連載
» 2005年12月02日 14時38分 公開

カミーユのMkIIが流石の強さ〜「Zガンダム」劇場版の余韻はモバイルでモバイルコンテンツ・プチレビュー(1/2 ページ)

「機動戦士Zガンダム」が劇場3部作で甦るなど、ガンダム熱が再び盛り上がりを見せている。携帯ゲームでも、ガンダムの世界を楽しんでみてはどうだろう!?

[大戸島さんじゅうご,ITmedia]

 時代の移り変わりに関わらず、高い人気を見せる「機動戦士ガンダム」。最近でも、Zガンダムの劇場版第1作「星を継ぐ者」のDVDが劇場版第2作「恋人たち」の公開に合わせて発売されるなど、劇場とDVDの両方で盛り上がりをみせている。限定版のガンプラが発売されるなどのトピックもあり、ガンダムファンにとって忙しい季節になっているのではないだろうか。

 携帯コンテンツにもガンダムシリーズを扱ったものが非常に多く、ここ数カ月で見てもさまざまなゲームが配信されている。個人的には、劇場やDVDで作品を見たあとなのでこれらのゲームが気になってしょうがない。そんな中で、今回プレイしてみたのは、「機動戦士Zガンダム 地球圏へ」だ。

 機動戦士Zガンダム 地球圏へは、オーソドックスなシミュレーションゲーム(SLG)。ターンごとにユニットを移動させながら、装備している武器を使って敵機を撃破していく。キャラやモビルスーツ(MS)に“成長”の要素はないが、攻撃行動を重ねていくと「SPゲージ」がたまり、MAXになるとダメージの大きい必殺技が放てるようになる。また、ストーリーはテレビシリーズを元にまとめられており、カミーユがガンダムMk-IIを奪う「黒いガンダム」から地球へ降下する「大気圏突入」までの全6ステージが楽しめる。

Photo (C)創通エージェンシー・サンライズ(C)BANDAI NETWORKS
コンテンツ名 「機動戦士Zガンダム 地球圏へ」
料金 月額315円
対応機種 FOMA 900、901iシリーズ、30kのQVGA端末(505、506、700、701iシリーズ)
アクセス FOMA:「メニューリスト」→「ゲーム」→「アクション」→「ガンダムType-A」 ムーバ:「メニューリスト」→「ゲーム」→「ゲーム1」→「アクション」→「ガンダムType-A」

簡単なシステムだからこそ戦術が重要になる!?

 携帯向けのゲームということで、システムもそんなに手の込んだものでなく、ちょっとした移動の合間や待ち時間などで気軽に遊べるシンプルな作りになっている。ユニットが選択するのは主に「攻撃」か「移動」のみ。とはいえ、ステージによっては敗北条件に厳しいものが提示されるので、シンプルなシステムだからといって侮ってはいけない。

 いかに、自分たちはダメージを受けずに敵MSを撃破していくかなど、限られた戦力の中で勝利するための戦術が必要になるのだ。例えば、MSの持つ射程距離なども重要なポイント。相手の間合いや自分の武器の間合い、それらを頭の中に入れて戦いを進めていくのが基本となりそうだ。

 そんな中、さすがというか、やはりカミーユのガンダムMk-IIやクワトロの百式は強くHPも高いので、そう簡単に撃破されることはない。だが、油断していると「クリティカルヒット」という思わぬダメージで泣くことも。力押しばかりでは通用しなくなる場面もあって、自分のユニットのやりくりに頭を悩ませることもしばしば。まあ、そうやって悩むことがなければ、この手のシミュレーションは退屈なものになっちゃうんだけどね。

Photo
次ページ:戦闘シーンはできるだけカットせずに楽しんでほしい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  5. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  6. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  9. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」