レビュー
» 2005年08月25日 20時11分 公開

よみがえれ美しい思い出! 「タイトーメモリーズ下巻」で記憶の旅に出る(2/4 ページ)

[J.O.宍戸,ITmedia]

収録作品を、当時を振り返りつつレビューしてみる

 ここからは、いくつかのタイトルをピックアップし、時代背景などと共に見ていくことにする。なお、タイトルごとのレビューは、現在プレイすると……という観点で書いている。当時と現在のゲームを比べるのはムリがあるが、とはいえ初めてプレイする人には指標になると思われたので、敢えて記してみた。当時を知っている人には、よけいなお世話かもしれないが……。

スペースインベーダー

 1978年、それまではブロック崩し程度しかなかったアーケードゲーム業界に、革命が起きる。あの、スペースインベーダーの登場だった。アップライト筐体に3つのボタンが配置されたそれは、すぐさま社会現象を巻き起こした。ブロック崩しに代表される“受け身”のプレイスタイルから、敵を攻撃して倒すという“攻め”へと転換したのが、大ヒットした理由だと考えられている。

 筆者が初めてインベーダーを見たのは、近所の駄菓子屋だった。ほかでは100円だったかもしれないゲームが、ここでは50円程度でできたことが、そこへ通った理由だと記憶している。そこで、たった1つのテーブル筐体に群がる、数多くのプレイヤーたち。必需品は、その辺に置かれていたジュースの1ダースケースだった。これを椅子代わりにするだけでなく、テーブル筐体の左右に1つずつ積み、さらにその上に段ボールを乗せれば、どんなに明るくてもゲーム画面がくっきり見える。しかも目隠しにもなるので、非常に重宝したものだった。

 そうして足繁く駄菓子屋に通い、名古屋撃ちやレインボーなどの技術を習得し、ハイスコアもマークできるようになった。とはいえ、飽きたのも意外に早く、興味はあっという間にギャラクシーウォーズへと移っていった……。余談だがこの年の3月、任天堂レジャーシステム(現任天堂)は、「コンピューターオセロ」というタイトルの、オセロゲームを発売している。

 ゲームのルールは、画面内にいる55匹のインベーダー(侵略者)を、ショットを撃ってすべて倒すだけ。インベーダーは最初は右に動き、端まで着くと一段下がり左へ動き出す。こうして、最下段までインベーダーに占領されてしまうと、残機があってもゲームオーバーになってしまう。また、画面上部には時々U・F・Oが現れ、最初は30発、あとは15発ごとに撃つと300点が入るのだ。

 面をクリアするごとに、インベーダーの初期配置が一段ずつ下がっていくので、どんどん戦いがつらくなっていく。テクニックとして、インベーダーが最下段まで降りてくると敵弾に当たらなくなることを利用した“名古屋撃ち”や、10点インベーダーを最後まで残すと見られる“レインボー”などがある。

 改めてプレイしてみると、弾が単発でしか撃てなかったり、占領されると一発ゲームオーバーなど、シビアな部分が目立つ。逆に、だからこそ1ゲームごとに緊張感のあるプレイを楽しめたのではないか? そんな風に今更ながら感じた。もっとも、無限にコインを入れられてしまう本作では、緊張感を保つのが難しいが……。

全部で55匹のインベーダーを全滅させよう。砲台とインベーダーの間にあるのはトーチカ。自機と敵の弾を受けると、少しずつ壊れていく
15発ごとに300点というのは、制作者が入れた一種の隠しボーナスのようなものだとか。このときから、隠し要素は含まれていたのだ
よく見るとわかるが、敵は弾を真下からではなく、インベーダーから少し離れた位置から発射している。そのため、敵の真下にピタリと張り付くと、弾に当たらなくなるのだ。バグを利用した、裏技といえる
レインボーもバグの一種。10点インベーダーを最後まで残すと、残像が現れる

バルーンボンバー

 「ゲームセンターあらし」がコロコロコミックで大ブームを巻き起こしていた1980年、新しいゲームが登場した。地味な画面に映るのは、不気味な複葉機と風船爆弾。そして高射砲の自機だけ。風船を撃つと、ついていた爆弾が落ちてくるのだが、放置しておくと地面に穴を開けてしまうため、自機の移動範囲が狭くなってしまう。

 当時は、その理不尽さをものともせずプレイしたわけだが、ゲームセンターあらしは更にすごかった。月面宙返り(ムーンサルト)12段撃ちを出して、風船→爆弾と立て続けに破壊し、点数を鬼のように稼いだ。実際にプレイすると、そんなスピーディなゲームじゃないことは一目瞭然なわけだが、この時はあらしを見て、素直にかっこいいと思ったものだ。ちなみに、同じ年には幻の名作、「ルパン三世」もデビューしている。どちらかといえば、ルパン三世にハマった記憶のほうが深いわけだが(笑)。

このぐらい風船爆弾との距離が近ければ、ムーンサルト12段撃ちも可能だったかも?

 6つの風船爆弾が横1列に並び、右へ左へとゆらゆらしながら左右に移動していくのを、すべて撃ち落とせば1面クリアとなる。爆弾を撃てば風船ごと破壊できるが、それでは高得点は望めない。かといって、風船を撃った後に落ちてくる爆弾を逃すと、地面に穴が開いて移動範囲が狭まるため、どんどん不利になる。すべてを撃ち落とすつもりでプレイする必要があるのだ。

風船についた爆弾は左右にふらふら揺れているため、なかなか狙いづらい。そこが、このゲームをおもしろくしているところ
撃てない位置に爆弾が降ってくることも。このようなときは、地面に穴が開く様を黙って見ているしかない

 自機がやられない限り、面をクリアしても地面が修復されることがないため、先に進むほどつらくなるゲームバランスには疑問を感じるものの、爆弾を撃ち落とす時などは独特のスリルを感じてしまう。意外に熱いゲームなのだ。これで、3面ごとなどに地面が修復されれば、もう少し遊びごたえがあったかもしれない。

行き着くところまで行くと、一歩も動けない状態に陥る。これでも、うまくプレイすればそう簡単にはやられない。しかし、今考えてみると、究極のマゾゲームなのかも……
次ページは「エレベーターアクション」について

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい