ニュース
» 2005年11月12日 19時15分 公開

TGS未出展を含む新作ソフトがずらりと勢ぞろい――入場時に渡される“ある紙”にも注目がGames Japan Festa 2005 in OSAKA(1/2 ページ)

2005年11月12日、日本テレビゲーム商業組合の主催による新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」が、マイドームおおさかにて開催された。出展社数は21、出展タイトル数は88。

[遠藤学,ITmedia]

 2005年11月12日、日本テレビゲーム商業組合(ゲームスジャパン)の主催による新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」が、マイドームおおさかにて開催された。出展社数は21、出展タイトル数は88(PS 2版とXbox版など重複含む)。記者は開場30分前となる午前9時30分に到着したのだが、無料で入場できることもあってか、朝早くからすでに多くの人が集まっていた。

photo 左側の赤い服の人がイベントスタッフで最後尾を示している。もちろん中にもたくさんの人が……

 今年の注目といえば、やはり12月10日に発売を控えるXbox 360だろう。ロンチタイトルである「パーフェクトダーク ゼロ」や「リッジレーサー6」を始め、プレイアブル出展が合計で16タイトルと、9月に幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2005よりも多くのタイトルを揃えており、各タイトルの開発が順調に進んでいる様子が伺えた。もちろん、会場内でも一番の注目で、常に人垣が絶えることはなく、プレイしたユーザーの中からは“やっぱり次世代機はすごい。注目したほうが良いかもしれない”といった声も聞こえた。

photo 「パーフェクトダーク ゼロ」(写真左)もそうだが、「PGR 3」(写真右)も純粋なゲームイベントとしては国内初出展となっていた
photo マイクロソフトブース(Xbox 360)は自然とこのような状況に……

 また、本イベントで初出のタイトルとしては、先に述べた「パーフェクトダーク ゼロ」や「フロントミッション5〜スカーズ・オブ・ザ・ウォー〜」、ゲームボーイアドバンス版「ファイナルファンタジーIV アドバンス」などが挙げられる。「FFIV」はRPGなので、特にプレイしづらいといったことはなかったようだが、スーパーファミコン版やプレイステーション版と比べ、どこが変わったのかを注目しながらプレイしていたユーザーが多かったようだ。

photo スクウェア・エニックスブースではこのほかに「キングダム・ハーツII」が4台、「スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団」が2台出展されていた

 そのほか、基本的には東京ゲームショウ2005にて出展されていたタイトルが中心であったものの、「Jリーグウイニングイレブン9 アジアチャンピオンシップ」、「スライムもりもりドラゴンクエスト2 大戦車としっぽ団」、「ソウルキャリバーIII」、「マリオカードDS」といった、すでに発売まで1カ月をきっているタイトルには特に注目が集まっていた。

photo 「ソウルキャリバーIII」の撮影をしようとしたところ……「僕の私の塊魂」をプレイする王子コスプレイヤーが! これはこれでかなりの注目を集めていたようだ
photo 「マリオカートDS」を始め、「おいでよ どうぶつの森」や「マリオパーティー7」といった任天堂ブースの試遊台には、小学生以下の子どもの姿が多く見られた
次ページは、最も長い待ち時間を記録した“あのタイトル”と、入場時の“あの紙”について
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  8. /nl/articles/2207/06/news159.jpg 鈴木えみ、武井咲&桐谷美玲の“ママ友”3ショットを公開 豪華メンバーに「なんて美しいママ会」と反響
  9. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  10. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」