レビュー
» 2005年11月17日 09時28分 公開

ファーストしか認めないとか言う前にまずやってみろ「機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.」レビュー(1/3 ページ)

本放送時にガンダムを見ていたものの、初代以外はほとんど知らないのだが、そんなプレーヤーでも格闘アクションとして楽しむことはできるのだろうか? ふとした疑問から、今回はこのタイトルを取り上げてみた。

[篠崎薫,ITmedia]

ガンダムには、格闘ゲームがよく似合う

 「機動戦士ガンダム」シリーズといえば、1979(昭和54)年に本放送が開始されて以来、現在まで長く続いているアニメ番組だ。「サザエさん」や「ドラえもん」、「ちびまる子ちゃん」のようなお茶の間人気ではなく、根強いファンを持っていることでも有名だろう。さらには関連グッズも数多く発売されており、ゲーム・アニメ界にいる人間ならば、知らない人はいないと言えるほどメジャーな作品となっている。

 しかしシリーズものとはいえ、その中身を見ていくと細かに区切れていることが分かる。このあたりを語り出すと、本が1冊書けてしまうぐらいの量になるため、本稿ではこれ以上追求することはしない。

 それにしても、ゲームが発売されるたびに、ガンダムほど格闘ゲームが似合う作品もないのでは? と思ってしまう。ガンダムが登場するシミュレーションRPGもあるが、ユニットとしてチマチマ移動させているよりも、大胆に操りつつ敵を倒すという、パイロットと同化できるスタイルが一番しっくり来ると思うのは、意外に数多くの人が思っているはず。プレイできるかどうかは別として……

 そんなガンダムシリーズの最新作品として放映されていたのが、この秋に終了した「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」だ。話の内容に関しては色々と見識の分かれるところらしく、特に最終回については、友人からも苦言を聞いたほど(笑)話題性の高いアニメだった。本作品「機動戦士ガンダムSEED 連合vs.Z.A.F.T.」は、テレビアニメ「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の前に放映されていた番組「機動戦士ガンダムSEED」を題材にした、格闘アクションだ。

 すでに、同盟タイトルの作品がアーケードで稼働しているが、そのプレイステーション 2移植版となる。原作付きのゲームでは、元になる作品を知らないとまったく遊べなかったり、プレイしていても意味不明な部分が多々出てくる場合もあるが、少なくとも本作ではそのようなことはないので、格ゲー好きなプレーヤーであれば、安心して遊べることを最初に述べておこう。

仕事であることを忘れて熱中してしまうほど、久々にハマる格闘アクションゲーム。のめり込みすぎると、つい「うざいんだよ!」など、キャラと同じセリフを吐きつつプレイしてしまう。周りに家族がいる人などは、注意してプレイしたい

細部に至るまで、ほぼアーケード版と同じ出来

 バンダイの公式サイトにもあるように、本作はアーケード版をPS2へと移植したタイトルだ。基本的なルールの変更はなく、2on2で戦いを繰り広げ、敵戦力ゲージを0にすれば勝利となる。ゲージを減らすには敵を倒せばいいわけだが、機体にはそれぞれコストと呼ばれる単位が付いていて、これが大きいほど強くなるだけでなく、倒されたときの戦力ゲージの減り方も大きい。強い機体を選んでプレイするなら、自機の耐久力を大事にして戦う必要があり、その反対ならば物量作戦で行くことも不可能ではない、となる。

 もちろん、相手の戦力ゲージを早く減らしたいときは、強い機体を狙って倒せばいい。これがあることにより、どの敵を優先して倒そうか、という楽しみ方が生まれるのだ。実際にプレイしていても「強い敵を倒せば倒せるけれど、周りにいるコストの低く弱い敵を倒した方が楽なので、どちらを倒すか」と、しばしば悩まされた。ただ戦うだけではないおもしろさも、一緒に含まれていると言えるだろう。

基本的には、敵を3〜6機程度倒せば勝利となる。非常に単純明快なルールなので、悩むことはナシ
強い機体ほど、負けたときの戦力減少も大きい。最初の機体選びは慎重に行いたい。なお、コンティニューしたときに機体の変更はできない
2対3などの戦いになると、倒す順番が重要になってくる。しかし、それよりも必要なのはテクニックなのだが……

 とはいえ、アーケード版そのままというわけではなく、移植に際していくつか変更されてる部分がある。一番大きいのは、アーケードではタイムリリースとして登場していたキャラが、最初から選べるようになっている点だろう。本作は、最初に機体を選んだ後、パイロットの選択へと移る。その際、稼働したばかりのアーケードでは「原作アニメにて、その機体に搭乗したことのあるキャラ」だけが選べたが、PS2版ではその制限が解かれ、自由に選択が可能になっている。ゲームは各キャラごとに異なった展開を見せるのだが、それを最初から楽しめる仕様になっていることは、非常に喜ばしいことといえよう。

余計なことをしなくても、アーケードでタイムリリースとなっていた機体が最初から選べるのは、やはりありがたい
キャラが自由に選択できるので、自分の使いやすい機体で全ルートをクリア、なんてことも最初から可能だ
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/13/news017.jpg 庭での穴掘りが見つかった柴犬→「やべっ」 考えた末にとった行動に「掘るんかいw」「元気で何より」の声
  2. /nl/articles/2208/13/news055.jpg 佐藤仁美、ド派手なファッションセンスにマネジャーも驚き 「電車じゃ誰も隣に座ってくれない」
  3. /nl/articles/2208/13/news056.jpg ムスカ「すばらしい!」 スタジオジブリ、セリフ付きのキャラ画像を投稿 「常識の範囲内で、自由に使ってください」
  4. /nl/articles/2208/13/news053.jpg 「天空の城ラピュタ」のドーラ、“若いころはシータにそっくり”は本当だった! 金ロー解説ツイートに「気付かなかった」「初めて知った」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news156.jpg 『呪術廻戦』渋谷駅前ジャックの高画質動画を公式が公開 「鳥肌やべぇ」「格好良すぎ」とファン大興奮
  7. /nl/articles/2208/13/news021.jpg 飼い主を亡くしたシニア大型犬を家族に迎え…… 先住犬とのドキドキの初対面に「少しずつ仲良くなれますように」
  8. /nl/articles/2208/12/news142.jpg 片側を伸ばしたゼムクリップの使い道とは? 情シスならわかる“あるある”に「お世話になりました」「私の机にもある」
  9. /nl/articles/2208/13/news075.jpg ステージ3の秋野暢子、抗がん剤治療2クール目終了を報告 「ちょっと辛い時間もあった」
  10. /nl/articles/2208/12/news019.jpg 爪切りが苦手なでっかいワンコと飼い主の攻防戦 優しい拒否のしぐさが子どもみたいでかわいい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい