ニュース
2005/07/26 02:59 更新

Xbox Summit 2005詳細リポート その2:
ナムコやコナミなど国内大手パブリッシャーがタイトルを多数発表 (3/5)


前のページ | 1 2 3 4 5 | 次のページ

DEAD OR ALIVE Xtremeの続編がXbox 360で登場!

 次に、テクモの常務執行役員、TeamNINJA部長である板垣伴信氏によって、TeamNINJAが開発中のXbox 360向けタイトルが紹介された。

 まず始めに紹介されたのが「DEAD OR ALIVE 4」だ。こちらは、すでにE3 2005でも発表済みで、会場で流されたデモムービーもE3 2005のものと同じだったが、音声をドルビーデジタルベースの5.1チャンネルサウンドにミキシングし直したそうで、以前よりも非常に迫力のあるサウンドとなっていた。

画像

おなじみのTeamNINJAの板垣伴信氏によって、DEAD OR ALIVE 4をはじめとするXbox 360向けタイトルが紹介された

 板垣氏は、現在開発中のXbox 360向けタイトルは、DEAD OR ALIVE 4を含めて5タイトルあると語った。そのうちの1つは、DEAD OR ALIVEのキャラクターを利用したビーチバレーゲームとして人気を博した「DEAD OR ALIVE Xtreme」の続編である「DEAD OR ALIVE Xtreme 2」だ。もちろん全作同様ビーチバレーも登場するそうだが、それ以外のゲーム要素も盛り込まれるそうである。

 また、「Project Progressive」という新作アクションゲーム、そしてXbox向けとして発表されていた「DEAD OR ALIVE code:Cronus」をXbox 360用として出すことも発表された。ちなみに、紹介されたタイトルはこの4本のみだ。5本目は、「インパクトがありすぎるために発表を差し控えさせてもらいます」と板垣氏。いったいどんなタイトルなのか非常に興味があるが、今後の発表を心待ちにしておこう。

画像

ビーチバレーゲーム「DEAD OR ALIVE Xtreme 2」や新作アクションゲーム「Project Progressive」などが新作タイトル。「DEAD OR ALIVE code:Cronus」はXbox 360用に変更となった

カプコンも参入! バイオハザード5など2タイトルを発表

 先日発表されたとおり、カプコンも日本市場でXbox 360用タイトルを投入することになった。投入されるタイトルは、E3で発表された「DEAD RISING」と、先日発表されたばかりの新作「バイオハザード5」の2タイトルだ。この2タイトルについて、カプコン 常務執行役員開発統括の稲船啓二氏が登壇し紹介された。

画像

カプコンの稲船啓二氏は、「DEAD RISING」と「バイオハザード5」が紹介された。双方とも発表済みだが、会場では最新映像が上映された

 まずDEAD RISINGは、E3 2005で公開されたものとは異なる、最新映像で紹介された。ファイナル仕様ではないものの、1000体のゾンビに囲まれ、圧倒的な恐怖感を味わえるゲームになっている。

画像

DEAD RISINGは、1000体近いゾンビが登場し、絶望的な恐怖感が味わえるゲームとなっている

 また、ゾンビといえばやはりバイオハザードシリーズ。そのバイオハザードシリーズの最新作となるバイオハザード5がXbox 360用として日本市場に投入されることになった。こちらも最新映像による紹介となった。

画像

E3で公開された映像よりも恐怖感が増しており、ホラータイトル好きならはずせない1本と言っていいだろう

 Xbox初となるバイオハザードシリーズの投入となるわけだが、「ハイビジョンクオリティならではの空気感、いままでにない映像や恐怖感を作れるのではないかと、スタッフ一同、時間をかけていいものとして出したいと考えています。」と稲船氏。とにかく、ファンを裏切らない作品にするということなので、期待を持って待ちたいと思う。

 そして、これら発表済みの2タイトルに加え、別のアクション要素の強いタイトルも開発中であることが稲船氏によって発表された。そちらは内容・タイトルともに今回は発表されなかったものの、Xbox 360ローンチまでには発表されるそうなので、こちらも期待したい。

コナミも日本市場向けタイトルを投入

前のページ | 1 2 3 4 5 | 次のページ

[平澤寿康,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.