TBSの人気&期待の新作アニメがめじろ押し!「TBSアニメフェスタ2005」レポート(2/4 ページ)

» 2005年09月01日 05時00分 公開
[高橋宏知,ITmedia]

先行上映された期待の新作アニメをご紹介!

●BLACK CAT

 トークショーなどで会場が盛り上がる中、お待ちかねの新作アニメ上映が開始! トップバッターは「BLACK CAT」。週刊少年ジャンプで連載されていた人気コミックが原作だが、原作とは違った展開で物語が描かれるらしい。

 秘密結社「クロノス」に所属していた凄腕の抹殺人トレインが、サヤという女性と出会ったことで組織を抜け、自分の生き方を探す成長物語となるとのこと。そんな中、トレインは原作でもおなじみのスヴェン、イヴ、リンスなどの仲間たちと出会い、一緒に賞金首を追う掃除屋として活躍が描かれる。

 制作を手がけるのは、スタイリッシュな映像表現を得意とするGONZO。デジタル技術の高さでは定評のあるGONZOが人気コミックをどのように料理してくれるのか楽しみな作品だ。

 上映前にはトレイン役を演じる近藤隆さんがステージに登場。「原作では語られなかったサイドストーリーが描かれたり、謎のままだった『クロノス』メンバーも登場したりするので期待してください」と本作の見どころを語ってくれた。また、原作者の矢吹健太朗さん手がけるオリジナルキャラクターも多数登場するということで、原作ファンにはすごく気になるはず。ちなみにそのオリジナルキャラクターは第1話でも登場。レストランのウェイトレスとして大活躍し、掃除屋スヴェンとコミカルなやり取りを繰り広げてくれる。

画像 トレイン役を演じる近藤隆さん

 アニメ第1話では、原作コミックの第1話と異なり、「クロノス」にいたころのトレインの活躍が描かれる。原作とは違うトレインの非情な表情が印象的だ。

 組織からある知事の抹殺の任務を受けたトレイン。一方、スヴェンも知事にかかった賞金を狙って、知事就任パーティに出席していた。スヴェンはそこで知事がトレインによって殺される予知をヴィジョンアイで見ることに……というのが大まかなあらすじ。アニメオリジナルのエピソードなので、過去に触れた人でも新鮮な気持ちで楽しめるだろう。

 今回はトレインとスヴェンが邂逅しただけという内容だったが、今後2人がどんな風に関わり合っていくのか続きが気になってしまうところだ。ほかにもクリードやセフィリアといった原作でもおなじみのキャラが登場。声はないがイヴも登場し、彼らの動く姿をいち早く見られたのが良かった。

画像 TBSにて10月6日木曜日深夜1時25分より放送開始。MBS・CBCにて今秋深夜放送決定
タイトルBLACK CAT
原作矢吹健太朗
監督板垣伸
シリーズ構成神山修一
キャラクターデザイン・総作画監督秋山由樹子
美術監督池田繁美
音響監督三間雅文
音楽岩崎琢
アニメーション制作GONZO
キャストトレイン=ハートネット/近藤隆 スヴェン=ボルフィード/藤原啓治 イヴ/福圓美里 リンスレット=ウォーカー/ゆかな クリード=ディスケンス/三木眞一郎 セフィリア=アークス/井上喜久子 ジェノス=ハザード/櫻井孝宏 ミナツキ サヤ/豊口めぐみ
(C)2005 矢吹健太朗/集英社・BLACK CAT製作委員会

●ローゼンメイデン・トロイメント

 お次は2004年10月から12月にかけて放送された「ローゼンメイデン」の続編。意思を持ったドール・ローゼンメイデンたちが、アリスゲームという戦いの中でローザミスティカと呼ばれる指輪を賭けて戦いを繰り広げていく物語だ。今回はローゼンメイデンを作った人形師やアリスゲームなど、前作では明かされなかった謎に迫っていくそうだ。

 また、新たに2体のローゼンメイデンも登場するのもポイント。しかもそのうちの1人である薔薇水晶は、第1話で主人公である真紅に突然攻撃を仕掛けてくるなど、鮮烈な印象をもって現れる。

 「薔薇水晶は今回敵として登場しますが、まだまだ謎の多いキャラクターです」とは薔薇水晶役を演じる後藤沙緒里さん。どこか不気味な印象を与える薔薇水晶の登場によって、物語にこれからどんな波乱が巻き起こるのか!?

 もう1人の新キャラ・金糸雀(かなりあ)を演じるのは、まるでドールのような愛らしさを見せる志村由美さん。「金糸雀は自称頭脳派なんですが、超ドジっ娘のかわいいドールです」と自分が演じるキャラクターについて紹介してくれた。金糸雀は第1話ではまだ登場しなかったので詳細は分からないが、場を和ます癒し系のキャラクターになりそうな予感だ。

 また、水銀燈を演じる田中理恵さんは、水銀燈さながらのゴシックな衣装で登場。田中さんが「前作でバラバラにされた水銀燈が、今回完全復活する」と発表すると、会場はファンの大喝采に包まれた。前作でひと際印象深いキャラだったが、どのような復活を果たすのだろうか……?

画像 左から沢城みゆきさん(真紅役)、真田アサミさん(桜田ジュン役)、野川さくらさん(雛苺役)、志村由美さん(金糸雀役)、後藤沙緒里さん(薔薇水晶役)、田中理恵さん(水銀燈役)

 そのほか、第1話ではひきこもり少年だったジュンが、復学へ向けて努力している姿も見どころ。ジュンの成長には前作からのファンにとって感慨深いものがあるだろう。もちろんローゼンメイデンたちの愛くるしさは変わらず。特に彼女たちがみんなで食事をとっているところは、その愛らしさが表れる必見のシーンだ。

画像 TBSにて10月20日木曜日深夜1時55分より放送開始。MBS・CBCにて今秋放送予定。BS-iにて11月3日木曜日深夜1時より放送開始予定
タイトルローゼンメイデン・トロイメント
原作PEACH-PIT
監督松尾衡
シリーズ構成花田十輝
脚本花田十輝、岡田麿里、玉井☆豪
キャラクターデザイン石井久美
音楽光宗信吉
音楽製作Mellow Head
アニメーション制作ノーマッド
キャスト真紅/沢城みゆき 桜田ジュン/真田アサミ 水銀燈/田中理恵 雛苺/野川さくら 翠星石/桑谷夏子 蒼星石/森永理科 金糸雀/志村由美 薔薇水晶/後藤沙緒里 桜田のり/力丸乃りこ 柏葉巴/倉田雅世
(C)PEACH-PIT・幻冬舎コミックス/薔薇乙女製作委員会

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」