レビュー
» 2005年11月07日 21時28分 公開

「ICO」同様、既存のゲームと比べることがナンセンス「ワンダと巨像」レビュー(3/3 ページ)

[立花裕壱,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

迫力に満ちた巨像バトル

 フィールド移動の次は、ゲームの中心とも言える一対一のバトルが待つ。巨像とワンダには、それぞれ体力メーターがあり、武器で攻撃することで巨像の体力をゼロにすれば勝ちだ(ワンダの体力メーターは時間とともに回復するので、危なくなったら岩場などに隠れてじっとしよう)。

 ワンダの武器は剣と弓の2種類あるが、巨像の体は固く通常の攻撃ではまったく歯が立たない。そこで狙うのは巨像の体のどこかにある弱点となる。剣で光を当てて弱点を見つけ、体を登っていき、力を込めて剣を突き立て、巨像の体力を減らす。これが対巨像戦の基本だ。

 弱点は多くの場合、頭や背中といった簡単には近寄れない場所にある。足やしっぽにある毛や装甲など、地上からつかめる部分にジャンプして取りつき、R1ボタンでしがみついて、上へ上へと登っていく。

 注意しなくてはならないのは「腕力メーター」。しがみついたままでいると減少し、なくなると力尽きて落ちてしまう。腕力メーターも手を放していれば次第に回復するので、ときには巨人の体で足場を見つけ、小休止することも必要だ。

 巨像はワンダを落とそうと、体をグルングルンと振るう。そんなときはR1ボタンを押す手にも力が入る。まるで小さなアリやノミになったような気分で、スリルは満点だ。腕から体へ飛び移ったり、背中から腹部へしがみつきながら回ったり、アクロバティックな未体験の感覚が味わえる。

 建物やブロックなど動かないオブジェではなく、動いているものの上で歩き、攻撃するのは難しい。きっちり自分が操作すれば成功する一般的なアクションと異なり、常にままならない感じがうまく表現されている。

 巨像には空を飛ぶもの、水中を泳ぐもの、地面を潜るものと種類があり、ゲームを進むにつれ一筋縄ではいかなくなる。直接対決と意気込む前に、敵の行動パターンを利用した謎解き的な頭の使い方もポイントだ。体がすべて鎧で覆われ、つかむ場所がない巨像には、闇雲に攻撃しても意味がない。わざと塔の上から攻撃して巨像を塔に激突させる、狭いところへ逃げ込み、巨像にのぞき込ませてヒゲにつかまる、たいまつに火をつけてかざし、敵をひるませる……。相手の動きをよく観察して、作戦を立てる必要があるのだ。

 ワンダひとりで戦うよりも、アグロと協力したほうが効率のいい場合もある。アグロは機動力があるので、巨像と距離を取りたいときや、巨像の後ろに回り込むときに役に立つ。馬上からジャンプをすれば、より高い場所へつかまることもできる。ステージによってはアグロに乗りなから弓を撃つ技術も問われる。

 本作では、アクション要素はICOよりも確実に高まっている。巨像の難易度にはバラつきがあり、あっけなく倒せる巨像もいれば、かなり手こずらされる巨像もいるだろう。ただ、巨像戦で負けてもリトライ機能があるので、何度も根気よく挑戦すればやがてクリアできるはずだ。

photo その巨大さに、圧倒させられる1体目。たとえ剣をかざし、弱点が分かったとしても、最初はなすすべもなく逃げ回ることになるだろう
photo 牛型の2体目。弓で弱点を撃つと体勢を変えるので、そこに取りつく。後半も使うことが多いテクニックだ
photo 3体目の巨人の表皮や装備にしがみついて登るワンダ。毛皮はふさふさしていて、まるで自分がノミのように思える
photo □ボタンを押しっぱなしにするとワンダは剣を構えて力を溜める。そこで放せば、剣を突き刺すアクションを取る

きっと心に何かを伝える、物言わぬドラマ

 クリアまでは10〜15時間程度と、一般的なゲームよりはかなり短めの部類に入る。クリアしたあと、2周目が追加されるものの、やり込み要素としては少し物足りないところだろう。

 この点は賛否両論あるが、本作を既存のゲームと比べること自体、意味のないことかもしれない。RPGやアドベンチャーのゲームとしての楽しさを提供するタイトルなら、ほかにいくらでもある。巨像の質感と圧倒的な存在感、神秘的な世界と心に残る語られない物語、これはワンダと巨像だけの素晴らしい点だ。

 次々と巨像を倒していくワンダ。この戦いの意味は一体何なのか。そして、儀式の果てに少女とワンダはどうなってしまうのか……。本作はじんわりと心に染み込んでくる、そんなタイトルだ。

photo 最後の一撃を与えると、巨像は黒い塵をまき散らし、哀しげな声を挙げて崩れ落ちる。達成感と切なさを同時に感じる瞬間だ
photo 戦いを続けるうち、ワンダの外見は徐々にボロボロになっていく。一体何が彼をこんな戦いに駆り立てるのか……
ワンダと巨像
対応機種プレイステーション 2
メーカーソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンルアクションアドベンチャー
発売日発売中
価格7140円(税込)
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」