ニュース
» 2005年12月05日 19時54分 公開

パリでも認められた「FFVII アドベントチルドレン」――「Prix Zone05」を受賞

[ITmedia]

 遠き地、フランスのパリで開催されているアートイベント「Zone05」に、スクウェア・エニックスの映像作品「ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン」(以下、FFVII AC)が出展。芸術革命に寄与した作品に送られる「Prix Zone05」を受賞した。

photo すでに入手困難な限定版パッケージ。日本でも人気の「FFVII AC」だが、カタルーニャ国際映画祭での「メリア栄誉賞」受賞に続く快挙となった

 「Zone05」は、フランスにおいて日本の文化を紹介するイベントとして毎年開催されているもの。第6回となる今回は、日本作品に限らず国際的に、特に映像作品を中心に招へいし、将来的な映像コンテンツの発展性を紹介することを主眼に開催されたという。

 同イベントの主催者であるエリック・プレジスワ氏は、「『FFVII AC』は、アートとして非常に高いクオリティレベルを擁しつつ、さらに人々に非常に受け入れやすい作品でもあるという点で、アートをいろいろな人々に理解してもらいたいという『Zone05』のコンセプトと合致しました。今後の新しい芸術分野を切り開く芸術革命の1つであると認識しています。ヨーロッパでは一般的に、CGはアートを壊すと考えられがちですが、これまでゲーム関連のコンテンツを一度も流したことがないポンピドゥーセンターが、FFを上映したこと自体が、これらの認識が変わってきていることを示す顕著な現象だと思います。今回の賞の授与は、これまでに想像しえなかった新しい映像世界を切り開いてくれたこの作品に対する敬意の意味で贈らせてもらいました」とコメント。

photo “CGはアートを壊す”という概念を覆し受賞した「FFVII AC」。確かにこれだけのクオリティを見せられては、考え方を改めるのも無理はないだろう

 また、代表して登壇した「FFVII AC」シナリオライターの野島一成は、「賞をもらえるとは全然聞いていなかったので本当にうれしい。観客の反応がとにかく熱狂的で、最高でした。まるで自分がロックスターになったかのような錯覚に陥りました。日本だけでなく、ヨーロッパにおいても本作品に対する注目度が非常に高まっていることを実感しました。今後もみなさんの要望に応え、さらに進化した作品を世界に向けて送り出し、コンテンツ世界の可能性を広げていきたいと考えています」と語り、併せて行われた討論会では、映像作品およびビデオゲームにおけるシナリオコンセプトを語るとともに、ファンの質問に答えていたとのことだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  5. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  6. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  9. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」