模索する。そこには兄弟のような絆さえ感じられる
一方で、元の世界にいるエドの本当の弟・アルもまた、兄を探して奔走していた

爆笑あり裏話ありの朴璐美さんトークライブ

 劇場版映画「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」の公開を間近に控えた某日、タワーレコード渋谷店にて、公開記念のトークショーが行われた。出演者は主役のエドワード・エルリックを演じる朴璐美さんと、監督の水島精二さん。「ハガレン」という作品と、この日出演された朴さんの女性人気の高さから、会場は99%(記者推測)が女性という状態に。我々記者と会場のスタッフ以外に確認できた男性客はほんの数名だった。

 そんな女性だらけの会場内に、司会の女性に続いて朴さんが登場。すると、一斉に黄色い声援が上がった。さらに朴さんの「元気ですか!?」のかけ声には、会場全体から「元気―!!」の声。朴さんの登場と掛け声によって会場が早くもヒートアップする中、トークライブが始まった。

 まずは司会者が「朴さんは本当に素敵な方ですよね。女性の私でも憧れます」とファンの心理を代弁。続けて「もちろん男性の方もムラムラくると思いますけど」とジョークを飛ばすと、朴さんは会場に男性客を見つけて「ムラムラくるー?」とセクシーポーズ。ノリのよい朴さんの返しに会場は大爆笑。しかも、なぜか女性客から一斉に「カワイイー!!」の声が。司会者も「こんな間近で朴さんのセクシーショットが見られるとは思いませんでした」と笑顔。

ムラムラを誘う(!?)朴さんのセクシーポーズ

 爆笑続きのオープニングに続いて、劇場版の話題に。ところが、話の途中で司会者が「錬金術師」を「錬金じゅちゅし」言い間違えたことから、タイトルが言いづらいという話題に発展する。朴さんも何度か挑戦しては「じゅちゅし」と言ってしまい、場内の笑いを誘うのだった。

 言い間違いでひと盛り上がりした後は、今度こそ本題である劇場版の話題に。朴さんは劇場版の思い出についてこう語った。「実は劇場版の台本は、収録の1週間弱前にもらったんですよ。それがもう本当に大変かなと思いましたが、家に帰ってじっくり台本を読んだときには、発見と感動でページをめくるごとに手がプルプルしてしまいました」

 さらに話が監督の話題になるとともに、水島監督が登場する。監督を交えていよいよ劇場版の話題にと思いきや、話題は「『錬金術師』が言いにくい」という話に戻る。「テレビシリーズの次週予告のときに、朴さんには毎週『鋼の錬金術師』って言ってもらっていたんですよ。発音がいいときは使っていたんですけど、実際に使われたのは3つくらいでしたね」と暴露。朴さん自身は「エドは声を張るから、特に言いにくいんですー」と釈明した。

水島監督登場で、朴さんと一緒にハイポーズ
水島監督のお腹を押さえ「何カ月ですか〜?」と朴さん

次のページはいよいよ劇場版映画の裏側に迫る

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」