作品を支えるのは子供たち!?――テレビアニメ「capeta」アフレコ取材

「月刊少年マガジン」にて連載中の「capeta」が、この秋からテレビアニメとなって登場する。そのアフレコ取材に行ってみたのだが、いつもと違う光景にちょっとビックリ!?

» 2005年09月22日 15時13分 公開
[ひろいち,ITmedia]

 カートに魅せられた少年・平勝平太(たいらかっぺいた)の成長と活躍が描かれていく「capeta」。「月刊少年マガジン」にて好評連載中で、発売されているコミックス1〜8巻の売り上げが累計115万部を突破したという人気漫画が、10月4日にテレビアニメとして登場する。

 本作の主人公は小学4年生の男の子・平勝平太――通称・カペタ。父子家庭に育った彼は、仕事が忙しい父親に対して気丈に振舞ってはいるものの、寂しく退屈な日々をすごしていた。そんなある日、カペタの気持ちに気付いていた父が、廃材などを利用して作った手製のレーシングカートをプレゼントする。カートを走らせるため、さっそくサーキットへと向かうカペタたち。ところが、カートに乗り込んだカペタは、それが真っ直ぐに走らない代物だと気付く……。

平勝平太 -KAPPEITA TAIRA-(声/安藤直人)
小学4年生の男の子。通称カペタ。幼いときに母親を亡くしたため、父親と2人で暮らしている。父親から手作りのレーシングカートをプレゼントされたことをきっかけにドライバーとしての才能を開花させていく

安藤伸 -NOBU ANDOU-(声/滝原祐太)
カペタの同級生。密かに茂波に想いを寄せており、いつも茂波と一緒にいるカペタをいじめていた。しかし、とあることをきっかけに、カペタのことを応援するようになる

鈴木茂波 -MONAMI SUZUKI-(声/宮本侑芽)
カペタの幼なじみ。カペタの父・茂雄のことが大好き。そのため、茂雄の息子であるカペタの面倒は自分が見なくてはと思い込み、何かと世話をやく

 本作の原作者は曽田正人(そだまさひと)氏。人命を救うため危険に身を晒す消防士たちの姿を描いて人気を呼び、テレビドラマ化もされた「め組の大吾」や、天才バレエダンサーの日常を描いた「昴」など、ある世界に情熱を傾ける人々を熱く描いて多くのファンを虜にしている。そんな作風の曽田作品であるから、当然本作でもモータースポーツの世界が読者のハートを焦がすほど熱く描かれている。特にアニメーションならではの、白熱のレースシーンがテレビアニメではどのように描かれていくのか、非常に気になるところだ。

インタビューの様子はいつもとちょっと違います

 最初に「capeta」のキャスト表を見たときには、“知らない名前の人が多いな”と感じた。大抵の作品の場合、メインの役どころは有名声優が演じることが多いので、まったく知らない演者ばかりということはあまりない。とはいえ、新人を主役に抜擢することも少なくないので、特に気にはしていなかった。

 ところが、取材のためスタジオに入るとき、少しだけ違和感を覚えた。取材陣の後ろのからついていった際、前の人の肩口からスタジオ内がチラリと見えたのだが、椅子が並んでいるはずのところには三沢監督の顔しか見えなかったのだ。声優さんも中にいるはずなのだが……。

 スタジオに入ってみて、その謎はいとも簡単に解けた。大人の肩口からでは見えないくらいに小さくてかわいらしい少年少女たちが座っていたのだ。ちなみに、平勝平太役の安藤直人くんは小学6年生。安藤信役の滝原祐太くんが中学2年生。鈴木茂波役の宮本侑芽さんにいたっては、なんと小学3年生だ。身長についての言及は避けるが、三沢監督は写真撮影の際に「(中腰でいるため)腰が痛い……」と呟いていたことからも推察できると思う。メインの3人が並んで座っている姿には、あまりのかわいらしさに思わず微笑んでしまったほど。しかし、これでも彼らはすでに洋画の吹き替えなどをこなしている正真正銘のプロ。もちろん、本職であるアフレコは監督絶賛の名演技を見せてくれているようだし、不慣れなインタビューにも一生懸命答えてくれた。ときおりビックリするような核心を突いた発言も飛び出し、監督を驚かせるほどだった。

―― キャラクターを演じてみての印象を教えてください。

安達 カペタはすごく明るくて負けん気が強くて、でも優しくて、しかもカートもすごくうまいヒーローみたいな人だと思いました。

滝原 信は最初、カペタをイジメていたりもしたんですけど、カートに魅かれてカペタに協力するようになったりして、実はとてもいい奴なんだと思います。

宮本 茂波は優しいところもあって強いところもあって、ときどき怒ったりもするんですけど、でもとてもカワイイと思います。

―― 第1話のアフレコを終えてみて、苦労したことはありましたか?

安達 カペタは怒ったり笑ったりびっくりしたり悔しがったりと、他のキャラクターよりも表情の変化が多いので、その表現が難しかったです。

滝原 アニメのアフレコは初めてだったので苦労しました。アニメ独特の息遣いというのがあって、それに慣れるまでがとても大変でした。

宮本 茂波はすごく強がりなんだけど優しいところもたくさんあって、ただ強がっているだけじゃないという演技が難しかったです。

三沢 3人とも洋画の吹き替えなんかのお仕事はしているんですが、アニメの声というのは初めてらしいので、そのあたりも苦労していましたね。「どうして効果音が入っていないんですか」なんて、鋭い突っ込みもされてしまいました。

―― では洋画の吹き替えとアニメのお仕事での違いで、どのようなことに苦労されましたか?

安達 最初は慣れるために練習用のビデオをいただいて家で練習していたんですけど、台本のどの場面なのかもわからなくて練習もあせりながらやってました。

滝原 元の声が入っていないので、最初のうちはセリフをあわせるのが本当に難しかったです。どのタイミングでセリフを言っていいのか全然わかりませんでした。

宮本 最初に、絵の口だけが動いているのを見たときはびっくりしました。

―― 三沢監督にお伺いしますが、3人の演技はいかがですか?

三沢 もうバッチリです。とても自然な感じが出ていて、すごくいいものが出来ています。もちろんアニメらしい演技の要求というのも少しはしてしまうのですが、自然な演技がウリのひとつだと思いますよ。普段の声優さんとは違う、子供ならではの素の部分、特徴というのが存分に出ていると思います。この作品は彼らが支えているといっても過言ではないと思います。

―― では、本作の見どころを教えてください。

三沢 第14話までが小学生編ということになっているのですが、それまでは彼らが声を担当してくれます。カペタと同じくらいの年齢の子たちが一生懸命に頑張って表現してくれているリアルな演技をぜひ聞いていただきたいですね。あとは、お話ももちろん素晴らしいですし、カートが走っているレースシーンなんかにもぜひ注目していただきたいです。ちなみに私は「capeta」のお話をいただいてから、嫌と言うほどカートに乗らせていただきました。そのあたりの実際に体験してわかった感覚なんかも、うまく映像に反映できていればいいなと思いますね。

―― それでは演じられる3人にお伺いします。自分のキャラの見どころを教えてください。

安藤 カペタの場合は、ライバルの源奈臣と対決するところは見どころじゃないかなと思います。

滝原 カペタをいじめていた信が、カートに魅かれて変わっていくところは一番見てほしいです。

宮本 茂波はカペタのお父さんの茂さんのことが好きみたいなので、最初にそれを知ったときは驚きました。監督は「茂波は3人のなかで一番大人」だと言ってくれるので、そんな茂波の恋のお話も注目してほしいです。

―― 最後に、ファンの方々にひと言お願いします。

安達 どんなふうに声が入ってできあがるのか、本当に楽しみにしています。たくさんの人たちに楽しんでもらいたいです。

滝原 ファンの方々というよりも、実は自分が一番オンエアーを楽しみにしているんです。僕も一緒になって、アニメの放送を楽しみたいと思います。

宮本 絶対に見て欲しいと思います。よろしくお願いします。

三沢 見ろと。もう本当にそれだけです。現在も鋭意製作中ですが、必ずいいものができあがると思いますのでぜひ見てください。よろしくお願いします。

前列左から、滝原祐太くん、安藤直人くん、宮本侑芽さん。後ろは三沢伸監督。監督は写真撮影のあいだずっと中腰でいたため「腰が痛い……」と呟いていた。写真撮影が長くなってしまってスミマセンでした
  • 10月4日よりテレビ東京ほかにて毎週火曜日18時から放映開始
  • スタッフ:監督/三沢伸 シリーズ構成/上代務 キャラクターデザイン/興村忠美 音楽/佐橋俊彦 アフレコ演出/三ツ矢雄二 ダビング演出・音響効果/遠藤隆 音響制作/デルファイサウンド 制作スタジオ/スタジオコメット
  • キャスト(小学生編):平勝平太/安藤直人 安藤信/滝原祐太 鈴木茂波/宮本侑芽 平茂波/小手伸也 源奈臣/内籐玲 源奈々子/大輝ゆう
(C)2005 曽田正人・講談社/マーベラスエンターテインメント・エイベックス・エンタテインメント・創通エージェンシー・テレビ東京


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」