中国の娯楽中心的ゲーセン事情(1/2 ページ)

意外なことに、中国のゲームセンターは日本のゲームで埋め尽くされている。でも「そこにある」ゲームは同じなのに集う客層はちょっと違う。ゲーム文化に依然として重要な位置を占め、ゲーマーに影響力をもつ中国ゲームセンターの今を伝えよう。

» 2005年08月01日 17時00分 公開
[山谷剛史,ITmedia]

中国女性にモテたいならゲームマスターを目指すのじゃ

 “遊戯中心”またの名を“電玩”とも呼ぶゲームセンターは中国のどこの街にもある。上海や北京といった国際的大都市だけでなく、地方の各省都やそれこそ人口2万人くらいの町にだってある。日本でいうところの「過疎地」のような寒村ですら見かけることがある。多くの中国国民にとって、ネットカフェよりもゲームセンターのほうがより日常的な存在なのだ。

 ゲームセンターの「基本料金」は1ゲーム5角(0.5元=約7円)。中国庶民の所得水準から考えれば「1ゲーム50円」の感覚になる。沿岸部と内陸部における所得差が激しい、といわれる中国だが、これなら内陸部の学生でもお手軽な額だ。

「われら青春!」が集うゲーセン

 しかし、よくよく考えれば、1回遊んでゲームオーバーとなればその台に投入したお金はそれっきり、となるゲームセンターは、30分1元を払えは時間内ずっとPCゲームで遊べるネットカフェより高くつく。

 しかし、それでもファミコン互換機に始まる歴史を持つコンシューマーゲーム機よりは安く遊べるわけで、コストパフォーマンスが何よりも大事と考える中国人にとって、中国におけるゲームセンターのポジションは、ネットカフェとコンシューマーゲームの中間にある。

ちなみにPCゲームは雷電だらけ。こんなに雷電あったか?

 では、どんな人々がゲームセンターへ向かうのか?ゲームセンターに足を運んでつぶさに観察してみると、男女問わず青春真っ盛りな若者でごった返しているのは日本と同じだが、意外にも女性が多いことに驚くだろう。その女性の外見をさらに観察してみると、東京で言えば、渋谷や原宿にいそうな女性も秋葉原にいそうな女性も同じゲームセンターで楽しんでいるのに気が付く。

 中国のゲームセンターには、機械にもプレイにも金がかかりそうな体感ゲームがほとんどなく、多くは格闘ゲームばかり。その雰囲気は「日本の著名プレイスポットにある大掛かりなゲームセンター」ではなく「高校生や大学生が遊んでいる町のゲームセンター」だ。

 そんな雰囲気のゲームセンターに最先端ファッションを身にまとった女性が集うのだから興味深い。しかも、日本でありがちの「彼氏に無理やり連れてこられて、とっても暇でつまんないから帰りたい女」ではなく、自らスティックを握りボタンを連打する、なかなかのファイターだったりする。

 このように「われら青春!」といった男女がこれほどにも集い、みな夢中になるのは理由がある。なんといっても「ほかの娯楽」があまりにも金がかかりすぎるのだ。日本だったら飲み会の後の2次会やイベントの打ち上げにカラオケに行くことも多々あるだろう。

 もちろん中国にもカラオケはあり、若者ウケする曲が用意されているが、1回利用しようものなら「おひとりさま100元」(日本の感覚で1万円以上)かかるなんてこともザラ。だからゲームセンターは安い娯楽の場として若者に人気のスポットとなる。ゲームがうまければうまいほどその場は盛り上がるし、なんといってもお金がかからない。中国の都会ではゲームがうまい男が女性にモテる、なんてことが十分ありうるのだ。

NEOGEO信者(?)な中国ゲーセンゲーマー

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評