あなたもいっしょに「ゲームやろうぜ!」「ゲームやろうぜ!2006」で一獲千金を目指すための支援企画(1/3 ページ)

ソニー・コンピュータエンタテインメントが開催中のゲームクリエイターオーディション「ゲームやろうぜ!2006」。過去1995年から1999年の間にも6回開催され、その第3回合格者であり、「どこでもいっしょ」の開発者として知られている南治一徳氏と、SCEJシニアバイスプレジデントの桐田富和氏に、ゲームやろうぜ合格までの道のりや、今回の復活に至る経緯について話を聞いた。

» 2005年12月08日 18時51分 公開
[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントが6年ぶりに開催するクリエイター発掘プログラム「ゲームやろうぜ!2006」。過去に開催されたこの企画の合格者であり、その後「どこでもいっしょ」というヒット作を生み出したのがビサイドの南治一徳氏だ。その合格までの道のりと、今回のゲームやろうぜ!2006の概要について、南治氏とソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン シニアバイスプレジデントである桐田富和氏に話を聞いた。


――「ゲームやろうぜ!」に応募しようと思ったきっかけを教えていただけますか。

南治一徳氏(以下、敬称略) シフトの方が第1回で応募して合格し、活動されていたんですが、TV番組でその特集をやっていて、それを見て「ああ、こういう企画があるんだ」と思って応募しました。わたしが合格したのは第3回ですね。そのときにはほかのゲーム会社に勤めていたのですが、仕事の区切りがついたところで、ちょうどいいタイミングだったんですね。

画像 ビサイド 南治一徳氏

――そのとき応募されたのは「どこでもいっしょ」のコンセプトだったのですか?

南治 いえ、全然違います。「どこでもいっしょ」は企画を出してボツりつつ、合格から1年後くらいに何とか企画が通って始めたものなんですよ。

――ということは、合格したときの企画はゲームにならなかったのですか?

南治 えーと、わたしの場合、企画では通ってないんですよ。企画っぽいものは提出したんですが、「ほんとにこれやりたい?」といわれて、「いやあまりこだわりはないです(笑)」とお伝えしたところ、じゃあまあ、合格してから何か考えようかと言うことになりまして。わたしはチームでの応募だったので、できるだけ良さそうな人を集めてチームを作り、その人たちで「がんばりたいんでよろしくお願いしまーす」みたいな、いま思うと相当無鉄砲なやりかたでした(笑)。企画はとりあえずおいといて、みたいな感じでしたね。当時はいい時代でした……。いや、よかったです。ありがとうございました(笑)

――どのあたりが採用の決めてだったのでしょう?

桐田富和氏(以下、敬称略) “猫耳”の企画を見たときかな。

南治 とりあえず2個くらい持って行ったんですよね。

桐田 その企画をやりたいって言われたらどうしようかと思ったけど(笑)

――猫耳って……どんな企画だったんですか?

南治 ふつうのアクションゲームだったんですよ。キャラの女の子が猫耳だったという……。あともう一つはレースゲームを考えていました。

画像 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン シニアバイスプレジデント 桐田富和氏

――そこから「どこでもいっしょ」が生まれるまではどういう経緯をたどったんでしょうか。

南治 いろいろ考えてはいたんですけど、いいアイディアが浮かばなくて。「どこでもいっしょ」の時は、ちょうどSCEから「ポケットステーション」が発売される、という話があって、これを使った企画もありだよ、と桐田さんがおっしゃったので、それをメインに考えたのが原型だったんですね。久しぶりにそのときの企画書を見たんですけど、ほとんどゲームの内容に触れていないものでしたが……。あの企画でよく通ったなと思います。そのあと、プレゼンを何度か経て、ゲーム化に至ったわけです。

画像

――プレゼンを通すのって大変でしたか?

桐田 それほど大変ではなかったと思いますよ。当時はSCEとしてもソフトの資産がなかったこともあって、ゼロからすべてを立ち上げなければいけませんでしたし。加えて、過去のゲームの延長線上にあるようなゲームを欲しいとも思っていなかったので、企画自体が斬新で、おもしろい“かも”しれないという、(売れるか売れないか)フィフティーフィフティーの企画であればゲーム化していたんですね。

 シリーズものであれば、8割か9割はゲーム化して問題ない、と考えられるわけですが、シリーズものを制作するだけの資産もありませんでしたし、ほかの会社が作っているようなゲームをシリーズ化しても意味がありません。斬新であり、おもしろそうであれば、まずは1回作ってみようというノリだったですね。

――ということは、これまでの「ゲームやろうぜ!」合格者の方々も、応募された作品がそのままゲームになるということはなかったわけですね。

桐田 応募作品がそのまま、というケースはないですね。作品もさることながら、基本的に応募された人なり、チームなりに対して“何か才能があるかもしれない”と、我々が感じてからがスタートですね。それに、わたしがすべてディレクションするわけではありませんので、それぞれのスタッフが“何か”を感じて、この人と仕事をしてみたいと思うか思わないか、ということが一番重要でしょうね。

 はじめは応募された企画をゲーム化しよう、という意図もあったのですが、スタートしてみて、それはちょっと違うかなと思いました。応募されてくる人たちと出会って、そこから新しく生まれてくるものに賭けてみようかと。

 今回は幅広く、いろいろな方面から応募してほしいと思っています。表現の可能性という観点からも、いわゆる“ゲーム”という形態である必要はないかもしれません。斬新なものであれば、応募していただいた作品自体を、いきなり製品化するという可能性もあります。

 お互いに、賭だと思いますよ(笑)。南治さんだって、本当にSCEが最後まで面倒を見てくれるか分からなかったでしょ(爆笑)。

南治 いや、その、一応は“しばらくは大丈夫”といわれていましたけど(爆笑)。

――とはいっても、開発中はSCEからのサポートがあったわけですよね。

南治 それはもうばっちりと援助していただきました(笑)。合格してから事務所がなかなか決まらなかったんですが、3、4カ月後にようやく決まりまして。そこで開発をしていました。応募したときは8人だったんですが、応募したあとに“必要だったら増やしてもいい”と言われていましたので、どこでもいっしょの時は、最終的には12人くらいで作っていましたね。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評