ニュース
» 2005年11月02日 14時24分 公開

歌いまくりでノリまくり――「ブロッコリー秋まつりコンサート」(1/2 ページ)

去る10月30日、ブロッコリー主催のイベント「ブロッコリー秋まつりコンサート」が行われた。その模様を出演者たちの写真も交えてお届けしよう。

[ひろいち,ITmedia]

 秋も深まり始めた10月30日。新宿区歌舞伎町にある新宿FACEにて、ブロッコリーが主催するイベント「ブロッコリー秋まつりコンサート」が行われた。「ギャラクシーエンジェルII(以下、「GAII」)や「クロスワールド」といった注目タイトルから多数の出演者を迎えたこのコンサート、公演時間は約2時間半、楽曲数は16曲にも及ぶ大ボリュームで、会場は終始ノリノリで大興奮に包まれていた。

 まず最初に登場したのは、文化放送で好評放送中の「Palletのからふる☆Pallet」でパーソナリティーをつとめる声優ユニット・Palletの4人(三好りえさん、阿部玲子さん、依田恵理子さん、近藤佳奈子さん)。彼女たちは会場を温めるべく開演10分ほど前に登場し、「心のパレット」を歌ってくれた。すると、開演前だというのにすでに会場は大盛り上がり。ファンたちは曲にあわせてジャンプを繰り返し、文字通り会場の温度が上がったのではと感じるほどの熱狂ぶりを見せた。

文化放送のラジオ番組から生まれた声優ユニット・Pallet。わずか1曲で会場を熱狂の渦に巻き込んでしまう彼女たちの今後の活躍にも期待だ

 そしていよいよ開演。トップバッターは、12月に行われるミュージカル「ギャラクシーエンジェル Re-MIX」から、蘭花・フランボワーズ役の小出由華さん、ヴァニラ・H役の明坂聡美さん、烏丸ちとせ役の中山恵里奈さんの3人。そのミュージカルでの披露が予定されている「ギャラクシーエンジェル」「いつも一緒にネ!」「Eternal Love」「エンジェル隊からあなたへ」の4曲を軽やかに演じ上げた。ミュージカルらしく、なかには身振り手振りを交えたストーリー性のあるフリ付けもあり、ただのライブとはまた違った趣を感じることができた。

12月に行われるミュージカルについて語った明坂さん。「観客の人たちの反応によって、ミュージカルの内容が変わるような部分もあるらしい」とお得情報をポロリ
観客の反応によって内容がかわるというミュージカルについて中山さんは「違うパターンの演技が見たいからって、シーンとするのはやめてください」と語り笑いを誘った
小出さんは、ハロウィンを意識して魔女の帽子をかぶって登場。ところが、客席にも魔女の帽子やかぼちゃのかぶり物を持ったファンがたくさんいて、驚いていたようだ

 続いて登場したのは、2006年2月23日発売予定のPS2ソフト「GAII」のメンバー。主人公のカズヤ・シラナミ役の小田久史さん、アニス・アジート役の花村怜美さん、カルーア・マジョラム役の平野綾さん。さらにミュージカルから引き続き登場したナノナノ・プディング役の明坂聡美さん、リリィ・C・シャーベット役の中山恵里奈さんの5人だ。

 ここでは、“主人公を演じる小田さんはエンジェル隊メンバーのことを理解していなくてはならない”ということで、小田さんに対してクイズが行われた。そのクイズとは、エンジェル隊メンバーの4人が描いたキャラクターの絵を見て、誰が描いたものかを当てるというもの。困難かと思われたが、小田さんは見事全員の絵を的中。隊長としての面目を保った。当の小田さんは「ここで間違えたら、これからの僕の立場が決まってしまうところだった」とヒヤヒヤものだったらしい。

一生懸命絵を描く4人。ところが、後半は時間が余ってしまい、落書きを始める人もいた
現在「GAII」の収録中だという小田さん。その台本の量は、全部でダンボール4箱分もあるらしい。そのため「主人公の声はスキップで飛ばさないでください」と切実に語っていた
小田さんも「みんなうまい」と絶賛の絵

 クイズに続いては「GAII」のエンディングテーマを歌う佐藤裕美さんも舞台上へ。クイズをしていたメンバーも含めた6人で「Eternal Love 2004」を熱唱。取材陣は客席最前列の前に作られた柵の中にいたのだが、観客はその柵を突き破って前に出てきそうなほどの熱い声援を送り続けていた(ちょっとだけ怖かった)。

 その後「GAII」のメンバーが退場。佐藤さん単独のライブが始まり、「Angelic Symphony」「Tears in snow」「秋月」の3曲を見事に歌い上げた。合間のトークでは、水を飲んだ際に客席から「それお酒ー!?」との声があがるという一幕が。佐藤さんのお酒好きはファンにも浸透しているようだ。佐藤さんは「お酒でもないし焼酎でもないから」と切り返して会場を沸かせていた。

 ここまで客席は終始ノリノリ。その「ジャンプし続けてパンパンに張っているであろうふくらはぎを休めてもらうため」と言いながら、オンラインゲームの雄・ガンホーの宣伝を担当している小島氏が、「エミル・クロニクル・オンライン(通称「ECO」)」の宣伝のため登場。さらに、「ECO」のイメージパーソナリティとしていろいろなイベントに同行している嘉陽愛子さんと、「ECO」のキャラクター・タイニーも登場した。

 その中で注目の情報がひとつ。「ECO」通常版をゲーマーズで予約すると、ゲームの世界でプレイヤーに着せることができるアイテム「でじこの衣装」をもらえるとのこと。この予約でしか手に入らないアイテムらしいので、「デ・ジ・キャラット」のファンやレアアイテムを収集したいという方は特に注目だ。

「ECO」のイメージパーソナリティ・嘉陽さんについて小島氏は「今後、とあるプロジェクトがあるが、内容は秘密」としながらも、「ファンの方々にふくらはぎがパンパンになるほど応援してほしい」と今後の展望が感じられるコメントも
途中登場したでじことタイニーが「どちらがカワイイか」でもめる場面も
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」