ニュース
2005/11/17 01:10 更新


「王様ゲーム」アプリを開発するモブキャストってどんな企業? (2/2)


前のページ | 1 2 |      

 モブキャストはほかにも、一発ネタで終わらないゲーム性の高いアプリも用意している。同社の新作ゲーム「スワロウテイル 闇の黄金伝説」は、「真・女神転生」で知られる岡田耕始氏が企画、監修した携帯向けRPG。1996年にヒットした岩井俊二監督の映画「スワロウテイル」の世界観をもとにしたゲームだ。

 同社は携帯ゲームのほかにも、携帯向け映像コンテンツの配信事業「min.Jam 〜1分間連続シネマ〜」を手がけている。この関連で映画業界との人的コネクションもあったため、スワロウテイルの携帯ゲーム化に成功した。「岡田氏にいくつかゲームの案を出したところ、スワロウテイルがいいという話になった。同氏が開発する初のオリジナル携帯ゲームだ」(藤崎氏)

Photo

 開発にあたっては、映画のどこかアンダーグラウンドな雰囲気を再現するように注意したと石井氏は話す。例えばゲーム内には「高価なお酒の空きビン」「偽のお酒」などが出てくるが、これらを「合成」すると「高級酒」が誕生するといった具合だ。

 もう1つ注意したのが「映画をそのまま再現しないこと」。映画をテーマにしたゲームというと、ついキャラクターやストーリーなどをそのままなぞった構成にしがちだが、それではだめなのだという。

 「たとえばヒーローが登場する映画のゲームでは、皆がヒーローとしてプレイしたくなる。しかしそれでは、引きは強くてもゲームとして面白くならない。そうではなく、映画の“世界観”だけを採用するのがいい」。携帯ゲームでは、映画のキャラクターは一切出てこない。ただし、ゲーム内でプレイヤーが捜し求める“大金”とは映画の登場人物が手にした大金を思わせる作りにしてあるという。

Photo

ほかにも、独特の感覚を持つゲームを手がけている。写真の「セクシ〜尻相撲」は、南の島を舞台に美女たちが尻をぶつけあって相手をはじきとばす“尻相撲”がテーマのゲーム。石井氏は「グラフィックはハイクオリティだ」と力強く話す

 モブキャストの携帯ゲーム全体に共通するのは、「携帯向けゲームを開発しよう」という姿勢だ。携帯アプリの中には、家庭用ゲーム機を携帯に移植したタイトルも多い。そして実際に、そうしたタイトルがユーザーの人気を集めがちだ(4月1日の記事参照)。しかしそうではなく、携帯ならではのクリエイティブな要素を含んだゲームを開発したい……というのが石井氏たちの思いだ。

 取材中、印象的なひとコマがあった。次々紹介される独特の味わいのゲームに、記者が思わず笑って「くだらないですねー」と口を滑らせてしまったのだ。このとき2人はすかさずこう返した。

 「ありがとうございます、それは我々にとって、ほめ言葉です」

(C) mobcast inc. 2005 All Rights Reserved.


前のページ | 1 2 |      

[杉浦正武,ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.