レビュー
» 2005年12月06日 09時00分 公開

「だれでもアソビ大全」レビュー:ライトなゲーマーをNDS購入に踏み切らせる、ある意味キラータイトルか? (4/4)

[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

NDSで遊ぶということの本質に迫るダークホース

 このゲームに関しては「とにかくやってみて」としか言いようがない部分がある。例えば「ばばぬき」のルールを延々聞いたって「だから何だ」ということになるだろう。実際にやってみて初めて面白さが伝わる。ゲームが単純であればあるほどその傾向が強いのではないだろうか。そんなプリミティブな魅力を持った懐かしいゲームを気軽に楽しむことができるのが本作だ。

 そんな楽しいタイトルではあるが、筆者が改善してほしいと思った点もいくつかある。まずコンピュータとして登場するロボが味気ない。これくらい淡白でも確かにOKといえばOKだが、もう少しアソビの要素があってもよかったのではないだろうか。ロボ1、ロボ2という数字でもなくて、せめて名前だけでもあればよかったのに、とは思った。次回作があるならぜひ検討してほしい要素だ。

画像 淡白なロボたち。願わくば何かあるたびにリアクションもしていただけると……というのはわがままでしょうか

 さらには、1人用モードにもう1つくらい違ったアプローチのやり込みモードがあればよかった、と言えばぜいたくだろうか。スタンプラリーもチャレンジも面白いが、やり込まれてしまえばいずれ遊ばれなくなってしまうモードだ。永くチャレンジできる工夫がもう少し欲しかった気がする。

 あとはプレイ中のセーブができない点も不満といえば不満。ナポレオンなど5回戦まであって、長丁場なゲームだと途中でやめざるを得ない状況もあり得る。スリープで対処はできるが、途中までのプレイをセーブできれば、携帯ゲーム機のタイトルとしてよりポイントが高かったように思う。

 以上のような不満点もあるにはあるが、それを補って余りありまくる地味なのに強烈なインパクトを本作は内包している。NDSというゲーム機の軽快さがベストな形で出ているタイトルだと言ってもよいだろう。そして本作の持つライトゲーマーへの訴求力の強さが確実に広がっていけば、NDS本体の売り上げにも影響を及ぼすのではないかと筆者は真剣に考えている。

 事実、発売数日後の量販店では本作は一時的な品切れを起こしていた。こんなに地味なタイトルが、と言ってしまえば失礼かもしれないが、品切れを起こしたということは、本作を買った人が相当数いたわけで、そこからさらに、一緒に遊んだ人に魅力が伝わって……という流れを想像すると、ひょっとしたら地味ぃなキラータイトルとして地味ぃに売れていくのでないかという展開を夢想してしまう。

 そして筆者が今夢想するのは、ニンテンドーWiFiコネクションを利用して、日本中のみんなとオセロやばばぬきができる次回作のことだ。あくまでも筆者の夢想でしかないが、もしかしたら実現するかもしれない。可能性は0ではないだろう。期待して待つことにしよう。

画像
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた