レビュー
» 2005年12月14日 09時00分 公開

任天堂が僕たちにくれた、せまくて広い最高の遊び場「おいでよ どうぶつの森」レビュー(2/5 ページ)

[仗桐安,ITmedia]

何ができるのか、と問われれば、何でもできる、と答えます

 そんなわけで「借金を返して家を大きくする」という大義名分はあるものの、やはり「何をやってもよい」という自由度の高さは変わらない。ここでは村でできるいろんなことのほんの一部をご紹介しよう。

●釣り

画像 たぬきちの店で釣り竿を入手すれば、川や海で釣りを楽しむことができる。魚影を見つけたら餌をたらしてひたすら待つのみ。音とビジュアルでさかなが食らいついた瞬間を見極めよう。釣ったさかなは博物館に寄贈するもよし、家に飾るもよし、たぬきちに売りつけるもよし。レアなさかなを釣ったときのうれしさは相当なものだ

●手紙を書く

画像 村の住人たちに手紙を書いて送ることができる。適当なことを書いてもOKだが、相手のキャラを考えて書けば楽しさも増すはず。相手からの返事にはプレゼントがついていることもあるので要チェック。おでかけで他の村とを行き来したときに、どうぶつたちが自分があげた手紙を、ほかのプレーヤーに見せてしまうことがあるので、あまり変なことは書かないようにしたほうがいいだろう

●ショッピング

画像 たぬきちの店(物が売れれば売れるほど店舗が大きくなっていく)と、エイブルシスターズでショッピングを楽しむことができる。前作までは服や傘もすべてたぬきちの店で売っていたが、本作ではエイブルシスターズがファッション関係を担当。どちらも毎日日替わりで品揃えが変わるので、できるだけ毎日通うべし。物を売るときのサブメニュー画面ではタッチペンでアイテムを移動させると楽に操作できる。ちなみにエイブルシスターズ姉妹との会話は相変わらず秀逸。通うたびに少しずつ心を開くあさみは、だんだんと姉妹の過去のエピソードを話すようになる。これがまたいちいちいい話だったりするので、あさみにはどんどん話しかけよう

●博物館

画像 釣った魚や獲った虫は博物館に寄贈できる。前作まではわざわざファーウェイ博物館に手紙を送らなければ化石の鑑定ができなかったが、本作では通信教育を受けたフータが直に鑑定できるようになったのでかなり楽ちん。自分が収集したアイテムの数々をながめるのは何ともいえない楽しさがある。さらに本作では地下の喫茶店で無骨なマスターがつくる珈琲を飲めたり、2階の天文台でオリジナル星座を作れたりと、多彩な要素がある。

●村メロ

画像 ことあるごとに流れる「村メロ」は本作でも編集できる。実際にお聞かせできないのが残念だが、筆者の村の音符を公開しよう。この音符通りに奏でると、某妖怪アニメのテーマソングが聞こえてくるはずだ

●くだもの

画像 村になる果実は、スコップで掘った穴に埋めることで新しい苗になる。4日も経てば立派な実を3つ実らせる。この3つの実をさらに埋めていけば……ということで増やそうと思えばかなり増やすことができるのだ。ちなみに筆者の村はオレンジがなっていたのだが、ほかの方からもらったさくらんぼを大量に栽培してみた。自分の村以外からきた果実は1つ500ベルで売れるのでうまくいけば効率よくお金を稼ぐことができる。さくらんぼさまさまである

●ヘアメイク

画像 本作での新要素。たぬきちの店がデパートになると追加される。カットリーヌさんというヘアメイクアーティストの質問に答えると、カットリーヌさんの勝手な解釈で「こんなイメージでしょ?」と髪型を変えられてしまう。どんな髪形になるかは指定できないのでドキドキものだ。たまに行って髪を切るといい気分転換になるので、ぜひとも試してもらいたい

 そのほかにも貯金、ガーデニング、住人との世間話、貝殻拾い、村の掃除(雑草抜き)、落とし穴作り、などできることは多種多様。加えて曜日限定とか日付限定のイベントも盛り沢山なうえに、季節ごとに村の表情は確実に変わっていく。毎日少しずつでも村に入れば、そのリアルタイムな息吹を感じることができるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい