インタビュー
» 2005年11月25日 16時55分 公開

Xbox 360は全く新しいコンソール。だから砂漠でイベントを開いたXbox 360: Zero Hour

Xbox 360発売直前の11月20日〜21日に開かれた「Xbox 360: Zero Hour」。この会場で、Xbox デジタル エンターテインメント エグゼクティブ プロデューサーであるジェフ・ヘンショウ氏に話を聞くことができた。そこで、気になるあの“巨大なモノ”についても、質問をぶつけてみた。

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]
画像 Xbox デジタル エンターテインメント エグゼクティブ プロデューサーであるジェフ・ヘンショウ氏

――「Xbox 360: Zero Hour」はずいぶんと大規模なイベントになりましたね。

ジェフ これまで3年の間、「xbox 360」ローンチに向けて準備をしてきましたが、ようやく形になりました。非常にエキサイティングです。ここにいる人たちは、マイクロソフトのゲームやサードパーティにより作られた、Xbox 360のゲームを楽しむことができますし、わたしにとってはその反応を見られるいいチャンスですね。

 この祝日(注:感謝祭の休日)に、ハイデフィニションのゲームをリビングに届けることができました。Xbox 360のリリースに対して、我々はアグレッシブなスケジュールをワールドワイドで組みました。ここにいる人たちは、ローンチデイにXbox 360のゲームを楽しむことができますし、Xbox Liveで友達とオンラインで遊ぶこともできます。

――販売店の人たちの反応はどうですか?

ジェフ まだ発売前なので何とも言えませんが(笑)、販売店ではすでに販売する準備が整っていますし、発売するのまだかと待っている状態です。販売店の人たちもとてもエキサイティングな思いを抱いていることでしょう。我々にとってもそれは同じです。実際にこの祝日に、ハイデフィニションのゲームを届けることができるわけですから。

 我々は、“ハイデフ・レボリューション”とも言うべき変革を届けたいのです。販売店にしても、コンソールやハイデフゲームを売るだけではなく、ハイデフTVやサラウンド・サウンドを販売できるわけです。だからこそ、販売店も興奮しているでしょう。

――あえて砂漠で開いた理由を聞かせてください

ジェフ いくつかの理由があります。まず1つは広大なスペースが必要だったことですね。そして2つめに、Xbox 360というのは、これまでとは違った体験をユーザーに届けることができるコンソールです。Xbox 360では、いち早くハイデフのゲームを楽しめますし、ユーザーは常にネットワークへつながっていますし、個人向けのカスタマイズも可能です。すべてが新しいわけです。新しい体験も可能ですし、新しい提案も行っていますので、“新しい場所”が必要だったのです。Xbox 360とXboxは違うということを知らせる必要がありました。マイクロソフトがこれまで行ってきたこととも“なにか違う”と感じさせる必要もありした。だから、ロサンゼルスコンベンションセンター(注:E3が開かれるところ)でもなく、レドモンドでもなく、タイムズスクウェアでもなく、ここで開催したのです。

――ユーザーに人気のあるタイトルはどのあたりですか?

ジェフ ここでは多くのタイトルをプレイできます。Microsoft Game Studioの作品で言えば「パーフェクトダーク ゼロ」や「カメオ:エレメンツ オブ パワー」なども人気ですし、サードパーティで言えば、エレクトロニック・アーツのゲームや、アクティビジョンの「Call of Duty」も人気でしょう。

――ところで、Xbox 360のACアダプターはかなり大きいですね……。

ジェフ え? どこにACアダプターがありますか? ここからは見えませんよね(笑)。冗談はさておいて、置き場所を考えたときに、どこにでもおけるようにするためには、コンソールが小さい必要があります。それに加えて、Xbox 360はパワフルなコンソールです。CPUのコアは3つありますし、グラフィックスもよりパワフルになっています。このため、より多くのエネルギーが必要になってしまうわけです。そのため、ACアダプターはあのサイズになっていますが、数年後にはもっと小さくなるように努力をしています。

――Xbox 360はハイデフTVを普及する助けになるんでしょうか

ジェフ ユーザーはすでにハイデフ対応のTVを持っています。しかしいまはコンテンツがない状況です。Xbox 360は絶好のコンテンツになります。これまでのゲームは、ハイデフTVで見ると、ただ画像を引き延ばしただけのコンテンツでした。Xbox 360では、本当のハイデフィニションコンテンツが体験できるわけです。

画像 インタビューの最後に、置いてあったXbox 360へ自分のメモリーカードをさして、ゲーマースコアや友達が表示されるデモも行ってくれた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news086.jpg 「あんなに小さかった玲凪ちゃんが」藤田朋子、「渡鬼」娘の結婚にしみじみ “擬似母”として「見守らせて頂きます」
  2. /nl/articles/2112/06/news020.jpg 電車で喫煙、ホームは吸い殻だらけ…… 昔と今の文化レベルの違いに記憶が信じられなくなる漫画が分かり過ぎる
  3. /nl/articles/2112/06/news028.jpg 「心臓ぎゅーってなる」「見てる私まで幸せ」 兄猫に毛繕いしている途中で眠ってしまう妹の子猫がいとおしい
  4. /nl/articles/2112/06/news094.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野との大げんかが決着 ファン「師弟を越えた大人の友情」「マジで最高!」
  5. /nl/articles/2112/06/news105.jpg 里田まい、田中将大投手と久々の“ラブラブ2ショット” 顔くっつけあう2人に「ほんと素敵」「いいね、100回ぐらい押したい」
  6. /nl/articles/2112/05/news031.jpg 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  7. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  8. /nl/articles/2112/06/news131.jpg 6歳子役の「鬼滅」“堕姫ちゃん風”花魁姿に賛否 「大人っぽい」と絶賛する声の一方で「色を売る人の格好」
  9. /nl/articles/2108/24/news174.jpg 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  10. /nl/articles/2112/06/news116.jpg 保田圭、41歳バースデーに“イケメン料理研究家”夫&息子と家族写真 お祝いはすし屋で「贅沢すぎる時間でした」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」