ニュース
» 2005年07月29日 00時00分 公開

「PGR 3」はクラッシュを避けたくなるレースゲームだXbox360「PGR3」開発、Bizarre Creations ニック・デイビス氏インタビュー(2/2 ページ)

[遠藤学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ダメージ表現はサウンドを特に強化

―― 「PGR」シリーズは、車への細かな「ダメージ表現」もウリのひとつですが、今作においてはどうなっているのでしょうか?

ニック 「PGR 2」以上のダメージモデルで、車の各部分にダメージが現れるようになっています。また、われわれのサウンドチームでは、金属の衝突音や生地、繊維などを分析し、車の各部分の破壊による音を収録しました。ゴミ処理場で車を潰しているところなども参考にしていますので、場合によってはそういった資料も公開するかもしれません。

―― サウンドには特に力を入れているわけですね。グラフィック面はどうしょう?

ニック 「PGR 2」をより強化した、と考えてください。Xbox 360によって、より細かいディテールでもってダメージモデルを表現することができるということです。これにより、細部にわたっての破片や個別のパーツへのダメージを表現できます。ただ、あまりにも車の見栄えが良いので、できることならクラッシュは避けたい、とみんなが思うでしょうね。

photo これだけ美しく描かれた車。確かにクラッシュを避けたくなる、と語るニック氏の話も理解できる

―― なるほど。ですが、それだけ緻密に計算されたダメージ表現です。ニックさんとしてはどうしてほしいと考えていますか?

ニック アーティストと話せば、芸術作品だから絶対にクラッシュしないようにしてほしいと言うはずです。プログラマーに聞けば、どんどんクラッシュしてくれと言うでしょうね。ちなみに私は自由にプレイできることが一番だと思うので、こうしてくれとは言いいませんが、クラッシュするのは大好きですよ(笑)。今作は視覚的なものだけではなく、サウンドも次世代に見合ったものとなりますので、期待してください。

―― グラフィック、サウンドともにハイクオリティとなる本作ですが、一番注目してもらいたい部分はどこになるのでしょう。

ニック 最も注目してもらいたいのは“自由自在にプレイできる”という点になります。自分がコースをカスタマイズして、レースは自分のスキル、あるいはスタイルに合わせて変える。ゲームのほうでこうしなさい、というのではなく、自分がゲームのやり方を決めることができるのです。そのため、数名の優れたプレーヤーのみが最後までいくのでなく、あらゆるレベルのプレーヤーがゲームのすべての側面を見られるようにしています。

―― プレーヤーが決めることができるのは、具体的にどういった部分になるのですか?

ニック どの車も利用できますし、ある特定の都市ではコースの経路を決めることができます。そしてプレーヤーの数や車の台数、あるいは周回数など、およそレースに関わることはすべて変えられるようになっています。

―― では、車の台数やコースの数について教えてください。

ニック コースの正式な数はまだ言えませんが、かなりの数は用意します。ただ、いろいろと変更できることを考えると、無制限に、何万というバリエーションとなるわけです。車の台数に関しては、今のところ約80台を予定しています。

―― コースの組み替えによって、何万通りにもなると言いましたが、コースはどの程度まで組み替えることができるのですか?

ニック スタートや間走の位置を変えることはもちろん、どの道路を使うかも変えることができます。また、ある地点から別の地点への競争といったことも可能です。そして、もしその中に自分の気に入ったスタイルやコースなどがあれば、それをどの街にも再現できるのです。

―― 再現で思い出しましたが、ムービーで流れていた新宿には驚かされました。

ニック 正直に言いますと、私は「Xbox Summit 2005」の後に、初めて新宿に行ったんです。スタッフは何度も足を運び、何千枚という写真を撮ってきましたが、実際にこの目で見て、うまく再現できたと思いました。誰かがフェラーリを持ってきてくれるなら、「PGR 3」のようにうまく走ることができるかどうか、夜遅くにても試してみたいですね(笑)

photo こちらが「PGR 3」に再現された新宿。この素材が届いた時に「何で本物の新宿の写真が届いてきているんだ」と思ってしまったほど、再現度は高い

―― ここまでの話を聞く限り、次世代機ならではの進化を遂げたと言える「PGR 3」ですが、レースゲームというのは、いろいろなプラットフォームで発売されています。日本で有名なタイトルだと「GT4」がありますが、そういったタイトルと比べて「PGR 3」は何が違うのでしょうか?

ニック 「GT4」はシミュレータータイプのゲームであるのに対し、「PGR 3」はアーケードシミュレーションのタイプです。それから「GothamTV」がわれわれのとっている、まったく違ったアプローチであり、オフライン、およびオンラインでの展開も違います。ただ、最も重要な本作の特徴としては“プレイして楽しいものである”という点になると思います。

―― それはパッドでも十分に遊べるということですか。

ニック それもあります。パッドで、さらにレースは自分の好きな形で遊ぶことができる。そしてそれを短い時間でも楽しむことができる。本作ならではの奥行きといったものがあるわけです。

―― 今後、その奥行きが徐々に明らかになることを期待しています。では、最後に日本の「PGR」ファンに向けてひと言いただけますか?

ニック 皆さんが本当に望んでいるようなタイトルをお届けしたいです。われわれ自身がワクワクして開発しているので、皆さんもワクワクしながらプレイしていただければと思います。



前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」