連載
» 2005年10月18日 12時25分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:プレミアの発掘「アイドル八犬伝」 (4/4)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

時代を先取りした? 専門チャンネル構想

 時代を先取りしたといえば、プロデューサーのヤチヨがぶち上げた、エリカを売り出すためだけの専門チャンネル「ラブ・エリカ・チャンネル」構想もそうだ。

 当時は突拍子もない発想だっただろうが、現代なら、ネットストリーミングかCS放送で、十分実現可能である。

 しかもその資金を、株式の売買によって調達しているのだ。

 ただし放送局を買収するのではなく、新たに放送局を立ち上げるという計画だった。

 結果的に、電波ジャックという突拍子もないところに発展したが、計画は一応成功している。

 だから三木谷さんも、阿蘇山にアンテナ立てて電波を発信すれば……。

 ハチャメチャな成り行きではあったが、それでもエリカが無事デビューできたときには、なんだか感動できる。

 で、エンディングでデビュー曲を歌うわけだが……、

画像 電波ジャックに成功! 「私のデビュー曲“きみはホエホエむすめ”を歌いまーす」

 デビュー曲が「きみはホエホエむすめ」って、はっきり言って、イロモノ大王の手に落ちてないか?

 しかし名曲ではある。支離滅裂な歌詞と、キャッチーなメロディーが結びついて、印象に残る曲となっている。

 メロディー自体はBGMで何度も流れていて、エンディングで初めて歌詞がわかるという演出も良い。

 ちなみに作詞は、「地球防衛少女イコちゃん」や「いかレスラー」の監督として知られる、河崎実氏だ。

 「アイドル八犬伝」でちょっと残念なのは、仲間の何人かが今ひとつ目立たないまま終わること。

 一応ひととおり、全員に見せ場が設けられているのだが、格闘能力をほとんど生かせなかったミドリや、内政サイドのヤヨイやミサオは、いささか影が薄かったような気がする。

 もし今リメイクするならば、全員の特長が生かせるように、ウォーシミュレーションにするのはどうだろう?

 日本各地でキャンペーン。コーエーの「維新の嵐」みたいに、人々をどんどん説得して、エリカのファンにしていくのだ。

 ……ただ、このようなシステムにすると、確かに仲間たちの出番は増えるかもしれないが、「アイドル八犬伝」が持っていた、手軽さやスピード感は失われてしまう。

 いっそのこと、内容はそのままで、実写にしてリメイクというのはどうか?

 やけにくわし=ウエンツ瑛士さん。暗黒イロモノ大王=高田純次さん。ヤチヨ=ジャガー横田さん。あと、年齢設定を変えてでも、ヤヨイは眞鍋かをりさんでお願いしたい。株にも詳しいし。

 で、肝心のエリカだが、……いいキャストが思い浮かばない。

 個人的には若槻千夏さんか中川翔子さんが近いかなあとも思うが、でもちょっと違う。

 やっぱりファミコンで、あのグラフィックだからこそ(そしてあの時代だからこそ)、成立するキャラクターなのかもしれない。

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

ゲイムマンがblogを開設!

ゲイムマンのblog「砧公園秘密基地」へ遊びに来てみませんか? コメント・トラックバックをよろしくお願いします!

(C) トーワチキ (C)NATSUME 1989


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.