台風上陸直前! 「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」発売イベント

音楽館から本日発売されたプレイステーション 2用ソフト「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」の発売を記念して、雨の降りしきる中、プロデューサーの向谷実氏が実演。

» 2005年08月25日 18時21分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 音楽館が本日8月25日に発売したプレイステーション 2用ソフト「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」の発売イベントが、東京新宿のさくらや 新宿ホビー館1Fにて開催された。

 折しも関東に台風11号が上陸しようかとしている午後16時、開催も危ぶまれたものの、激しい雨の降る中駆けつけたファンのために無事1回目の向谷氏のソフト実演イベントが始まった。

 向谷氏は悪天候にもかかわらずに集まってくれたファンに向けてまずはお礼を述べると、さっそく本日発売されたばかりの「Train Simulator 京成・都営浅草・京急線」をマスコンを使用して解説。

 シリーズ最長運転時間、最多停車駅数、初のポイント制導入、初の三社局直通など見どころが多い本作では、ライセンスを取得し、その鉄道会社局の路線の試験をクリアすることで、運転できる路線を拡大していく。そして試験や教習所などで得たポイントを使い、車輌の購入や検車などの管理を行っていく。

 また、今回導入されたブレーキナビは、「どういう強さでどこでブレーキをかければいいか」を視覚的に理解できるため、初めての人でも十分楽しむことができるし、練習にも役立てることができるとのこと。

 九州線から導入された駅名ナビゲーションシステムは本作でも健在で、ファンを唸らせる演出も満載。たとえば、プラットホームに入車してくることを伝えるアナウンスが、停車前からうっすらドアの外から聞こえており、ドアが開くことでちゃんと聞こえるようになったり、アナログコントローラを接続することで、運転台を下げることができ、前方の視覚を広く見せることができたりと、やたら芸が細かいのだ。

 今作からは停車位置を過ぎた場合、自動か手動かで停車位置まで下げることができたり、5300形の運転台にあるLED表示に2週間かけたりと、確実にファンの声を反映し、よりリアルを追求してくれている。

 シリーズ前作からおよそ1年8カ月かけて完成した本作は、あまりにもリアルを追求しすぎて、走行音やモーター音などのデータが食いすぎて、最近では珍しいDVD2層構造で発売される。このことに触れ向谷氏は、「コストはかかるが、ギチギチに詰め込みたかった」と多くの鉄道ファンが納得できるものになったと自信をみなぎらせていた。

 ちなみに、向谷氏はプレイステーション3でも「Train Simulator」シリーズを製作したいと語っていた。その際はPS3の容量をこれでもかと使い、さらにリアルでこだわりあるものにしたいと、ファンに次回作も製作していくことを約束してくれた。

 なお、PS3で開発する際は、たとえばネット対応にして、その日の天候を反映させ、今日のような台風による雨の際は速度制限があったり、停止の際には路面が滑ったりと、リアルタイムに楽しめるものにできたらいいと構想を話してくれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」