ニュース
» 2005年09月16日 16時29分 公開

東京ゲームショウ2005――SCEブース:PS2、PSP、そしてPS3へ!

プレイステーション 3への注目が集まるなか、PS2、PSPの出展タイトルも充実しており、見所、遊び所が盛り沢山のSCEブース。多くのタイトルがプレイアブル出展されていた。

[仗 桐安,ITmedia]

 華々しく幕を開けた東京ゲームショー2005。「最前列で、未来をみよう。」と言われたからには、実際に見てみなくては! と鼻息も荒くSCEブースへ。今年のSCEの目玉は言わずもがなプレイステーション 3。SCEが提示する未来を実際に触ってみたかったが、残念ながらプレイステーション 3タイトルについては、数十分に及ぶ各メーカーの映像出展のみ。本体とコントローラはモックの展示のみにとどまった。

画像 燦然と輝くPLAYSTATION3の文字!
画像 試遊台は大盛況!何分も待たなくてはならないタイトルが多数存在した
画像 もはやお馴染みの感もある、本体とコントローラ。発売はいつなのだろうか

 ただ驚きだったのは巨大なSCEブースの半分を使って特設されたプレイステーション 3の映像上映エリア。映画館にもひけをとらない大画面でプレイステーション 3の迫力の映像が楽しめた。ブースの半分という大きさにも関わらず、中は常に満員に近い状態。見終わった人が退けば後ろの人が徐々に前に進んでいくという方式で、まさに「最前列で未来がみれる」特設エリアだった。

 プレイステーション 3タイトルの映像で特に印象的だったのは「KILL ZONE」「METAL GEAR SOLID4」、「ARMORED CORE4」、「BIOHAZARD5」など。その緻密な描画力と息をのむほどの臨場感に来場者たちは釘付けだった。

 PS2とPSPのエリアも大盛況!特に「ローグギャラクシー」、「ワンダと巨像」、「SIREN2」「TALKMAN」の試遊はかなり並ばなくてはならない状態だった。PS2、PSPのプレイアブル出展は下記の通り。

PS2

  • ローグギャラクシー SCE
  • ワンダと巨像 SCE
  • SIREN2 SCE
  • ラチェット&クランク4th ギリギリ銀河のギガバトル SCE
  • コードエイジコマンダーズ 継ぐ者継がれる者 スクウェアエニックス
  • キングダムハーツ2 スクウェアエニックス
  • 機動戦士ガンダムSEED 連合vs.ザフト バンダイ
  • 新鬼武者 DAWN OF DREAMS カプコン
  • モンスターハンター2 カプコン
  • 大神 カプコン
  • 真三国無双4猛将伝 コーエー
  • メタルギアソリッド3サブシスタンス コナミ
  • 桃太郎電鉄15 五大ボンビー登場!の巻 ハドソン

PSP

  • 福福の島 SCE
  • ピポサルアカデミ〜ア2 SCE
  • バイトヘル2000 SCE
  • LocoRoco SCE
  • TALKMAN SCE
  • 戦国無双 コーエー
  • カラクリ テクモ
  • ワールドサッカーウイニングイレブン9 ユビキタスエヴォリューション
  • 僕の私の塊魂 ナムコ
  • スーパーロボット大戦MX バンダイ
  • モンスターハンターPORTABLE カプコン
  • メタルギアアシッド2 コナミ
  • 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳力トレーナー セガ

など

画像 「福福の島」は独特の世界観のなかで占いに囲まれた生活を送るゲーム。女の子に人気が出そうだ
画像 ローグギャラクシーは大人気だった。ドラクエ8を作ったスタッフの本気が感じられるタイトルだ。
画像 試遊台はてんこ盛り。どれから遊んだらいいのか迷ってしまうほど。
画像 トークマン試遊エリアではソフトを使った外国人との会話が楽しめた。

 また、PSPのゲームシェアリングを利用した対戦などができるスポットが用意されていた。自前のPSPでプレイしている来場者も多かった。なお、各タイトルやステージイベントについてのリポートは追って掲載する予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン