ニュース
» 2005年11月07日 20時36分 公開

賞金付きガチンコTCG「ディメンション・ゼロ」、運営組織「DPA」の設立記者会見を開催

ブロッコリーは、国産としては初めてプロ制度を導入し、年間プロ賞金2000万円を用意したトレーディングカードゲーム「ディメンション・ゼロ」の運営組織「DPA(Dimension0 Players' Association)」の設立記者会見を開催した。

[遠藤学,ITmedia]

 ブロッコリーは、国産としては初めてプロ制度を導入し、年間プロ賞金2000万円を用意したトレーディングカードゲーム「ディメンション・ゼロ」の運営組織「DPA(Dimension0 Players' Association)」の設立記者会見を開催した。

photo

 本記者会見には、DPA評議委員長として中島恒雄氏(ニッポン放送取締役)、評議委員として木谷高明氏(ブロッコリー代表取締役会長)と堀誠一氏(ガンホー・オンライン・エンターテインメント技術担当取締役)、ルール制定の最高責任者であるルールディレクターとして中村聡氏(遊宝洞)、そして大会運営部、管理部を総括、ルールの運用とルールディレクターの補助業務を行うアシスタントルールディレクターとして内野秀紀氏(ブロッコリー)の5名が出席した。

 まずは評議委員長である中島氏より「DPAの目的は、『ディメンション・ゼロ』の普及、健全な発展、社会的地位の向上を目的とします。役割としては、ルールの管理と紛争の裁定、公式大会の開催と運営、プレイヤーとジャッジの育成、認定、管理になります」といったようにDPA設立の目的と概要が語られた。

photo ニッポン放送取締役、DPA評議委員長 中島恒雄氏

 続いて、評議委員を務める堀氏からは大会制度が語られる。堀氏の話によると、「ディメンション・ゼロ」では、賞金総額400万円の「グランプリ」を年3回、賞金総額700万円の「日本選手権」を年1回開催。グランプリ、日本選手権ともに、各地域や店舗などで開催される公式大会予選を勝ち抜く、または招待選手となることで参加が可能となっているとのことだ。ちなみに、第1回目のグランプリは、1月上旬より全国各地にて予選が、1月下旬に本戦が開催される。

photo ガンホー・オンライン・エンターテインメント技術担当取締役、DPA評議委員 堀誠一氏

 堀氏は最後に「DPAが開催する大会に関しては、ユーザー同士のコミュニケーションの場であり、プレーヤーのためのイベントという形で盛り上げていきたいと考えています。私はガンホーに所属しておりますが、『ディメンション・ゼロ』については、久々に本格的なTCGが出てきたなと注目しておりました。今回、DPAの評議委員という大役を任されましたので、誠心誠意務めさせていただきたいと考えております」とコメントしてくれた。

 また、同じく評議委員を務める木谷氏からは「プロプレーヤーと認定されるには、規範となるべき人格を持ち行動を行う者、というのがあります。これはプロたる人物というのは、周りから見ても、品格を持ち、尊敬される人物であってほしい、プロとはそうあるべきだと考えてのことです。一度プロになれば、その権利は2年間有効となります」といったように、プロプレーヤー制度について語られた。なお、“2年経ってプロ資格を継続するにはどうすれば良いのか?”といった問題や、今後のDPAによる詳しい動きについては、今月または12月中に決定、公式サイト上にて発表が行われる予定とのことだ。

photo ブロッコリー代表取締役会長、DPA評議委員 木谷高明氏
photo このほか、ルールディレクターである中村氏は「強い人が本当に強い、そんなゲームデザインになっているのがディメンション・ゼロです。運の要素を完全に消すといったことはできませんが、やり込めばやり込むほど強くなります。大会にしても、一度負けてしまったら終わりというのではなく、実力のある人が上位にくることができる、そういった運営方式を考えています」と、ルールコンセプトの構想を披露してくれた
photo アシスタントルールディレクターである内野氏からは、PRIDEファイターである五味隆典選手がパーソナリティーを務めるラジオ番組「Dimension0 PRESENTS 五味隆典 天下無双(仮)」など、今後のプロモーション活動が語られた

 2005年11月26日の「ディメンション・ゼロ ファースト・センチュリー」の発売まで1カ月をきり、運営組織である「DPA」が設立されたことで、いよいよ本格的な始動を始めた感のある「ディメンション・ゼロ」。第1回目のグランプリに出場するプロとして、また栄えあるグランプリ優勝(優勝賞金100万円)を目指して、今後のDPAの動きに注目していてもらえればと思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」