インタビュー
» 2005年09月21日 12時00分 公開

アニメやマンガみたいなゲームを作りたかった。それが「ヨーグルティング」(1/3 ページ)

オープンβサービスが始まった「ヨーグルティング」。会員登録数はβサービス開始2日後で10万IDを越えるなど、かなりの人気を誇っているMMORPGだ。東京ゲームショウ2005の会期中というおそらくかなりの多忙な中、ガンホー・オンライン・エンターテイメントおよびNtixSoftの方に話を聞く機会を得たので、紹介していこう。

[聞き手:角田氷,ITmedia]

 今回の「東京ゲームショウ2005」に、ガンホー・オンライン・エンターテイメントは「ラグナロクオンライン」「エミル・クロニクル・オンライン」などの看板タイトルに加え、オープンβサービスを開始したばかりの「ヨーグルティング」も出展している。

 東京ゲームショウ2005の会期中というおそらくかなりの多忙な中、ガンホー・オンライン・エンターテイメント マーケティング部 古志野史嗣氏、コンテンツ開発部の鳥山主税氏、開発元であるNtixSoftのプロデューサー、ディ・コウ氏の3名に登場していただき、いま話題の「ヨーグルティング」について話を聞いてみた。

画像 左から鳥山氏、ディ・コウ氏、古志野氏

――「東放学園」で行われた発表会にも出席したのですが、タイトルがどうして「ヨーグルティング」になったのかちょっと分かりづらかったので……その命名理由から聞かせていただけますか。

鳥山主税氏(以下、鳥山) 命名については何度も聞かれましたよ、やっぱりあの説明では分かりにくかったですかね……。海外の本ですけど「新語・造語辞典」というのがありまして、その中に“ヨーグルトシティ”という言葉があるんです。ヨーグルトシティには新しいものが生まれる町という意味がありまして、そこから取ってます。

ディ・コウ氏(以下、コウ) 開発側でも最初にヨーグルティングという名前を出したときは、「え、それ何??」という反応でした(笑)。けれど新しさ、楽しさが続くようにという意味がこもっていますし、それに一度聞いたら忘れられないインパクトがありますしね。

――覚えやすい名前ではありますね。ところで昨日の発表で4年生のエピソード、武器、制服追加が明らかになりましたが、実はとても驚いているんです。舞台となるエスティバー学園と宵月学院は、高校生の世界だと思っていたので。韓国も6・3・3の学校制度のはずですが……。

古志野史嗣氏(以下、古志野) いえいえ、中高一貫教育の14〜15歳ぐらいだと考えてください。絵柄的には日本の学校にしか見えませんけど、あくまでヨーグルティングの“仮想世界”の学校です。最近はこれぐらい大人びた小学生も多いですけど……(笑)。

コウ 韓国でも、最初6年生まであるという設定で説明したところ、「なんだ子供の(小学生)ゲームか」と言われてしまいました。

――ちなみにエスティバー学園と宵月学院、どちらが人気ですか? 個人的に制服がカワイイ、宵月学院だと予想していますが。

古志野 実際宵月学院の方が人気ですね。旧校舎や地下売店といった、昔の学校にあった建物が多いので、どうもプレーヤーさんは懐かしさと親しみを感じるらしく、宵月学院のプレーヤーが多いです。

画像

画像

――ヨーグルティングはバックストーリーとして「突然起こったEVP(無限放学現象)に襲われ、先生も授業もなくなってしまった」という背景がありますよね。各エピソードやクエストをクリアすることで、この謎が少しずつ明らかになるはずですが、全部のクエストを終えて謎が解けてしまったら、ゲームが終わってしまいませんか?

古志野 MMORPGというのはたいてい、何をしても良いという自由度の代わりに、明確な目的・方向性を持ちません。そこが“エンディング”をいつか必ず迎える、コンシューマゲームを好むユーザーにも受け入れにくいものでした。

 ですから、学校に次々と起こる怪事件を解く、という目的を設置したのはヨーグルティング最大の特徴であり、従来のMMORPGとの明確な差別化をつけてるためです。

 全ての謎が明らかになるのは、だいぶ先のことにはなりますが、もちろんそれについては検討しています。そこではいったんストーリーが終わってしまうかもしれませんが、ヨーグルティングの世界は、まだまだ続いてきます。

――そう言えばエスティバー学園と宵月学院、2つの学園があるのにキャラクタースロットは1つしかないですね。

古志野 ヨーグルティングに関しては、キャラクターは複数必要ない、というのが我々の考えです。2つの学校は実質行き来が可能ですし、職業や種族の概念もなく、攻撃スキルはキャラクターではなく武器依存のため、武器さえ持ち替えればよいからです。普通は違うプレイスタイルを楽しみたければ、新規キャラクターを作り直して、1からの育て直しを要求されますが、ヨーグルティングなら1つのキャラクターに愛着を持ってずっと育成できるわけです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  6. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  9. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」