ニュース
» 2005年11月14日 15時19分 公開

ゆうこりんがバスガイドやお姫様でおもてなし――オシャレ魔女 ラブ and ベリー「親娘オシャレ バスツアー」

セガは女の子に人気の「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」“オシャレグッズキャンペーン スペシャル”イベント 優子といっしょに遊びましょ!「親娘オシャレ バスツアー」を11月13日、“ゆうこりん”こと小倉優子さんと一緒にバスツアーを行った。

[加藤亘,ITmedia]

 「親娘オシャレ バスツアー」は、9月1日から30日までの期間に実施された「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」のキャンペーン「オシャレグッズキャンペーン スペシャル」の応募者を対象に企画されたもので、応募総数約4万通の中から抽選で選ばれた20組40人の小学生の女の子とそのお母さんとが、2005年度イメージキャラクターの小倉優子さんと一緒にバスツアーを楽しむイベント。

 早朝新宿に集まったラッキーな親娘には、小倉さんが登場することは知らされていたものの、実はどこに行って何をするのかは知らされないまま。いわばミステリーツアーという趣向のため、皆どこかそわそわしている。集まった参加者は、さすがに「オシャレ魔女」を楽しむ女の子たちだけに、みんなオシャレ。こうして、期待に胸膨らせたまま、親娘と取材陣を乗せたバスは2台に分乗して目的地へと出発した。

出発地の新宿では小倉優子さんはまだ姿を見せず。その間、車内では「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」の各ステージに流れる歌を一緒に歌ったり、ゲームに関する質問コーナー、そしてアンケート調査などが行われた。お母さんからも「舞踏会ステージの男の子は彼氏ですか?」などするどい質問も。ちなみに彼氏ではないらしい。またラブとベリーは同じ家に住んでいる設定で、互いに誕生日は9月6日、11月11日と決められているが、血液型はまだ決まっていないそうだ……

 「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」は、カードをつかってオシャレを楽しむゲームで、先日、「2005秋冬コレクション」が出たばかり。従来のものにさらなるアイテムが追加され、コーディネイトが多彩になっている。プレーヤーは「ラブ」か「ベリー」のどちらかの魔女を選択し、魔法でオシャレをする。そのうえで2人ともダンスが大好きということで、ダンスパーティで目立ったほうが勝ちとなる。勝つためにはオシャレに磨きをかけなくてはならないというわけだ。

 モードは6つ。着せ替え時間が長い初心者向けの「ちょーかんたん」、スペシャルボーナスが入ることもある中級者向けの「おすすめかんたん」、失敗するとオシャレパワーが0になっちゃう上級者向け「ちょーむずかしい」のほか、公式オシャレコンテスト向けの練習ができる「たいかいれんしゅう」、ゲーム中にキャラクターとラッキーカラーを変えることができコーディネイトのチェックができる「オシャレけんきゅう」、オシャレとダンスで2人で対決できる「ふたりでたいせん」と充実。

 男の子が「ムシキング」で昆虫を集めるように、女の子は「オシャレ魔女」で洋服やオシャレアイテムカードを集め、ステージの相性やその場の流れを読んで勝負に挑む――実に女の子の心をよくわかったゲームで、現在爆発的に全国展開されている。今回のイベントに4万通の応募があったのもうなずける。

 バスは1時間ほどでサービスエリアに。ここで“ゆうこりん”こと小倉優子さんがピンク色のバスガイド姿で登場すると、女の子たちはさることながら、お母さんたちも色めき立つ。いたる所で「かわいい」と黄色い声があがっていた。

 小倉さんとは次のサービスエリアまでの間、1人ひとりと挨拶したり、アイドルステージの「Re-Born」(リボン)を一緒に歌ったりと短いながらも楽しい時間を送る。女の子たちは歌いながらもボタンを押すのに余念がなく、全員ぴたりとタイミングがあったいるのが印象的だった。

 質疑応答の時間では、最近誕生日だった小倉さんのためにみんなでハッピーバースディを歌う一幕も。次のサービスエリアで小倉さんは2号車へ移動し、同じように参加者と触れあいながら、目的地へと向かう。ここで今日の目的地が“お城”だと判明。目指すは群馬県大理石村にある「ロックハート城」に。

女の子にも大人気の“ゆうこりん”はラブのほうが好きとのこと。参加者からの質問では、小さい頃はみんなのように1人でしゃべることができない子だったと明かす。「かわいい女の子ばかりでびっくりしてます。お母さんもみんな若くてキレイで。きっと皆さんゲームでかわいい洋服をいっぱい着せてあげているんだと思いました。またあとで会いましょう」と次のバスへ移動した

 小倉さんが降りたあとは「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」に関するクイズ大会を行うも、簡単だったのか、それとも参加者がツワモノぞろいだったのか全問正解が続出。そうこうしているうちに「ロックハート城」へと到着した。

群馬県大理石村にある「ロックハート城」は、1829年に英国エジンバラに建てられ、1993年ここに移築復元されたもの。城の名前の由来からか園内には、ハートをモチーフとした“恋”に関するスポットが点在しており、永遠の愛を誓う恋人たちの願いで溢れている。教会が併設しているため、結婚式も多いらしく、この日も2組行われていたようだ。ロックハート城内には俳優の津川雅彦氏寄贈による世界のサンタクロースコレクションなどが展示されている

 ロックハート城前にあるレストランに通された親娘たちは、小倉さん主催によるランチパーティーに参加。お姫様の衣裳に着替えた小倉さんが登場するとやっぱり参加者から黄色い声が飛ぶ。ランチパーティーは、バイキング形式で行われ、小倉さんも舌鼓を打つ。食事中には小倉さんと女の子たちとの2ショット撮影会や、ケーキの取り分けなどサービス満載。

 その後、自由時間をはさんで、「オシャレ魔女 ラブ and ベリー」グッズのテッシュボックス作りや、オシャレ占いで女の子たちは大はしゃぎ。小倉さんも含めてのプレゼント交換会では、セガから提供された関連グッズが贈られるなど、女の子たちはもちろんのこと、お母さんたちにとってもいい思い出となるイベントとなったようだ。

バスガイドからお姫様に変身してお出迎え。ランチパーティーの最後には小倉さん自らが参加者へケーキの取り分けをしてくれた。好きなケーキはどれ? と優しく接する小倉さんに女の子たちも盛んに話しかけるようになっていく
プレゼント交換会のあとは、ランチパーティーの際に撮影した参加者1人ひとりの写真と、ラブとベリーの写真とが合わさった記念品が渡された
最後は小倉さんと一緒にロックハート城をバックに記念撮影。お別れの時間となって「ゆうこりん、バイバイ」と子供たちは挨拶。小倉さんも「今日はとても楽しかったです。これからも『ラブ and ベリー』で遊んでくださいね」と別れを惜しんだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2108/03/news132.jpg 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  2. /nl/articles/2108/04/news073.jpg 伊東美咲、12年ぶりのテレビ出演に大反響 “不変の美貌”に「44歳信じられない」「本当に美しい人」の声
  3. /nl/articles/2108/04/news015.jpg 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  4. /nl/articles/2108/03/news023.jpg その人はやめとけって! 漫画「情緒をめちゃくちゃにしてくる女」シリーズを読んでキミもめちゃくちゃになろう
  5. /nl/articles/2108/04/news104.jpg 辻希美、自宅リビングが規格外の広さ 子ども3人が余裕でブランコ遊びできる室内に「羨ましい限り!!」
  6. /nl/articles/2108/03/news029.jpg もしや女として見られていない? 突然の別れ話に「勝負メイク」で抵抗する漫画 彼氏の言葉がじんと響く
  7. /nl/articles/2108/04/news138.jpg アゼルバイジャン五輪代表チーム内で、意外な日本語がトレンドに 「落ち込んじゃったら日本のみんなはなんていうの?」
  8. /nl/articles/2108/04/news103.jpg 世界のミフネ刺されまくり! 三船美佳、父・敏郎さんの“パパの顔”を引き出した親子ショットに反響
  9. /nl/articles/2108/04/news028.jpg 宿題の日記に適当な妄想書く → 感動した先生がクラスの前で読み上げ 小学校の思い出を描いた漫画がこっちまで叫びたくなるつらさ
  10. /nl/articles/2108/04/news107.jpg 輪になって踊ろう! 太田雄貴、五輪選手村でスペイン代表選手と国際交流「悲壮感なく楽しむ彼女達が眩しかった」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くたばれ」「消えろ」 卓球・水谷隼、SNSに届いた中傷DM公開&警告「然るべき措置を取ります」
  2. 「貴さん憲さんごめん。いや、ありがとう」 渡辺満里奈、とんねるずとの“仮面ノリダー”思い出ショットが大反響
  3. 怖い話を持ち寄って涼もう→「オタバレ」「リボ払い」 何かがズレてる怪談漫画がそれはそれで恐ろしい
  4. おにぎりパッケージに四苦八苦していた五輪レポーター「日本の素晴らしい人々に感謝」 大量アドバイスで見事攻略
  5. 「助けてください」 来日五輪レポーター、おにぎりパッケージに四苦八苦 海外メディアにコンビニが大人気
  6. 「うちの子に着せたい」の声殺到 五輪会場で編み物をしていた英金メダリスト、作っていたのは「ワンちゃんの服」
  7. 五輪飛び込み金メダリスト、“手作りメダルポーチ”披露 英国と日本にちなんだデザインが「これまた金メダル級」と反響
  8. 武井壮、行方不明だった闘病中の父親を発見 「電気ついてるのに鍵閉まってて……」本人は自宅外で休憩
  9. 「涙が止まらない」「やっと一区切り」 東原亜希、夫・井上康生の監督退任で“17年分の思い”あふれる
  10. 水谷隼スタッフが一部マスコミの“行き過ぎた取材”に警告 住民を脅かすアポなし行為に「しかるべき措置を検討」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する