インタビュー
» 2005年11月25日 16時55分 公開

Xbox 360は全く新しいコンソール。だから砂漠でイベントを開いたXbox 360: Zero Hour

Xbox 360発売直前の11月20日〜21日に開かれた「Xbox 360: Zero Hour」。この会場で、Xbox デジタル エンターテインメント エグゼクティブ プロデューサーであるジェフ・ヘンショウ氏に話を聞くことができた。そこで、気になるあの“巨大なモノ”についても、質問をぶつけてみた。

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]
画像 Xbox デジタル エンターテインメント エグゼクティブ プロデューサーであるジェフ・ヘンショウ氏

――「Xbox 360: Zero Hour」はずいぶんと大規模なイベントになりましたね。

ジェフ これまで3年の間、「xbox 360」ローンチに向けて準備をしてきましたが、ようやく形になりました。非常にエキサイティングです。ここにいる人たちは、マイクロソフトのゲームやサードパーティにより作られた、Xbox 360のゲームを楽しむことができますし、わたしにとってはその反応を見られるいいチャンスですね。

 この祝日(注:感謝祭の休日)に、ハイデフィニションのゲームをリビングに届けることができました。Xbox 360のリリースに対して、我々はアグレッシブなスケジュールをワールドワイドで組みました。ここにいる人たちは、ローンチデイにXbox 360のゲームを楽しむことができますし、Xbox Liveで友達とオンラインで遊ぶこともできます。

――販売店の人たちの反応はどうですか?

ジェフ まだ発売前なので何とも言えませんが(笑)、販売店ではすでに販売する準備が整っていますし、発売するのまだかと待っている状態です。販売店の人たちもとてもエキサイティングな思いを抱いていることでしょう。我々にとってもそれは同じです。実際にこの祝日に、ハイデフィニションのゲームを届けることができるわけですから。

 我々は、“ハイデフ・レボリューション”とも言うべき変革を届けたいのです。販売店にしても、コンソールやハイデフゲームを売るだけではなく、ハイデフTVやサラウンド・サウンドを販売できるわけです。だからこそ、販売店も興奮しているでしょう。

――あえて砂漠で開いた理由を聞かせてください

ジェフ いくつかの理由があります。まず1つは広大なスペースが必要だったことですね。そして2つめに、Xbox 360というのは、これまでとは違った体験をユーザーに届けることができるコンソールです。Xbox 360では、いち早くハイデフのゲームを楽しめますし、ユーザーは常にネットワークへつながっていますし、個人向けのカスタマイズも可能です。すべてが新しいわけです。新しい体験も可能ですし、新しい提案も行っていますので、“新しい場所”が必要だったのです。Xbox 360とXboxは違うということを知らせる必要がありました。マイクロソフトがこれまで行ってきたこととも“なにか違う”と感じさせる必要もありした。だから、ロサンゼルスコンベンションセンター(注:E3が開かれるところ)でもなく、レドモンドでもなく、タイムズスクウェアでもなく、ここで開催したのです。

――ユーザーに人気のあるタイトルはどのあたりですか?

ジェフ ここでは多くのタイトルをプレイできます。Microsoft Game Studioの作品で言えば「パーフェクトダーク ゼロ」や「カメオ:エレメンツ オブ パワー」なども人気ですし、サードパーティで言えば、エレクトロニック・アーツのゲームや、アクティビジョンの「Call of Duty」も人気でしょう。

――ところで、Xbox 360のACアダプターはかなり大きいですね……。

ジェフ え? どこにACアダプターがありますか? ここからは見えませんよね(笑)。冗談はさておいて、置き場所を考えたときに、どこにでもおけるようにするためには、コンソールが小さい必要があります。それに加えて、Xbox 360はパワフルなコンソールです。CPUのコアは3つありますし、グラフィックスもよりパワフルになっています。このため、より多くのエネルギーが必要になってしまうわけです。そのため、ACアダプターはあのサイズになっていますが、数年後にはもっと小さくなるように努力をしています。

――Xbox 360はハイデフTVを普及する助けになるんでしょうか

ジェフ ユーザーはすでにハイデフ対応のTVを持っています。しかしいまはコンテンツがない状況です。Xbox 360は絶好のコンテンツになります。これまでのゲームは、ハイデフTVで見ると、ただ画像を引き延ばしただけのコンテンツでした。Xbox 360では、本当のハイデフィニションコンテンツが体験できるわけです。

画像 インタビューの最後に、置いてあったXbox 360へ自分のメモリーカードをさして、ゲーマースコアや友達が表示されるデモも行ってくれた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」