レビュー
» 2005年12月14日 09時00分 公開

「おいでよ どうぶつの森」レビュー:任天堂が僕たちにくれた、せまくて広い最高の遊び場 (3/5)

[仗桐安,ITmedia]

うちの村をご紹介します

 筆者の村はたーとる村。主人公はきりあん(♂)とコタ(♂)とゆうか(♀)だ。現時点での我が家とたーとる村の住人をご紹介しよう。

画像 たーとる村全景。村によってマップも違えば住人も違う。それがこのシリーズの面白いところだ。
画像 ようやくここまで拡張できた(左から2階、1階、1階左の部屋)。この時点で次の借金が70万ベル以上! 次の拡張はいつになることやら……。おそらくその先もまだまだあるだろうし、当分は遊べそうである。2階の部屋は完全にプライベート遊び空間。1階メインは応接用な感じ(テレビはちゃんとオンオフできる)と、あとキッチン的なものにこだわってみた。1階の隣室には何故かリングが……。きりあんくんはここでスパーリングでもしているのだろうか。謎の部屋である

オーロラ

画像 癒し系ペンギンさん。白い家具を集めるのにはまっているのだとか。最近はきりあんくんが話しかけるとうれしそうで「今日もきりあんさんとお話できちゃいました」とふわふわしたりする。このように仲良くなってくると恋愛(?)的なニュアンスを醸し出すキャラもいる。主人公にベクトルが来ている場合は「つきあう」という選択肢は特にないが、これが住人同士だとそうでもないようで、明らかにあいつとあいつが付き合っている! という現場に出くわすこともある。また「○○ちゃんと△△くんって付き合ってるみたい〜」という世間話もちらほら。おませなどうぶつさんたちである

ボン

画像 やたらと虫とりごっこをしようと言ってくる虫マニア。虫取りごっこを断るとしょんぼりしてしまうが、再度話しかけるとめげずに虫とりを誘ってくる頑固な男である

ジョン

画像 化石マニアの犬。化石の話をするたびにうっとりした表情になる。常にスコップを持ってうろうろしている

 村の住人は常に一定ではなく、他の村から引っ越してくる者もいればどこかへ引っ越してしまう者もいる。仲良くしていた住人が別の村に行ってしまうのは寂しいものだ。その際は必ず手紙をくれるので、大事に保管しておこう。住人キャラクターは前作までにもいたお馴染みキャラもいるし、全くの新キャラもいるようだった。全部で何人いるのか見当もつかないが、相当数いて村ごとに全く違う構成になっているものと思われる。その多様性が本作の面白さのひとつでもあると言えよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.