速報
» 2005年12月05日 13時39分 公開

秋葉原でエミル・クロニクル・オンライン正式サービス前の「最後のお願い」

[記事提供:RBB TODAY]
RBB Today

 12月4日、あいにくの雨と気温の中、秋葉原は「ゲーマーズ本店」店頭にてMMORPG「エミル・クロニクル・オンライン(ECO)」のオフラインイベントが行われた。同タイトルは12月9日に正式サービス開始を控えており、この日はガンホー・オンライン・エンターテイメント、ブロッコリー、ヘッドロック3社の代表が勢ぞろい。課金スタートを直前にしてユーザー様への“ご挨拶とお願い”に集まったというわけだ。雨脚が強くなる中でアンプの不調なども重なり、イベント開始時間は少々ずれ込んでのスタートとなった。

 “最後のお願い”トップバッターは、ガンホー森下一喜氏。「有料化スタートということで、これも皆さんのおかげです。これからのオンラインゲームは国産のタイトルが日本市場を変えていくと思っています。その第一弾としてECOでありたいです。皆さんお友達を10人ECOに誘ってください!その10人がまた別のお友達10人を誘って……。12月9日の正式サービス開始には、ぜひ課金してください!」

 二番手の“ECOの総帥”ことブロッコリー木谷会長からは「このたびECOが課金直前ということで、アピールしに来ました。今日はアンプが壊れてつながりませんが、このアンプとECOは関係ありません、ECOにシステム障害はありませんのでなにとぞご安心ください! 私はカードゲームに関しては6年半かかわっていますが、オンラインゲームは2年前から教わりつつ見てきました。MMOというのは作るのも運営するのも難しく、エンターテイメント業界で最も難易度が高いものです。神が作ったようなこのMMO『ECO』で感動して味わって、大勢の人に広めてください。お願いいたします」と熱いメッセージが贈られた。

 最後はヘッドロックの岡田社長から。「思えばちょうど2年前の今頃、ECOの企画を立ていまして、木谷会長に持ち込んだときは『興味ない』の一言で、門前払いを食らいました(笑)。その後の打ち合わせでは『もっと早くできないのかな?』といきなり期間を短縮されたりと茨の道ではありましたが、あと1週間程度で課金できる運びになりました。我々製作会社としては、1年分のアップデート計画はすでにできあがっています。例えば“家”システムは、できれば来年の前半に入れられたらと思ってます。しかしこれらのアップデートを少しでも早く実装するためには、やはり皆様が課金という形で応援していただけないとなかなか前倒しになりません。皆さんどうか来週の課金をよろしくお願いいたします」

 3社の代表が揃いも揃って課金を連呼する、今までにないタイプの正式サービス開始アナウンスに続いて登場したのは本日のスペシャルゲスト榎本温子さん。榎本さんは声優でありECOのユーザーでもあり、ユーザー代表を名乗っての登場であった。実際にLv37のシャーマンを育成している榎本さんは、ユーザー間でも大変有名なプレイヤーで、会話にもECO専用用語がバンバン入るヘビープレイヤーっぷりを見せ付けてくれた。

 榎本さんと一緒にECO宣伝担当の小島幸博氏が見せてくれたのは、新ビジュアルや公認ネットカフェでしかもらえない「ECOプレイチケット」などであった。

 イベント終了間際には、再度3社代表が登場。月額課金1,500円は高いと思われるかもしれないが、カードゲームにたとえるならばスターターキットにあたるクライアントは無料で配布していることになる。1か月1,500円のブースターを買うと思えば安いもの。無料で遊べるのもあとわずかだが、ぜひとも正式サービス後は課金してくださいと「最後のお願い」を熱っぽく繰り返していた。また、榎本さんからはパソコンのスペックが足りないならば秋葉で買って帰ってECOをプレイしてください!とヘビーユーザーらしい言葉が飛び出した。

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」