レビュー
» 2005年11月17日 09時28分 公開

ファーストしか認めないとか言う前にまずやってみろ「機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.」レビュー(1/3 ページ)

本放送時にガンダムを見ていたものの、初代以外はほとんど知らないのだが、そんなプレーヤーでも格闘アクションとして楽しむことはできるのだろうか? ふとした疑問から、今回はこのタイトルを取り上げてみた。

[篠崎薫,ITmedia]

ガンダムには、格闘ゲームがよく似合う

 「機動戦士ガンダム」シリーズといえば、1979(昭和54)年に本放送が開始されて以来、現在まで長く続いているアニメ番組だ。「サザエさん」や「ドラえもん」、「ちびまる子ちゃん」のようなお茶の間人気ではなく、根強いファンを持っていることでも有名だろう。さらには関連グッズも数多く発売されており、ゲーム・アニメ界にいる人間ならば、知らない人はいないと言えるほどメジャーな作品となっている。

 しかしシリーズものとはいえ、その中身を見ていくと細かに区切れていることが分かる。このあたりを語り出すと、本が1冊書けてしまうぐらいの量になるため、本稿ではこれ以上追求することはしない。

 それにしても、ゲームが発売されるたびに、ガンダムほど格闘ゲームが似合う作品もないのでは? と思ってしまう。ガンダムが登場するシミュレーションRPGもあるが、ユニットとしてチマチマ移動させているよりも、大胆に操りつつ敵を倒すという、パイロットと同化できるスタイルが一番しっくり来ると思うのは、意外に数多くの人が思っているはず。プレイできるかどうかは別として……

 そんなガンダムシリーズの最新作品として放映されていたのが、この秋に終了した「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」だ。話の内容に関しては色々と見識の分かれるところらしく、特に最終回については、友人からも苦言を聞いたほど(笑)話題性の高いアニメだった。本作品「機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.」は、テレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の前に放映されていた番組「機動戦士ガンダムSEED」を題材にした、格闘アクションだ。

 すでに、同盟タイトルの作品がアーケードで稼働しているが、そのプレイステーション 2移植版となる。原作付きのゲームでは、元になる作品を知らないとまったく遊べなかったり、プレイしていても意味不明な部分が多々出てくる場合もあるが、少なくとも本作ではそのようなことはないので、格ゲー好きなプレーヤーであれば、安心して遊べることを最初に述べておこう。

仕事であることを忘れて熱中してしまうほど、久々にハマる格闘アクションゲーム。のめり込みすぎると、つい「うざいんだよ!」など、キャラと同じセリフを吐きつつプレイしてしまう。周りに家族がいる人などは、注意してプレイしたい

細部に至るまで、ほぼアーケード版と同じ出来

 バンダイの公式サイトにもあるように、本作はアーケード版をPS2へと移植したタイトルだ。基本的なルールの変更はなく、2on2で戦いを繰り広げ、敵戦力ゲージを0にすれば勝利となる。ゲージを減らすには敵を倒せばいいわけだが、機体にはそれぞれコストと呼ばれる単位が付いていて、これが大きいほど強くなるだけでなく、倒されたときの戦力ゲージの減り方も大きい。強い機体を選んでプレイするなら、自機の耐久力を大事にして戦う必要があり、その反対ならば物量作戦で行くことも不可能ではない、となる。

 もちろん、相手の戦力ゲージを早く減らしたいときは、強い機体を狙って倒せばいい。これがあることにより、どの敵を優先して倒そうか、という楽しみ方が生まれるのだ。実際にプレイしていても「強い敵を倒せば倒せるけれど、周りにいるコストの低く弱い敵を倒した方が楽なので、どちらを倒すか」と、しばしば悩まされた。ただ戦うだけではないおもしろさも、一緒に含まれていると言えるだろう。

基本的には、敵を3〜6機程度倒せば勝利となる。非常に単純明快なルールなので、悩むことはナシ
強い機体ほど、負けたときの戦力減少も大きい。最初の機体選びは慎重に行いたい。なお、コンティニューしたときに機体の変更はできない
2対3などの戦いになると、倒す順番が重要になってくる。しかし、それよりも必要なのはテクニックなのだが……

 とはいえ、アーケード版そのままというわけではなく、移植に際していくつか変更されてる部分がある。一番大きいのは、アーケードではタイムリリースとして登場していたキャラが、最初から選べるようになっている点だろう。本作は、最初に機体を選んだ後、パイロットの選択へと移る。その際、稼働したばかりのアーケードでは「原作アニメにて、その機体に搭乗したことのあるキャラ」だけが選べたが、PS2版ではその制限が解かれ、自由に選択が可能になっている。ゲームは各キャラごとに異なった展開を見せるのだが、それを最初から楽しめる仕様になっていることは、非常に喜ばしいことといえよう。

余計なことをしなくても、アーケードでタイムリリースとなっていた機体が最初から選べるのは、やはりありがたい
キャラが自由に選択できるので、自分の使いやすい機体で全ルートをクリア、なんてことも最初から可能だ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」