ニュース
» 2005年11月03日 16時05分 公開

Gacktとヴィンセントが共演!? スクウェア・エニックス「DCFFVII」で業界初の試みって? ――記者発表会(1/2 ページ)

スクウェア・エニックスは、ガンアクションRPG「ダージュ オブ ケルベロス-ファイナルファンタジーVII-」において、業界初となる試みでGacktとコラボレーションすると発表。東京国際フォーラムにおいて記者発表会を行った。

[加藤亘,ITmedia]

 「ダージュ オブ ケルベロス-ファイナルファンタジーVII-」(DIRGE of CERBERUS -FINAL FANTASY VII-)は、1997年1月にプレイステーション用ソフトとして発売され、今年3月までに全世界で968万本(国内はインターナショナル版含めて393万本、海外は575万本)販売した「ファイナルファンタジーVII」(FFVII)の3年後を舞台にしたガンアクションRPG。FFVIIにも登場したヴィンセント・ヴァレンタインを主人公にした「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」の一環として製作され、他のFFVIIのキャラクターも登場するなど他作品とのリンクも計られている。

 はじめに登壇したスクウェア・エニックス代表取締役社長・和田洋一氏は、未だにファンが多いFFVIIという作品を、多用なデジタルコンテンツの表現形態が多様化したことを受け、FFVIIの世界を様々な表現をもって描きたいと始まった「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」について説明。

 「様々な表現形態で露出しているFFVIIではあるが、やはり家庭用ゲーム機によるゲームを出さなくてはということで、今回プレイステーション 2というプラットホームで発売できることになった」と発売日が2006年1月26日に、価格が税込み8190円にて発売すると発表した。

スクウェア・エニックス代表取締役社長・和田洋一氏はまずFFVIIを支えてくれているファンへ向けて感謝を延べ、そして2006年1月26日、税込み8190円にて発売すると発表した

 続いて登壇した今作プロデューサー・北瀬佳範氏とコーポレート・エグゼクティブ・橋本真司氏によるゲーム概要説明と今回のアーティストとのコラボレーションについて解説。

 

 北瀬氏は、プレイステーションにプラットホームを変えたばかりの頃に登場したFFVIIについて、とても思い出深い作品であり、特別なものになりつつあると振り返る――。「その世界観やストーリー、そしてキャラクターに多くのファンがおり、自分たちもその後のFFVIIを作りたいと思っていた。ただ、単なる続編にはしたくなかった。どうせその後の世界を描くならば膨大な情報量と人気に答えるためには、複数の作品で、いろんな側面から語るべきではないかと思い、今回の『COMPILATION of FINAL FANTASY VII』という作品群が製作されることになった」と、「COMPILATION of FINAL FANTASY VII」の第3弾にあたる今作について言及。FFVIIを軸にした関連発展作品、「BEFORE CRISIS」「ADVENT CHILDREN」に続く、「DIRGE of CERBERUS」が純然たる家庭用ゲームであることを強調した。ちなみに第4弾となる「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-」がPSPにて発売されることが予定されている。

「FINAL FANTASY VII」の物語から3年後。突如として現れた謎の集団が各地を襲撃し始める。彼らは、メテオ災害により地下に閉じ込められたとされる、「ディープグラウンドソルジャー(DGソルジャー)」と呼ばれる兵士達だった。本作の主人公ヴィンセント・ヴァレンタイン自身が、この一連の事件になんらかの関わりをもっている様だが、その理由は不明。3年の間に地下で何が起きたのか? そこから始まる悲劇とは……

 ガンアクションRPGとあるが、ストーリーやキャラクター性を重視した作品であり、そこで一番の特徴であるという。今作ではマテリアによる魔法の発射や、リミットブレイクなど「FFVII」の要素も押さえつつ、アクション性を特化させたものになる。ほかにもオンライン対応のマルチプレイヤーモードを搭載するなど、元来の世界観を壊すことなく新しいFFVIIを描いていると北瀬氏は自信をのぞかせた。

 続いて登壇した橋本氏は、業界初となるアーティストとの画期的なタイアップを実現できたと説明。今作ではFFVIIの世界観と親和性が高く、かつ日本を代表するアーティストであるGackt氏とのコラボレーションがなされている。

 まずテーマソングにはGackt氏書き下ろしによる「REDEMPTION」が、挿入歌には同じく書き下ろしの「LONGING」と、2曲提供。また、楽曲の提供にとどまることなく、Gackt氏にはFFVIIに登場する重要な新キャラクターのひとりとしてゲームに参加している。

 この登場の方法が画期的なことで、Gackt氏をモーションキャプチャーで収録するのではなく、Gackt氏自身を実写で撮影し、その映像を最新CG技術により合成してゲームに融合させるというかつてない方法を用いているとのいう。Gackt氏とヴィンセントが同じ画面で共演するわけだ。

 ゲーム中着用している衣装は、キャラクターデザインを担当する野村哲也氏によるもので、この衣裳はGackt氏が現在行っている全国ツアー「Gackt Live Tour 2005 DIABOLOS 〜哀婉の詩〜」(2005 年9月23日〜12月24日)でも使用されている。

 「こうしたゲーム業界と音楽業界を連動した、エンターテインメントコンテンツの枠を飛び越えた現実と虚構が交錯する稀にみる画期的なコラボレーションで、多くのファンに指示をいただけるものと考えている」と橋本氏は挨拶を締めた。

左がプロデューサーの北瀬佳範氏。右がコーポレート・エグゼクティブの橋本真司氏。北瀬氏は「すばらしい楽曲を提供していただき感謝しています。Gacktさんが音楽の世界でアーティストとして大活躍されている事はみなさんご存知の事と思いますが、私はアクターとしてのGacktさんにも注目していました。もし、私達の作品にアクター&アーティストとして参加していただけたら一体どんな核融合が起こってしまうのか?そんなワクワクする出来事が今作でついに実現しました」とコメントを寄せている
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」