ニュース
» 2005年09月21日 16時58分 公開

オンラインコミュニティを活用した総合エンターテインメントビジネスをガンホーは目指すガンホー森下社長インタビュー(3/4 ページ)

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

――出口を広げるという点では、ECOの「シアター」というのはおもしろいシステムだと思うのですが、今後の展開はどのようになるのでしょう。

森下 シアターに関してはテスト的な側面が強いですね。ただし映像配信や音楽配信など、オンラインコミュニティの中で、さまざまなビジネスを展開できるのではないかと考えていました。

 実はこれまでも“テスト”的要素としていろいろ行っているんですよ。皆さんにはプロモーションと見えていると思うんですが。今年の1月にドラマを作りました。これをWebサイトでも放送しましたが。これも実はテスト要素の1つだったんです。実際にテレビドラマを作って、ビジネス的にどのような展開が考えられるか検討するためというのがありました。

 もちろんプロモーションや、ガンホーのユーザーサービスとしての側面もありますが、それに加えて、ドラマを作ることによって蓄積されるノウハウもあるわけです。うちの担当も「ノウハウがだいぶ分かったので、またやらせてください」と言っています。

 このように、シアターでは自主制作の番組を流すこともできるでしょうし、ゲームの中でコマーシャル的な、予告編集を流すこともできますし、何かの発表をすることにも使えるでしょうね。ただし、これまでのような「1対n」で流しっぱなしではなく、バーチャルリアリティのように、来ているお客さん自身の反応も見えるのがシアターの利点です。ドラマの公開録画のように「観覧希望」を募ることもできますよね。

 シアターについてはさまざまな展開を考え、ユーザーの反応を見ていかなければなりませんが、将来的にはこうしたコンテンツを提供することで、1500円のビジネスではなく、付加価値を提供した形での、プラスαの利益を得ることができればと思っています。これは、今後のオンラインゲームビジネスでは重要になってくるでしょう。このため、先駆けて、ECOの中にシアターを実装するわけです。

 木谷さん(注:ブロッコリー会長 木谷高明氏)からも、アニメの配信などをやりたいんだ、という話を聞いて、それは絶対やるべきです、となり実現したわけです。ブロッコリーのTV番組を放送できればブロッコリーファンも集まってきますし、ECOの放送番組を流して、生放送で実際に見ながらいろいろ楽しんだりするのもおもしろいですよね。将来的にビジネスモデルとして確立できれば、プラスαのコンテンツとして有用だと思います。

――今後もガンホーが行うプロモーションは、注意しなければなりませんね。今度は何をやるんだ、みたいな(笑)。

森下 そうですね(笑)。ドラマを始めるときにも、ビジネス的なテスト、という点を念頭に置いて作っていました。社内的には本当にプロモーション効果があるのか? という意見もありましたが、テストとしての意味がありますので、損をしているとは考えていません。「なんでガンホーがドラマ作ってるんだ?」「何をやってるんだ?」とは言われましたが(笑)。

――ところでRondoについて、東京ゲームショウ2005で発表される予定はあったのですか?

森下 いえ、その予定は全くありませんでした。今回はグランディアオンラインについての正式名称発表とコンセプトの公開、そして「北斗の拳オンライン(仮)」について、きちっと開発をしますと表明することは、予定となっていました。

 グランディアオンラインについては、“グランディアのオンライン版”と言うことはユーザーの皆さんも分かっていたとは思いますが、それがいわゆる「グランディア4」になるのか、全く新しいものになるのかが分からず、気になっていたと思うんです。そこで今回は“原点回帰”であり、グランディアに出てくる創世記の神話の部分を描くこと、グランディアの少し前の世界を描くことを発表しました。それに加えて、グランディアで明かされていない謎があるんですが、そこも解き明かしていけるようなゲームを考えています。

 グランディアも、さまざまな新しい“挑戦”を経てできあがったゲームです。そしてコンセプトとしてキーになってくるのは“冒険”ですね。グランディアの中にある人間賛歌ですとか、冒険といったコンセプトを、どのようにオンラインのコミュニティの中で表現するのかが大事です。これを実現するために、企画や開発に携わっているメンバーも、いわば“冒険”をしている最中です。最初に宮路洋一さんと話し合ったときにも、「グランディア魂ってなんだろうね」と語り合いました。その中でも原点回帰という気持ちが生まれてきたわけです。

――北斗の拳については、アニメ制作にはかかわっているのですか?

森下 いえ、関係ありません。今回は映像をお借りして、発表会に使わせていただいただけです。

――また、今回のTGSでユーザーが気になっていることのもう1つは、「ラグナロクオンライン2」だと思うんです。こちらについてはいかがでしょうか。グラビティの発表会にも社長は登場されましたし。

森下 基本的には、今回のラグナロクオンライン2に関しては、ガンホーからオファーしている話ではないので、我々の方からコメントすることはないんです。とは言っても、協力関係についてはもっと強化して、お互いのシナジーを発揮していこう、ということは考えています。これまでの状況から関係が変化することはありません。

 ポジティブな意味合いで、お互いが密接な関係を築いていくことは考えていますが、当社のブースでラグナロクオンライン2のプロモーションビデオを流したのも、お互いブースが隣同士でしたし、知らない間柄ではないから、です。いろいろな憶測はあるかもしれませんが、マーケティング協力という形でPVを流したわけです。今後は我々がどういった形で協力関係を広げるかという点については、協議している最中です。

――孫泰蔵会長がグラビティの株式を取得したことで、これまでよりグラビティとの関係が強くなった、ということはあるのでしょうか。

森下 この件についてはまだ時間が経過していないので、これからお互いが協議していくことになると思います。ただしガンホーはガンホーであって、経営と資本は分離して、独立性を保っているパブリックカンパニーですし、グラビティについても同様だと思います。我々は我々の戦略で進んでいますし、グラビティももっと成長しなければいけないでしょうし。その中で、お互いが協力できることがあれば、事業ベースで協力し合うことはもちろんあります。なんと言っても、すでにラグナロクオンラインで協力し合っているわけですから。変わることは何もないと思います。それ以上でもそれ以下でもないですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響