ニュース
» 2005年09月19日 08時00分 公開

賞金付きTCG「ディメンション・ゼロ」商品説明会にてゲームの流れが明らかに東京ゲームショウ2005――ブロッコリーブース

ブロッコリーブースにて、国内初の賞金付きトレーディングカードゲーム(TCG)「ディメンション・ゼロ」の商品説明会が行われた。本作ゲームデザイナーを務める遊宝洞の中村聡氏より語られた、ゲームの流れについて紹介する。

[遠藤学,ITmedia]

 ブロッコリーブースにて、国内初の賞金付きトレーディングカードゲーム(TCG)「ディメンション・ゼロ」の商品説明会が行われた。登場したのは、「ディメンション・ゼロ」ゲームデザイナーを務める遊宝洞の中村聡氏と、ブロッコリー代表取締役会長 兼 「ディメンション・ゼロ」最高開発責任者の木谷高明氏。

photo (右)ブロッコリー代表取締役会長 兼 「ディメンション・ゼロ」最高開発責任者 木谷高明氏。(左)「ディメンション・ゼロ」ゲームデザイナー 中村聡氏

 2人の口からは「ディメンション・ゼロ」の開発経緯に関しても語られたのだが、こちらの記事にてそちらはまとめられているため、ここでは「ディメンション・ゼロ」のゲームの流れについて、簡単ではあるが紹介を行っていこうと思う。

 カードには、本作で活躍する登場人物や生物が描かれた、バトルスペースに配置され攻防に使われる、つまり戦いの中心を請け負う「ユニット」や、場所や建物を表し、3×3のマスの外(ベーススペースのスクエア)に配置され、常時その能力を発揮し続ける「ベース」、そして道具や事件などを表し、使ったら即座に墓地にいく、1回限りの使い切りとなる「ストラテジー」の3種類が用意されている。

photo

 ゲームを始める前には、これらのカードを組み合わせた40枚のデッキを作成。よくシャッフルを行い、山札として裏向きで山札置場に置く。その後は先攻後攻といった順番を決め、5枚のカードを山札から引けば準備は完了となる。

 ゲーム自体は3×3のマス(スクエア)を利用して行われ、スマッシュ・ゾーン(3マス目)まで進むことで与えることができるスマッシュ・ポイント(ユニットカード右下に表示)にて、相手に7ダメージを与えれば勝利となる。また、手札がゼロになってしまった場合、それでも勝敗は決する。

photo

photo

 なお、自分のターンでプレーヤーが行うことができるのは順に、フリーズ状態の自分のカードをすべてリリースする「リリース・フェイズ」、カードを1枚ドローする「ドロー・フェイズ」、手札を1枚えらんでエネルギー・ゾーンに置く「エネルギー・フェイズ」、手札をプレイする、プランを作成・更新・プレイする、ユニットを移動する、ユニットやベースの能力を使用するといった行動が可能な「メインフェイズ」、相手にスマッシュ・ポイントを与える「スマッシュ・フェイズ」、すべてのユニットのダメージが全快する「リカバリー・フェイズ」となっているとのことだ。

 実際にプレイを行うことはできなかったので、残念ながらプレイリポートをお届けすることはできないが、公式サイトにてさらなる詳しいルールが掲載されているので、より本作を知りたいという人は、ぜひこちらをご覧いただければと思う。

 ちなみに商品説明会の最後には、木谷氏より「『ディメンション・ゼロ』は、当社が6年間続けてきたカードゲーム事業の集大成にしたいと考えています。カードゲームをやったことのあるユーザー層というのは、確実に広がっています。ですから、本作によってカードゲームというのものが、子ども遊び、マニアの遊びというだけではなく、本格的なゲームの1ジャンルとして確立させていきたい。いつでも好きな時に遊べる、もしくは競技性を求める人には、とことん競ってもらえるといったものにしていければと考えております」という力強いコメントが述べられるなど、「ディメンション・ゼロ」への意気込みが伺える内容となっていた。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」