レビュー
» 2005年11月11日 12時00分 公開

「高速機動隊 World Super Police」レビュー:狙ってるのか、本気なのか。ゲーマーを震撼させる衝撃作 (4/5)

[小泉公仁,ITmedia]

唐突さ、支離滅裂さが、不条理な笑いを誘う

 発表当初からこの「高速機動隊」に関心を寄せた理由は、フォーメーションを駆使しながらのカーチェイスもさることながら、多彩な登場人物によって人間模様がどのように描かれるのかに興味があったから。ふたを開けてみれば、アメリカ編(レッドホーク)のシナリオ追加によって登場人物はさらに増えたが、人間関係はかなり淡泊。キャラクターデザインがよくできているだけに、これはもったいない。

 そもそも、ストーリー展開があまりに唐突すぎて置いてきぼりを食うし、中盤からは何やらサイバーパンクな雰囲気まで漂わせ、あらぬ方向へと走り出してしまう。「光天」だの「ボロゴーブ」だのと、集団や組織がポンポンと出てくるものの、その実態や関係性がほとんど語られないままに話が進むので、もう何が何だかわやになる。

画像 様々な組織や団体が次々と、それも唐突に出てくるが、その成り立ちや目的などがさっぱりわからないままに話が進む

 それ以上に、隊員たちの支離滅裂な会話が鮮烈なインパクトを醸し、本来ならシリアスな場面のはずが吹き出さずにいられなくなる。このゲームをプレイしていると、そんな迷場面、迷台詞の数々に幾度も遭遇すること必至なので、ブリーフィングは飛ばさずに全部見るべし、である。

画像 麻薬を服用しながら暴走行為を続ける若者たちを見て、「そんな奴に情状酌量の余地はない!」と気色ばむ富坂隊員に、「自分自身が法であるなどと思い上がってはならん」とたしなめるロバート隊長だったが……
画像 そのターゲットを強引なやり方で撃破したあげく、「法の裁きを受けろ!」とのたまうロバート隊長。ものすごい言行不一致……

 また、ミッションを進めるにつれてチームに配属される隊員たちも増えていくが、アメリカ編での登場シーンは特にすごい。

ユン:新しい隊員が配属になったわよ。

アイリーン:よろしくね。

ベルマ:みんな、よろしくね!

バーナード:バーニーと呼んでください。

 あっさりしすぎ……。いやいや、もうちょっと語り合おうよ。どういう経緯で隊員に志願したのかとか、何が得意かとか。安易に恋愛要素などを盛り込んでほしくはないが、せめて隊長(プレイヤー)と隊員たちとの信頼関係の構築を描くなり、それがゲームの展開にも何らかの形で作用するなどのひねりがほしいと思う。

画像 もう少し隊員たちとの交流が楽しめることを期待したのだが、「よろしくね。」の一言……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.