ニュース
» 2005年12月01日 18時49分 公開

スクエニ「FFXII」、サントリーとコラボで「ポーション」発売――メインテーマに葉加瀬太郎氏を起用(2/2 ページ)

[加藤亘,ITmedia]
前のページへ 1|2       

サントリーとのコラボはありそうでなかった「ポーション」

 その後、サントリー常務取締役 食品事業部長 寺澤一彦氏が、今回のコラボについて挨拶。業界初となる画期的な試み、“ポーション”の開発に挑戦することに大きな意義があると発言。「FF」を愛するファンの期待にそえることはもちろんのこと、それ以外の方にもアピールできる商品となるようにと期待を述べると、同社食品事業部 副事業部長 齋藤和弘氏が商品の説明を行った。

 今回“ポーション”を作るきっかけは、サントリー内にも多分に漏れず存在するゲーマー――いわゆる若い世代だけではなく、1987年からのシリーズというだけあって幅広い世代から商品化の要望が上がったところからはじまる。敵に立ち向かう際、そして体力を回復させるために重要なアイテム“ポーション”は、我々の世界でも商品として実現できるのではないかと、企画をスクウェア・エニックスに持ち込んだという。

 齋藤氏が「20年近く歴史のあるゲームなだけに、おのおのが想像する“ポーション”のイメージを損なうようなことはしてはならないと、試行錯誤を繰り返した」と語るように、現段階に至るまで開発に時間を割いている。そのため、今回公開されたボトルはいまだ開発段階のもので、実際とは異なるらしい。

 気になる中身だが、もちろん誰もが「ポーション」を味わったことがないとはいえ、ありきたりのものではイメージを損ねると熟考。“飲んで、見て、力が沸くようなもの”という大前提のほかに、神秘的でなくてはならないと、聖なるハーブと言われる「ヒソップ」や、「メリッサ」など独自のハーブを組み合わせ、他にはない飲み物としている。また、デザインもレギュラータイプのほかに、3月16日の「FFXII」発売日前後にはスペシャルバージョンも発売される。まさに聖なる力が宿るかのようなその深いブルークリスタルと容器の形に、目を引くことは間違いない。このスペシャルバージョンは、「ファイナルファンタジーXII ポーション プレミアムボックス」として製品化され、アートミュージアムカードが封入される予定だ。価格は未定。

左、サントリー常務取締役 食品事業部長 寺澤一彦氏。中央が同社食品事業部 副事業部長 齋藤和弘氏。気分転換や体力回復をかねてぜひゲーム中に飲んでほしいとのこと
スペシャルバージョンの「ポーション」は、6種類ほど容器違いが存在するようだ。あくまでもサンプル版だが、会場には実物大も展示されていた。アートミュージアムカードは5枚組み

メインテーマに葉加瀬太郎氏を起用――荘厳な世界を奏でる

 「昨今の楽曲タイアップというものは、単なる話題作りでしかない」と苦言からはじめたスクウェア・エニックス コーポレート・エグゼクティブの田口浩司氏は、今回のメインテーマ曲に葉加瀬太郎氏を起用したことで、FFXIIの世界によりエモーショナルな感動を与えてくれると語る。

 「FFXII」のサウンドトラック全般を手がけるのは「ファイナルファンタジータクティクス」などでおなじみの崎元仁氏だが、メインテーマに関しては楽曲プロデューサーとして葉加瀬氏が参加。作曲・アレンジはもちろん、自身によるバイオリン演奏もフィーチャーされている。

 2年前に依頼されてから、ゆっくりイメージを固めることができたと葉加瀬氏は、現実の世界でもゲームの世界でも大事なキーワードとなる“希望”という言葉に力を託し、「交響詩『希望』」とタイトルをつけたと公表。開発当初から関われ、ゲームという普段接することがない世界の人々と1から話し合いながら作れたことは勉強になったと振り返る。

 2006年3月1日にはシングルとしても発売され、通常版(税込み1050円)のほかにゲーム映像と葉加瀬太郎氏のプロモーションビデオが収録されたDVDが付属するスペシャルパッケージ版(税込み1680円)もリリースされる。

がっちり田口氏と握手を交わす葉加瀬氏は、ロンドンまで出向き今回の収録に臨んだ。一番印象に残っているのはロイヤル・フィル オーケストラと仕事ができたことと、アビーロードスタジオの権威ある第1スタジオで収録できたことと思い出を語る葉加瀬氏は、ゲーム開発当初から関われたことに感謝していると述べた
左から田口氏、橋本氏、和田氏、葉加瀬氏、寺澤氏、齋藤氏とそれぞれ「ポーション」を手に並ぶ。葉加瀬氏は、入口に展示された「FFXII」でキーパーソンとなるジャッジマスターとも撮影
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2206/27/news056.jpg ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  2. /nl/articles/2206/26/news057.jpg 「これだけでそうとう電気代が下がるはず」 シャープ直伝“エアコンフィルターの掃除方法”がためになる
  3. /nl/articles/2206/27/news105.jpg 原日出子、夫・渡辺裕之さん急逝から2カ月弱の心境明かす 「7月に入ったら ボチボチお仕事も再開できるかな…」
  4. /nl/articles/2206/26/news010.jpg 大好きなおじいちゃんと留守番をするシェパード、良い子にしてたけど…… 飼い主帰宅ではしゃぐ姿に「やっぱりさみしかったんだね」
  5. /nl/articles/2206/27/news110.jpg UTA、11年前に撮影の父・本木雅弘&母&弟のエモい3ショットに反響 「両親最強」「カッコ良すぎる全てが」
  6. /nl/articles/2206/27/news055.jpg 帰宅したら自作のシャア専用ザクがバラバラに壊れていて絶望 「ガンダムにやられた?」と悲しみの声集まる
  7. /nl/articles/2206/26/news006.jpg 「ニコニコ動画ってサイトが次世代のYouTubeになるかも!」インターネット老人が見たツイートがショックすぎると話題に
  8. /nl/articles/2206/24/news038.jpg 元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉、SODstarデビューの理由 さらけ出した今だから言える「完璧じゃない自分」
  9. /nl/articles/2206/20/news164.jpg 渡辺磨裕美、急逝した父・渡辺裕之さんとの2ショット 英語で決意つづる「私は自信をもって前に進みます」
  10. /nl/articles/2206/27/news190.jpg 控えめに言って最高だ! 檜山沙耶キャスター、『SPY×FAMILY』ヨル・フォージャーのコスプレに挑戦

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」