レビュー
» 2005年10月12日 16時14分 公開

PSPユーザーすべてがライバル――“ユビキタス、はじめました”「ワールドサッカーウイニングイレブン9 ユビキタス エヴォリューション」レビュー(1/3 ページ)

サッカーゲームの代名詞「ウイニングイレブン」がPSPで登場。いつでもどこでも、手軽に楽しめるのが最大のポイントだ。とはいえプラットホームはPSP。やはり気になるのは、どこまでPSP用にアレンジされているのか、ではないだろうか。

[小城由都,ITmedia]
photo

3つの“手”がつくユビキタス

 この夏「ワールドサッカーウイニングイレブン9」(以下、ウイイレ9)」は、世界のサッカーとボクらをつないでくれた。そんなウイイレが、今度は舞台をPSPに移し、近所のサッカー好きとボクらをつないでしまう。

 すでに「ワールドサッカーウイニングイレブン8 ライブウエアエヴォリューション」で、ネットワーク対戦を実現した同シリーズだが、もっと“手軽”に、“手近”な相手と、“手元”で対戦を楽しめるのが本作「ワールドサッカーウイニングイレブン ユビキタス エヴォリューション」(以下、ユビキタス)なのである。

 UEFAチャンピオンズリーグも開幕し、FIFAワールドカップ ドイツ大会を来年に控え、サッカーファンのボルテージは上がるいっぽうの昨今。はてさて、本作はその熱気を加速してくれるのだろうか。期待に胸をふくらませながら、プレイ開始!

すごい、ウイイレ9そのまんまですよ

 1戦遊んでみた印象は、“本家ウイイレ9と、どこが違うの!?”である(ロード時間の長さも含む)。選手の挙動、ボールの動き、試合展開といったシステム面は当然としても、グラフィックまでもが同じクオリティを保っていることに驚かされた。選手が込み入った状態になると、多少処理落ちが見られるが、それも気になるほどの頻度ではない。

 コーナーキックのシーンになると、キッカーの姿が映らなくなる(左右に動かすと、体の半分は表示される)が、そんなものもご愛嬌。ウイイレ9をプレイした人ならスンナリと入り込めてしまうくらい“そのまんま”だ。PSPの潜在能力、開発者の苦労、その両方にある種の感動を覚えた瞬間だった。

photo これが“そのまんま”PSPで動きます

 これならウイイレ9で練習し、友達と対戦するときはPSPを持って出かける、なんて使い分けもできてしまうのではないか。ウイイレ9については、こちらでレビューされているので、ここでは細かい選手の動きなど、システム面については触れない。ここではあくまでもユビキタス独自のカラー、主に操作面と通信対戦について探っていきたいと思う。

対戦プレイを主眼に置いたアレンジ

 簡単に、ウイイレ9との違いを洗ってみた。

  • マスターリーグがない
  • トレーニングはフリートレーニングのみ
  • 実況がない
  • スタジアムは1カ所、天候の選択もない
  • WE-SHOPで買えるアイテムが少ない
  • 画面が横長になった
photo メニュー画面を見ても「マスターリーグ」の文字は見あたらない

 ファンにとって、マスターリーグがないのはちょっと寂しい。しかし、ユビキタスの特性を考えると、対戦を楽しむ人がメインの購買層になる。そういった意味では、この判断は当然の結果だ。選手の成長システムが複雑で、データも膨大なウイイレ9のマスターリーグだけに、容量の問題もあったのだろう。こればかりは自宅でプレイしたほうがよさそうだ。

 サッカーの一番の華は、やはりゴールシーンになると思う。もちろんシュートチャンスのおしいシーンを再度確認するのも、筆者のようなナルシストにはたまらない快感である。しかしユビキタスでは、試合後のリプレイはない。ゴールシーンのリプレイも、ゴールを決めた直後のみ。正直ちょっとガッカリだった。とは言え、サクサクと対戦を進めたい人にとって、こういった演出はロード時間を食うだけの余計なものなのかもしれない。そう考えれば、仕方のない判断だと言える。

photo ゴール後の選手個々のパフォーマンスも魅力のひとつだ

画面が、ゆ、揺れる

 自宅ですでに数百戦(シリーズ延べなら4ケタは軽く超える)を戦っている筆者にとって、一番気になったのは“画面のゆれ”だった。

 PS2でプレイしていたときはまったく気にならなかったのだが、意外と気合を入れてコントローラを操作していたようで、ボタン操作に力が入ってしまう。すると、必然的にPSPが揺れる。画面一体型のPSPなので、当然プレイ画面も、揺れる、揺れる。

 特に、グラウンダーのシュートを撃ちたいときや、フリーキックを短く出したいときは、ボタンをチョイ押しするわけだが、その操作が大きく画面を揺らしてしまう。

 最初のころは、この揺れで乗り物酔いに近い感覚を味わった。しかし人間というのは恐ろしいもので“遊びたい!”という欲求が“慣れ”を呼ぶ。慣れてしまえば、まったく気にならなくなるから不思議だ。

L2ボタンの代用は、SELECTボタンなのだが……

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  5. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」
  10. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい