ニュース
» 2005年09月29日 19時48分 公開

ナムコの携帯アプリ、ポイントは「家庭用ゲームと連動」

ナムコが提供する携帯ゲームの中で、興味深いアプリがある。家庭用ゲームと連動させたアプリがそれだ。

[ITmedia]

 ナムコが10月以降リリースする携帯アプリの中で、注目といえば大作RPG「テイルズ オブ コモンズ」(9月29日の記事参照)。だがもう1つ、面白いのが家庭用ゲームと連動させたアプリもリリースすることだ。

 ナムコはテイルズシリーズ10周年記念として、プレイステーション2向けタイトル「テイルズ オブ ジ アビス」を開発したが、これと携帯アプリを連動させている。たとえば「ミュウの大冒険」では、携帯ゲームで遊んで入手したアイテムをテイルズ オブ ジ アビスでも利用できる。アイテムはアプリ上でパスワードに変換され、これをプレイステーション画面上で入力するとアイテムが取得できるという仕組みだ。もう1つのアプリ「ミュウのフォニック語事典」では、普通のユーザーでは何を書いてあるか分からないゲーム内の言語「フォニック語」を解読できる。これにより、ゲーム内で気になったワードを解読して納得したり、逆に自分で思いついたセリフをフォニック語に変換して楽しんだりといった楽しみ方ができる。

 ほかにもプレステで遊んでクリアしたデータをパスワードではきだし、これを携帯に入力することが可能。通信を利用して、“どれだけゲームクリアのデータが優れていたか”の全国ランキングに参加できる。

 ナムコCXカンパニーのWMC事業グループ、コンテンツ開発チームディレクターの郷田努氏は、こうした取り組みには理由があると話す。いまや家庭用ゲーム機のゲームは、開発コストがかかりすぎて単体では投資を回収できない……というのがそれだ。「事業戦略としては、ワンコンテンツマルチユースを目指すべき。それを目指さないと、投資を回収させることは難しくなってきている」。

 郷田氏は、ナムコでは事業部が縦割りではなく、ユニット制を採用する予定だと話す。ここに同社の強みがある。つまり、「モバイル事業部」といった区分けではなく、テイルズシリーズのゲームとして1つのチームがまとまるということだ。やはり部署が違うと、収益が単体で出ていないと問題視されてしまうのではないかという。

 郷田氏は、普通の企業ではほかの部署から連携を頼まれても、「それでうちの部署は収益が上がるの」と聞かれてしまうだろうと話す。「ナムコではプロジェクトマネージャーの研修を行い、『要は会社のサイフは1つだろう』という考え方を共有している」

 こうした考え方も含めて、テイルズの携帯アプリは先端的なのだとアピールした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた