インタビュー
» 2005年12月08日 18時51分 公開

あなたもいっしょに「ゲームやろうぜ!」「ゲームやろうぜ!2006」で一獲千金を目指すための支援企画(1/3 ページ)

ソニー・コンピュータエンタテインメントが開催中のゲームクリエイターオーディション「ゲームやろうぜ!2006」。過去1995年から1999年の間にも6回開催され、その第3回合格者であり、「どこでもいっしょ」の開発者として知られている南治一徳氏と、SCEJシニアバイスプレジデントの桐田富和氏に、ゲームやろうぜ合格までの道のりや、今回の復活に至る経緯について話を聞いた。

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントが6年ぶりに開催するクリエイター発掘プログラム「ゲームやろうぜ!2006」。過去に開催されたこの企画の合格者であり、その後「どこでもいっしょ」というヒット作を生み出したのがビサイドの南治一徳氏だ。その合格までの道のりと、今回のゲームやろうぜ!2006の概要について、南治氏とソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン シニアバイスプレジデントである桐田富和氏に話を聞いた。


――「ゲームやろうぜ!」に応募しようと思ったきっかけを教えていただけますか。

南治一徳氏(以下、敬称略) シフトの方が第1回で応募して合格し、活動されていたんですが、TV番組でその特集をやっていて、それを見て「ああ、こういう企画があるんだ」と思って応募しました。わたしが合格したのは第3回ですね。そのときにはほかのゲーム会社に勤めていたのですが、仕事の区切りがついたところで、ちょうどいいタイミングだったんですね。

画像 ビサイド 南治一徳氏

――そのとき応募されたのは「どこでもいっしょ」のコンセプトだったのですか?

南治 いえ、全然違います。「どこでもいっしょ」は企画を出してボツりつつ、合格から1年後くらいに何とか企画が通って始めたものなんですよ。

――ということは、合格したときの企画はゲームにならなかったのですか?

南治 えーと、わたしの場合、企画では通ってないんですよ。企画っぽいものは提出したんですが、「ほんとにこれやりたい?」といわれて、「いやあまりこだわりはないです(笑)」とお伝えしたところ、じゃあまあ、合格してから何か考えようかと言うことになりまして。わたしはチームでの応募だったので、できるだけ良さそうな人を集めてチームを作り、その人たちで「がんばりたいんでよろしくお願いしまーす」みたいな、いま思うと相当無鉄砲なやりかたでした(笑)。企画はとりあえずおいといて、みたいな感じでしたね。当時はいい時代でした……。いや、よかったです。ありがとうございました(笑)

――どのあたりが採用の決めてだったのでしょう?

桐田富和氏(以下、敬称略) “猫耳”の企画を見たときかな。

南治 とりあえず2個くらい持って行ったんですよね。

桐田 その企画をやりたいって言われたらどうしようかと思ったけど(笑)

――猫耳って……どんな企画だったんですか?

南治 ふつうのアクションゲームだったんですよ。キャラの女の子が猫耳だったという……。あともう一つはレースゲームを考えていました。

画像 ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン シニアバイスプレジデント 桐田富和氏

――そこから「どこでもいっしょ」が生まれるまではどういう経緯をたどったんでしょうか。

南治 いろいろ考えてはいたんですけど、いいアイディアが浮かばなくて。「どこでもいっしょ」の時は、ちょうどSCEから「ポケットステーション」が発売される、という話があって、これを使った企画もありだよ、と桐田さんがおっしゃったので、それをメインに考えたのが原型だったんですね。久しぶりにそのときの企画書を見たんですけど、ほとんどゲームの内容に触れていないものでしたが……。あの企画でよく通ったなと思います。そのあと、プレゼンを何度か経て、ゲーム化に至ったわけです。

画像

――プレゼンを通すのって大変でしたか?

桐田 それほど大変ではなかったと思いますよ。当時はSCEとしてもソフトの資産がなかったこともあって、ゼロからすべてを立ち上げなければいけませんでしたし。加えて、過去のゲームの延長線上にあるようなゲームを欲しいとも思っていなかったので、企画自体が斬新で、おもしろい“かも”しれないという、(売れるか売れないか)フィフティーフィフティーの企画であればゲーム化していたんですね。

 シリーズものであれば、8割か9割はゲーム化して問題ない、と考えられるわけですが、シリーズものを制作するだけの資産もありませんでしたし、ほかの会社が作っているようなゲームをシリーズ化しても意味がありません。斬新であり、おもしろそうであれば、まずは1回作ってみようというノリだったですね。

――ということは、これまでの「ゲームやろうぜ!」合格者の方々も、応募された作品がそのままゲームになるということはなかったわけですね。

桐田 応募作品がそのまま、というケースはないですね。作品もさることながら、基本的に応募された人なり、チームなりに対して“何か才能があるかもしれない”と、我々が感じてからがスタートですね。それに、わたしがすべてディレクションするわけではありませんので、それぞれのスタッフが“何か”を感じて、この人と仕事をしてみたいと思うか思わないか、ということが一番重要でしょうね。

 はじめは応募された企画をゲーム化しよう、という意図もあったのですが、スタートしてみて、それはちょっと違うかなと思いました。応募されてくる人たちと出会って、そこから新しく生まれてくるものに賭けてみようかと。

 今回は幅広く、いろいろな方面から応募してほしいと思っています。表現の可能性という観点からも、いわゆる“ゲーム”という形態である必要はないかもしれません。斬新なものであれば、応募していただいた作品自体を、いきなり製品化するという可能性もあります。

 お互いに、賭だと思いますよ(笑)。南治さんだって、本当にSCEが最後まで面倒を見てくれるか分からなかったでしょ(爆笑)。

南治 いや、その、一応は“しばらくは大丈夫”といわれていましたけど(爆笑)。

――とはいっても、開発中はSCEからのサポートがあったわけですよね。

南治 それはもうばっちりと援助していただきました(笑)。合格してから事務所がなかなか決まらなかったんですが、3、4カ月後にようやく決まりまして。そこで開発をしていました。応募したときは8人だったんですが、応募したあとに“必要だったら増やしてもいい”と言われていましたので、どこでもいっしょの時は、最終的には12人くらいで作っていましたね。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい