レビュー
» 2005年11月11日 12時00分 公開

「高速機動隊 World Super Police」レビュー:狙ってるのか、本気なのか。ゲーマーを震撼させる衝撃作 (3/5)

[小泉公仁,ITmedia]

4面から先に進めない……。

 キャラクターデザインが変わったとはいえ、登場人物について多少の予備知識があった日本編(ブルーウィング)からプレイしていったが、「ミッション04」で早くも行き詰まる。

 このミッションでは、2台のセダンを撃破すればよいのだが、ターゲットには防弾装備が施されていて、こちらの攻撃が思うように効かない。我らがロバート隊長曰く、「防弾装備していようが、強度にだって限度ってもんがある。一気に畳み掛けるぞ!」と言うのでそうしたら、逆に一気に畳み掛けられてゲームオーバーになった……。

画像 隊長の言葉に従って、一気に畳み掛けるはずが……
画像 返り討ちにあって、ほとんど何もできないまま破壊されてしまう。何回トライしてみてもその繰り返し

 このミッションを難しくしているのは、敵の手榴弾による攻撃があまりに強力で、おまけにその手榴弾がよく見えないということだ。力押しで突破しようにも、敵よりも自分のヒットポイントの減りが圧倒的に早く、あっけなく瞬殺されてしまう。

 それならばと、作戦変更。「一気に畳み掛けるぞ!」という隊長の言葉は聞かなかったことにして、全車両にライフルを装備させ、手榴弾攻撃をかわしやすい遠距離からじっくりとダメージを与えることに。これは一見、奏功したかに思えた。少なくとも2台のうち1台は撃破できるようになったからだ。ところが、残りのもう1台もあと少しというところで、突然の「TARGET LOST」。なんじゃそりゃあ……。

 どうやら、一定区間を走行中に敵を倒せない場合にもゲームオーバーになるらしい。近づけばあっという間に自車が破壊され、遠巻きに攻撃すれば敵に逃げられる。いくら何でもこれは無茶だ。

 普段の私ならとうに投げ出しているところだが、今回は違った。このゲーム、確かにバランスは悪いが、その反面、これといった明快な解法も見あたらない。フォーメーション、パトカー、隊員、装備等々の組み合わせは、いくらでもある。「これでダメなら、こうしたらどうなる?」と、あらゆるパターンを思いつく限り試してみたくなるのだ。

 まず見直したのが、パトカーの台数。先述のように、仲間のパトカーが邪魔になることも多いので、最大限の5台を引き連れていくとかえって手に負えなくなる。そこで3台に絞り、攻撃力重視で隊員とパトカーを選ぶことにする。同時に、1つ前の「ミッション03」に立ち返ることも思い立った。このゲームでは、隊員やパトカーのダメージが完全には回復せず、次のミッションにも尾を引く。「ミッション04」を有利に進めるためには、「ミッション03」で極力ダメージを受けないことが重要だったのだ。

画像 大きなダメージを受けた隊員やパトカーは、次のミッションに出動させることができない。また、出動できる場合でも多少のダメージが残っていることもある

 それから何度リトライしたのか、何時間費やしたのかも思い出せないが、ついに紙一重でクリアできた。こんなに根気よく取り組んだゲームって、ここ最近であっただろうか。それ以降のミッションでも幾度となくコンティニューを繰り返す羽目になったが、「ミッション04」の比ではない。このゲームの最大の難関は、間違いなく日本編の「ミッション04」で、ここを乗り切れるならオールクリアも達成できるものと思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.