ニュース
» 2005年07月26日 02時59分 公開

ナムコやコナミなど国内大手パブリッシャーがタイトルを多数発表Xbox Summit 2005詳細リポート その2(1/5 ページ)

Xbox Summit 2005では、日本市場向けのXbox 360向けタイトルが多数発表された。それも、Microsoft Game Studiosのものばかりではなく、大半がサードパーティが開発中のタイトル。期待が高まるXbox 360向けタイトルに関して紹介していこう。

[平澤寿康,ITmedia]

あの岡本氏が年齢制限の全くないタイトルを開発!

 まずはじめに、ファーストパーティであるMicrosoft Game Studios製の新タイトルが発表された。それは、ゲームリパブリックが開発している「エブリパーティ」というパーティゲームだ。ゲームリパブリックの社長、岡本吉起氏自ら登壇し、エブリパーティが紹介された。

画像 ゲームリパブリックの岡本吉起氏が登壇し、開発中のパーティゲーム「エブリパーティ」を発表

 岡本氏といえば、ストリートファイターシリーズやバイオハザードシリーズのクリエイターとして有名だが、その岡本氏がパーティゲームを? と疑問に感じる人もいるかもしれない。

 しかし岡本氏は、「皆でわいわいがやがや楽しむボードゲームやパーティゲームが大好き」だそうで、常時接続されたXbox 360なら、いつでも誰とでも楽しめるため、パーティゲームはまさに次世代機向けの内容だ、と(やや苦しい?)説明。もちろん大作も必要かもしれないが、こういった手軽に楽しめるパーティゲームも、ゲーム機の普及には不可欠なタイトルだろう。

 エブリパーティは、すごろくをベースに、特殊なルーレットを利用してコマを進めていきつつ楽しむパーティゲームだ。内容はすごろく同様で、先にゴールした人の勝ち。しかし、利用するルーレットは複数あって、プレーヤーが使うルーレットを指定して遊べるようだ。また、ミニゲームも多数用意されているらしい。同時プレイは最大4人となっている。

画像 エブリパーティは、ネットを介し最大4人でわいわい楽しめるすごろくゲームだ
画像 岡本氏のゲームだが、なんと全年齢対象のタイトル。ついこのようなマークもつくってしまったそうだ

 キャラクターデザインは、「ちびまる子ちゃん」でおなじみのさくらももこ氏。ほのぼのとした絵の雰囲気は、すごろくをモチーフとしたこのゲームには最適に感じた。「ゲームって、単純に楽しむもの。余暇の時間を使って思いっきり楽しむものが本来のゲーム。」と岡本氏は語ったが、単純に楽しめるという意味では、このエブリパーティは最適なタイトルかもしれない。

画像 キャラクターデザインはさくらももこ氏が担当。ほのぼのとした雰囲気がバッチリだ

 ゲーム自体の紹介に続いて、岡本氏は次のように語った。「僕はラインナップでゲーム機を選びます。自分が遊びたいタイトルが何本発売されるのか。既存のビッグシリーズのタイトルがどれだけ登場するのか。オリジナルのキラータイトルに魅力のあるものが存在しているのか。僕の後に登壇される方の顔ぶれやタイトルを見てください。Xbox 360、侮れないですよ」。

画像 Xbox Summit 2005ではこのエブリパーティをモチーフとしたボードゲームが記念品として配布された。興味のある読者はプレゼントに応募しよう。詳しくはこちら

水口氏、ナインティナインナイツの最新映像を公開

 次に、キューエンタテインメントのCCO、水口哲也氏と、韓国PhantagramのCEOのサンユン・リー氏が登壇し、5月の「次世代Xboxプレビュー」で発表された「ナインティナインナイツ」の最新映像が公開された。

 今回公開されたのは、プレーヤーが操作する5種類のキャラクターだ。各キャラクターに異なるストーリーが秘められており、それぞれのキャラクターでプレイすることで、1つのゲームながら、さまざまな視点で楽しめる。これは「マルチアングルシナリオ」と呼んでいるそうだが、今回公開された5キャラクターだけでなく、さらに多数のキャラクターを選択し、それぞれに異なる視点でゲームをプレイできるようになるようだ。

 ナインティナインナイツにはこれ以外にも非常に多数のキャラクターが登場するそうだが、サンユン・リー氏によると、「アクションゲームだが、まるでRPGを作っているかのように多数のキャラクターを作っている」そうで、かなり壮大な規模のアクションゲームになると想像される。

画像 爽快アクション「ナインティナインナイツ」を開発している、水口哲也氏とサンユン・リー氏。多数のプレーヤーキャラクターそれぞれが違った特性を持ち、違った視点で楽しめると説明

 「Xbox 360でしか実現できない、大軍勢の中での爽快アクションをお見せしようと考えています。各キャラクターとも異なった特色をもっていますので、プレイキャラによって違ったプレイが楽しめます。また、ゲーム中に登場する魔法も、これまでのゲームでは体験できなかった新しい感覚を実現しようと努力しています。」とリー氏。公開されたプレイ映像も非常に迫力があり、かなり期待が持てるタイトルだと言っていいだろう。

ナムコ、Xbox 360で日本市場に参入。バンダイはガンダムゲームを投入!

       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」