ニュース
» 2005年08月08日 13時21分 公開

福岡で行われたシステムソフト・アルファーの説明会に乗り込んでみた(1/4 ページ)

システムソフト・アルファーってどんなことしてるんでしょう? ということで、福岡で行われた説明会に参加し、5作品の開発状況などを聞いてきた。

[加藤亘,ITmedia]

 システムソフト・アルファーは、今年度中に発売を目指して鋭意開発を進めている新作タイトルの説明会を福岡で行った。これは、お膝元へゲームメディアを招待することで、活発な意見と若い開発者が多い現場への刺激になればと企画されたもので、ITmedia Gamesもちゃっかりお呼ばれされていたのだ。羽田でのトラブルなどもあったが、システムソフト本社ビルの1フロアへなんとかたどり着くと、粛々と説明会は開始された。

左から「大戦略VIII」のディレクター小柳豊氏。同じく取締役の藤本淳一氏。「スーパーエアーコンバット 4」のディレクター前田雄市氏。今回の説明会の進行も務める「現代大戦略 2005」のプロデューサーでもある宮迫靖氏。インペリアルフォース 2」のディレクター大庭賢一氏。「沈黙の艦隊 2」ディレクターの手嶋亨氏と勢揃い

 今回説明があったのは「インペリアルフォース 2」、「沈黙の艦隊 2」、「スーパーエアーコンバット 4」、「現代大戦略 2005〜(サブタイトル未定)〜」、「大戦略VIII」の5作品。

星系を占領し、他星系人と覇権を競え――「インペリアルフォース 2」

 「インペリアルフォース 2」は、前作に比べ桁違いのAI強化がはかられているとは、イレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役の山本一郎氏の言。本作は、システムソフト・アルファーとイレギュラーズアンドパートナーズの共同で開発が進められ、2005年9月末に発売を予定している。価格は10290円(税込)、対応OSはWindows XP/2000/Me/98。

説明に立つイレギュラーズアンドパートナーズ代表取締役の山本一郎氏。今回のために山本氏も東京から駆けつけた。普段は3Dエンジンなどゲームのミドルウェア開発を専門にしており、ゲームメーカーと協力してゲームを開発するのは今作が2作目

 説明に立った山本氏は、新規開始ごとに自動生成されるマップを例に出し、プレイするごとに変化する戦況と、リアルタイムに進行するゲーム展開(もちろん時間を止めて長考もできるし、コマンドを入力していくことも可能)に、プレーヤーは少しも飽きる暇がないと続ける――「確かにリアルタイムシミュレーションの形をとってはいるが、ターン制に近いものも含まれてます。タイムスケールを自由自在に調整できたり、接触した敵との戦闘の有無も自分で決められます。プレーヤーの進め方次第で、ゲームの展開は大きく変わってくるのです」。

 前作と基本コンセプトは変わらない。プレーヤーは当初、母星系となる自分の本拠地周辺しか視認することができないので、探索機などを飛ばすことになる。新たな星系を見つけたら、そこを占領もしくは外交をして関係を構築。時には20ほどもある他星系人との戦闘を生き抜き、版図を拡げていくという、大航海時代さながらのロマンと、いつ何時他星系から攻められるかもしれないという緊迫感を味わうことができる。

 ゲームは、母星系近傍の星系を探索し勢力圏の拡大を目指す「探索の世紀」と、多くの星系を有する星間国家となり、国力の充実を図る「国王の世紀」、巨大な星間帝国として宇宙の覇権を争う「皇帝の世紀」という3つのフェイズが存在する。最終的には幾多の星系を併呑し、さらに統一国家を目指さんと三国時代のような少数国家での覇権を競う星系間戦争を体験することができる。「皇帝の世紀」ではエリア単位での戦いを強いられるため、戦略シミュレーションの終盤にありがちな消化試合にはならないような仕掛けも施されている。

メッセージ画面には他星系での状況も流れてくる。うっかりしているとあっという間に敵は侵略してくるので、油断はできない。時間が進めば、複数の艦船がさまざまな思惑であなたに接触してくる
探索機ばかりを全方位に派遣するという大車輪戦法が前作では活用されたが、今回はあまりに多い探索機は後に国力を圧迫することにつながる。しかも探索ではグレーゾーンという理念も取り入れていきたいと山本氏は語るが、実はまだ悩んでいるとか……

 本シリーズでは、SFシミュレーションゲームのファンはもちろんのこと、ゲームはしないけどSFが好き、という方にオススメしたいとのこと。説明会では、そのキモともいえる、現段階で設定されているキャラクターをざっと紹介された。人間型からゼリー状の形態の星人、なかには緑や紫の色をしたイタチまで登場していたが、イタチはあくまでも仮の状態なのだとか。

山本氏お気に入りの猫型星人
自星系含め、艦隊を預ける左官クラスの指揮官にも個性的。こちらはごっついお兄さんとおっさんたち
こちらは眉目麗しい女性陣たち

 これらの指揮官に、艦船を与え索敵、占領、戦闘を繰り広げていく。では、その艦船はというとはじめから潤沢に存在するわけではない。そう、新たに建造しないといけないのだ。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」