ニュース
» 2005年12月13日 23時07分 公開

「バイトヘル2000」発売記念で等価交換を学ぶ――「ジゴク・サカバ」でバイトしました(1/2 ページ)

12月22日に発売されるPSP用ソフト「バイトヘル2000」を記念して、ソニー・コンピュータエンタテインメントはゲーム中にも登場する「ジゴク・サカバ」を、渋谷に本日限定オープンした。ここのルールはただひとつ。飲食代は自らバイトして稼ぐこと!

[加藤亘,ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、PSP用ソフト「バイトヘル2000」が12月22日に発売されることを記念して、渋谷に本日限りのゲームラウンジ「ジゴク・サカバ」を開店した。

 「バイトヘル2000」は、あの「グルーブ地獄V」を世に送り出したピエール瀧氏がゲームディレクターを務める、思わず脱力してしまうミニゲームやツールが集約させたもの。「グルーブ地獄V」で収録されていた続編ゲームも多数存在。日々の生活に潤いを与え、スキマを埋めてくれるバイト(ミニゲーム)と「ドウグ」(ツール)が登場する。バイト代は「ガチャガチャ・センター」で新たなバイトやドウグをゲットすることができる。また、ワイヤレスLAN機能を活用すれば、ユーザー同士でアイテムの交換ができたり、2人〜8人までの対戦&協力バイトが可能だ。さらにバイトを下請けという形で他のユーザーへ与え、稼いだバイト代を徴収することもできる。

 「ジゴク・サカバ」はゲーム中に登場する怪しいバーをモチーフに、渋谷のDJ&VJ BAR ON@OFF(オノフ)を借り切ってセッティングされていた。ここ「ジゴク・サカバ」のルールはただひとつ。「バイトヘル2000」内のバイトをひたすらやりこみ稼がないと飲食できないというもの。

 「バイトアッセンジョ」で4つの中から選択したバイトを、なるべく選りすぐりせずにプレイ。稼いだ分だけチップがスタッフからもらえ、それぞれ「10円」「100円」「500円」と分けられている。さらに「1000円」というミニ紙幣まで用意されており、高額を狙う者だけが両替できるようになっていた。PSPは持参せずとも店内に備え付けが用意されており、筆者もさっそくバイトに勤しんでみる。このままでは、お茶ひとつ飲めない。

「バイトアッセンジョ」では、3種類の「オニ」がバイトを管理している。4種類のバイトがランダムに表示されるが、気に入らなければ一度画面を戻し、再び「バイトアッセンジョ」に入り直すとバイト内容が変化する。肝心のバイトは、中身もさることながら、見た目からして脱力系。しかしその実、病みつきになること請け合い。中央がバイト「受粉」。まるでどんなゲームかわからないと思うが、ただただ受粉させるために奔走するゲーム。右がドウグの「大臣」。王様ゲームの際に大活躍するお役立ちツールである

 バイトは全部で40種類の中から「バイトアッセンジョ」にて、ランダムに4種類提示される。まずは目に付いた「リフティング地獄」を選んでみたが……。うっかりたったの14円。不甲斐なさすぎると今度は「ひよこ鑑定」でリベンジ。470円を稼ぎ出し、さっきの14円(繰り上がりで20円)を足して490円をゲットした。

どう見ても“あの人”にしか見えないキャラを左右に動かし、ボールが落ちないようにリフティングし続けるゲームが「リフティング地獄」。球は3つあるのだが、タイミングを間違えると筆者のようにあっさり決算となってしまう……。また「ひよこ鑑定」はひたすらヒヨコをオスかメスか、はたまた死んでいるのかを選別し続けるだけの単純作業。しかし、単純作業ゆえ、いつしか意識は朦朧となってしまう。途中でこれは長期戦になるなとケリをつけ決算へ。このように長時間要するものは途中で切り上げることもできる
490円がこの食事に化けた……。なるほど世の中は等価交換というわけである。こちらはバイトする。稼いだらお金をくれる。そのお金でご飯が食べられる。それにしてもワリがよすぎる。お肉にイモ、サラダにコーラを飲んでもおつりが出た。こりゃ余裕かな? と思ったら……
店内は10円と交換できるもの、100円で交換できるもの、500円で交換できるものと分けられており、さらに高額を狙う参加者のために2万1000円で交換できる、松坂牛肉と松葉ガニが用意されている。先は長い……
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」