ニュース
» 2005年12月05日 18時47分 公開

ファイナルに向けて――「サクラ大戦 新春歌謡ショウ『跳んでる花組♪』」公開舞台稽古(1/2 ページ)

本日、2006年1月4日に開幕する毎年恒例の新春公演「サクラ大戦 新春歌謡ショウ『跳んでる花組♪』」の公開舞台稽古が行われた。今回は歌謡ショウ初の続編、神崎すみれが大喜利初参加と、初物づくしの内容となっている。

[遠藤学,ITmedia]
photo

 本日、2006年1月4日に開幕する恒例の新春公演「サクラ大戦 新春歌謡ショウ『跳んでる花組♪』」の公開舞台稽古が行われた。今回の1部は歌謡ショウとしては初、「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ『新・青い鳥』」の続きものとなっており、2部は神崎すみれが初参加の「大喜利」と正月らしく初物づくしの内容となっている。

 なぜ今回の歌謡ショウが続編になったかというと、作・総合プロデューサーの広井王子氏いわく「嘉島さん(根来幻夜齋役)が正月はあいていると言うので、それなら幻夜齋が復活したほうが面白いかも」と考えたのがきっかけだったという。

photo 作・総合プロデューサーの広井王子氏

 広井氏は「歌謡ショウも10年目を迎えることになりました」と切り出す。「この10年は“失われた10年”と言われていますが、その間に『サクラ大戦』は本当に良く頑張って、大輪の花を咲かせました。来年で歌謡ショウは終わりますが、それはひとつの役目を果たしたからだと思っています」と、2006年夏に行われるスーパー歌謡ショウが最後になるということを改めて説明。

 また、新春歌謡ショウについては、「(ファイナル公演へ向けての)大事な入り口が新春歌謡ショウ。もうずっと長いことやってきているので、台本を渡すだけでみんなが理解してくれて、“さぁやろう!”という感じになる。僕自身が笑いながら見ていたので、楽しい歌謡ショウになると思います」とコメントしてくれた。

 続いて、演出の茅野イサム氏は「(演出を担当するようになって)3回目の新春歌謡ショウです。これまで1部は軽いお芝居が中心でしたが、ファイナル、さらには夏の続編ということで、殺陣もたくさんある本格的なものとなっています」とその内容を語る。また、2部は「大喜利」となっているが、こちらの見どころとしては「すみれ(富沢さん)の初参加」を挙げてくれた。

photo 演出を担当する茅野イサム氏

 2人のコメントからは、ファイナル公演に向けて、出演者一同が気合いを入れてけいこに励んでいる様子をうかがうことができた。1部は続編とは言え「あれはあれで完結してます」(広井氏)とのことなので、「サクラ大戦 スーパー歌謡ショウ『新・青い鳥』」を見ていなければ楽しめないということはない。が、心の底から楽しみたいのであれば、DVDなどで内容を確認してから行くことをお勧めする。

photo 公開稽古では、1幕1話のアレンジバージョンを見ることができた
photo 陶山さん(大神一郎役)は、夏の公演で苦労した殺陣について、「大変だったということをすべて忘れて、いちから立ち向かうだけです」とコメントしていたが、広井氏が「進化していますよ。1回体に染みついたものは、なかなか抜けないものですから」と語っていたように、とてもこの1日で身につけたと思えない立ち回りを披露
photo 累央さん(川岡刑事役)が突然服を脱ぎ出すシーンも! とは言え、これは公開稽古ならではの(累央さんによる)演出。本番では脱ぐことはないので、安心(残念?)してもらいたい
photo 最後はおなじみの「ゲキテイ!」が披露され、公開稽古は終了となった
次ページは、メインキャストからひと言
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  5. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  6. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  9. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」